地域とのものづくり連携

HOME > ものづくり > 地域とのものづくり連携

 地域の方とものづくりを行い、交友関係を築くとともに地域に貢献していきます。

地域との交流

生徒製作の光の灯篭が好古園で展示されました!

 9月22日(水)、1年生の美術選択者を中心に、有志の生徒たちで製作した光の灯篭が、「好古園」で展示されました。灯篭にはそれぞれ工夫がされており、鉄や和紙、セロハンや竹などの様々な素材を使って製作しました。


演劇部: 地蔵盆祭りと保育園で児童演劇を披露しました!

 夏休み中の1日目は英賀保地区の地蔵盆のお祭りの中での児童劇、そして2日目は広峰保育園でお芝居をしました。それぞれの場所での児童の年齢は違いましたが、お芝居あり、お楽しみ会ありの内容で、演劇部・児童みんなで充実した時間を一緒に過ごすことが出来ました。


美術部:野里商店街 町家で作品展を実施しました

 展示場所にご協力いただいた野里町家の大野邸、そしてインド布のお店「やすみん」さんにご協力いただいて美術部の展示させていただくことが出来ました。テーマは自由、一人ひとりが自分の考えたイメージに沿って、制作しています。油絵や水彩画などの平面作品、ミニチュアや人形などの立体作品があります。


東光園七夕まつり

 今年は音楽部が「東光園七夕まつり」に出演しました。 「鉄腕アトム」「未来の地」「SING SING SING」「世界に一つだけの花」が夕闇の中の会場に流れ、お祭りのトリを飾りました。


美術部:安室児童センター

 7月の夏休み最初の日には、電気科・機械科・デザイン科の生徒が安室児童センターで、子供たちと楽しく過ごしました。それぞれの科が用意した出し物で様々な体験をしてもらおうと工夫をこらし、児童センターの子供たちに喜んでもらっています。


溶接科:ふれあいバザー

 10月22日(日)に城北小学校で開催された、広嶺校区地域夢プラン推進事業「ふれあいバザー」に、ポン菓子(溶接技術部)と綿菓子(機械科課題研究)で実演参加しました。地域の方々に「なつかしいなあ」と言っていただき、大変好評でした。生徒も、「地域とのふれあい」を通して色々なことを学びました。


デザイン科:「心の在り方や命のつながり」を考える

 主催、兵庫県立姫路工業高等学校、共催、兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会で、姫路工業高校で作成したCG映像の受賞作品を一挙公開します。

 兵庫県立姫路工業高等学校デザイン科では、「心の在り方や命のつながり」ということをテーマにCG映像の作品制作に取り組んできました。
作品は、様々なコンクールで高い評価をいただき、上映依頼や、教育活動の教材としても使われるという成果を得ました。今回、兵庫県立美術館より上映の機会を頂き、より深く「心」「命」について考えようと、CG映像作品に加え、講話と音楽演奏の3本立ての企画とし催すものです。


工業化学科:中学校と交流授業!

 工業化学科の1年生と、広嶺中学校2年生の生徒が、中高連携授業を行いました。「植物指示薬を使って水溶液の性質を調べよう」ということで、日ごろ身近にある物がどのような性質をしているかを勉強しました。天然の色素を使っていろんな水溶液を調べようと中学生のそばでサポートする姫工生のお兄さんとお姉さんたち。やさしく声をかけてあげたりして、実験の教室は楽しい空気が流れていました。中学校では使ったことのない実験器具なども見ることができました。広嶺中学校のみなさん、どうもありがとうございました!


電気科:小学校と交流授業!

 2年生電気科の生徒が、城北小学校の6年生1組と2組の生徒さんたちと交流授業を2日間行いました。小学校の理科の授業で、電気の勉強をしているということで、姫工電気科での実習授業を通して一緒に勉強しました。また、体験授業だけでなく電気科にある様々な設備の見学と、電気科の生徒たちが製作した作品などを体験する時間もありました。この小高連携授業は本年度で7年目となります。最初はお互い緊張した様子でしたが、一緒に製作している間に会話が増え、帰るころにはすっかり仲良くなれました。城北小学校のみなさん、ありがとうござました。電気科で一緒に出来た楽しさを、理科の授業で思い出してくださいね!


美術部:第35回全国凧あげ大会に参加!

 第35回全国凧あげ祭り、凧あげ大会に参加しました。凧の原画は城北和凧クラブの方々で作成され、それを下に姫路工業高校美術部の生徒で描きました。凧あげ大会当日は、美術部の生徒が応援する中、ラグビー部の生徒により、県営姫路公園競馬場の大空に大きな凧が舞いあがりました。 
美術部の作成の際には、城北公民館に努められてる地域の方々から「寒い中御苦労さん」と励まされ、食事もいただき、やさしい心に支えられて凧は大空へと舞い上がることができました。 姫路工業高校も地域の方々から応援されて更なるステップアップができると思っています。ありがとうございます。


溶接科・デザイン科:ポン菓子交流、手作り木馬プレゼント

 11月17日八幡幼稚園、12月1日城陽幼稚園 高浜幼稚園に、溶接科のポン菓子交流とデザイン科機械科の手作り木馬、おもちゃを贈呈! 溶接科のポン菓子交流では、モノづくりで得た技術をいかして作られたポン菓子製造機を持って日常的に地域の幼稚園、催し物に参加しています。
デザイン科の手作り木馬プレゼントでは、先輩方から木馬作りを引き継ぎ、今年で合計200体を超え地域の幼稚園や保育園などに配られました。
学校の授業や課外活動で学んだ技術を生かし、皆さんに喜んでいただけることが本当に嬉しい体験です。後輩にも繋げてゆきたいと思います。


電子機械科:中学生との交流CAD体験教室開催!

