The World Wide Web Site, Hyogo Prefectural KOBE High School

兵庫県立神戸高等学校

校長挨拶

県立神戸高等学校 校長  世良田 重人  


 兵庫県立神戸高等学校ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 県立神戸高等学校は、本年、創立125年目を迎えました。本校から羽ばたいた約4万6千名の卒業生は、各界各層、国内外のあらゆる分野で活躍されています。
 学校規模は、各学年普通科8クラス、総合理学科1クラスで、全校生徒は1千名を超えます。生徒たちは、素晴らしい環境の中で、勉学に、部活動に、学校行事に、自治会活動に、どんなことにでも全力で取り組んでいます。
 勉学面では、平成16年度より文部科学省から指定を受けているSSH(スーパーサイエンスハイスクール)で、一昨年度には科学技術人材育成重点枠にも採択され、兵庫県における高校理数教育推進の中核的役割を果たしています。
 部活動では、文化部・運動部等を合わせると44の部があり、ほとんどの生徒が何らかの部に属して熱心に活動しています。
 学校行事は、六甲山宿泊登山、創立記念祭、体育大会、音楽会等と大変充実しています。自治会活動においては、アセンブリー(生徒自治会主催の集会)等、生徒の自主的・主体的な取組が伝統になっています。神戸高校は、学校生活の中で、誰もが一度は輝けるいろんな舞台が用意されている学校です。
 昨年度はコロナウイルス感染拡大の影響により、多くの行事が中止まはた縮小となりました。新年度、まだまだ制約の多い中ではありますが、神高らしい行事を実施する等し、神高生が経験するべき様々な教育活動の再開充実を図っていきたいと考えています。

 ところで、本校では昔から、生徒たちのことを「鵬雛(ほうすう)」と呼んでいます。すなわち、鵬(おおとり)の雛(ひな)です。中国の伝説上の生き物である、とてつもなく巨大な鵬が、遙か彼方まで大空を舞うように、限りない可能性を持った生徒たちが、本校での学びを通して大きく成長し、生涯の友を得、志を高く持って大空へ飛び立つ準備をしていく学校が神戸高校です。

 卓越した伝統を引き継いでいくとともに、先行きの見えない時代にあって未来への道を切り拓く力を持った生徒の育成を目指して、教職員一丸となって取り組んで参ります。

 どうぞ神戸高校に一層ご期待ください。

 

兵庫県立神戸高等学校長  世良田 重人  

 

 


 

 

All Rights Reserved, Copyright © 1997- Hyogo Prefectural KOBE High School