 電子機械科が毎年実施している中学生を対象にしたCAD教室を本年度も開催しました。CAD(キャド)とは、コンピュータ支援設計(Computer Aided Design)の略で、コンピュータと対話しながら設計・製図を行います。
コンピュータ部の部員が先生になり、3次元のCAD(Autodesk Inventor)ソフトを使って、基本操作を体験してもらいました。今年はスムーズに設計図を書くことができ、予定より早く終了することができました。また、同伴の保護者の方にも体験していただき好評を得ました。


デザイン科:本町商店街にシャッターアートを制作!

 姫路商工会議所が主催する「シャッターアートバトル」にデザイン科の生徒が作品案を応募し、見事に選ばれました。これは、姫路市のイメージアップを図るとともに、姫路市の本町商店街のシャッターまたはアーケードの天井から吊るすタペストリーに、ストリートアートを描くという企画です。 作品案が採用された生徒と有志の生徒たちが、現在、デザイン案を基に本町商店街のお店のシャッターに絵を描いています。商店街のシャッターが閉まる夕方から描き始めて、暗い中、姫路城のライトアップの光を背にして黙々と制作を続けています。まもなく完成予定です。 みなさん、完成した作品を是非見に来てください!


音楽部・機械科:「城北地区敬老・交流のつどい」に・ポン菓子・わた菓子で交流!

 城北小学校で開催された「(城北)敬老・交流のつどい」に、姫工の音楽部・ポン菓子・わた菓子が参加しました。音楽部は、体育館で午前10時から、行進曲「秋空に」、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、「故郷」、NHK大河ドラマで放映されている「篤姫メインテーマ」の4曲を披露。「故郷」の演奏では、観客席から歌声が聞こえ、感動的で思い出に残る場面となりました。グランドではポン菓子とわた菓子を実演。訪れた人たちは、ポン菓子の「ポン!」という大きな音にびっくりしたり、昔に食べた味を思い出し美味しさに感激されていました。わた菓子は、ほど良い甘さが大人にも子どもたちにも大人気。地域のボランティアの方にも、わた菓子作りを体験していただき、大変喜ばれました。今後も地域の行事に参加して、ふれあいを深めていきたいと思います。


デザイン科:ひめじ国際短編映画祭に出品!

 Ecrans de Harima(エクラン・ドゥ・ハリマ)主催 、世界遺産のまち・ひめじ国際短編映画祭が、8月2日(土)・3日(日)10時~20時 姫路お城まつり協賛イベントとして開催されます。 場所は イーグレひめじ あいめっせホール。短編映画を通して、日本及び世界の優れた文化や多様な感覚に触れる機会を地元播磨の住民に提供し、豊かな感性を身につけるよう促すとともに、社会教育や国際交流などにも関心を高めていくきっかけとなることを目的に行われます。

この大会に「眠らないアリンコが忘れたもの」を応募し75作品中15作品に残り今回上映されることになりました。


デザイン科・しょうぶ祭のポスターをデザイン!

 日吉神社主催、地域のお祭り、「しょうぶ祭」ポスターデザインを担当しました。デザインは3年生のマルチメディアの実践授業として取り組みました。アイディアを出してくれたのは、喜多さんと谷林さんです。姫路工業高校デザイン科も、野里商店街のまちづくりに協力させていただきました。地域のイベントに参加させていただくことがでありがとうございました。


デザイン科:お夏清十郎まつりで感謝状をいただきました!

 工業化学科の1年生と、広嶺中学校2年生の生徒が、中高連携授業を行いました。「植物指示薬を使って水溶液の性質を調べよう」ということで、日ごろ身近にある物がどのような性質をしているかを勉強しました。天然の色素を使っていろんな水溶液を調べようと中学生のそばでサポートする姫工生のお兄さんとお姉さんたち。やさしく声をかけてあげたりして、実験の教室は楽しい空気が流れていました。中学校では使ったことのない実験器具なども見ることができました。広嶺中学校のみなさん、どうもありがとうございました!


溶接科・デザイン科:野里商店街に風鈴を製作!

 大野町の「まちづくりの会」の方からの依頼で、溶接科が風鈴を製作しています。昨年も、野里商店街からの依頼により製作した150個の風鈴が、商店街の道に沿って飾られました。溶接科では課題研究の授業を利用して、製作しています。素材はステンレスとアルミを利用しています。また、風鈴に付ける短冊はデザイン科の生徒が制作し、22案の異なったデザインの短冊が出来上がりました。科は違いますが、それぞれの専門分野を生かして、協力して作り上げていきます。風鈴の完成は6月初旬の予定で、今年はまず、70個を完成させようと、溶接科では一人10個を目標にがんばっています。


美術部:市川の河川敷で壁画制作!

 美術部と有志の生徒数名で、市川の河川敷にある壁画制作をしました。「市川を美しくしよう会」主催者が、市川を知ってもらう機会として「春の祭り」を開催されました。そこに壁画を制作して欲しいと依頼があり、朝から制作した壁画は、お昼過ぎに無事終了しました。制作途中、一緒に「春の祭り」に参加された方々からお昼ご飯に焼きそばや豚汁の差し入れなどをいただきました。市川のほとりに今後もずっと残っていく壁画です。ぜひ、市川にある美術部の壁画を見に行ってみてください。そして、市川の素晴らしい景色をご覧になってください!!


ものづくり

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111