MENU

最新記事一覧

海龍祭「Restart  ~新たなる道~」を開催しました

 香住高校海龍祭文化祭を9月1日(火)~2日(水)に実施しました。コロナウイルス感染症リスクの軽減のため、生徒と教員のみで行うという変則的な形になりましたが、「Restart ~新たなる道~」のスローガンのもと各クラス・クラブ・生徒会が「ONE TEAM」になって最高の海龍祭を創り上げることができました。
 教室では魚拓や人気漫画のイラストの展示、アクアリウムの制作、インスタ映えする背景パネルの設置やビデオ作製など、文化部と1年生が工夫を凝らした教室展示をおこないました。
 体育館では2年生と3年生の演劇やステージ発表がありました。考えさせたり涙を誘ったりする本格的な演劇あり、ユーチューブのチャレンジ動画を再現する企画あり、演劇の中にダンスあり・・・と、各クラスがこの日のために作り上げた出し物を披露して祭りを盛り上げました。
 コロナの影響で例年より縮小し、猛暑のためクラスごとのTシャツを着てうちわで暑さを凌ぐという熱中症対策をとった、例年にない海龍祭でした。しかし、そんな制限の中でも本当にたくさんの感動があり、みんなで楽しむことができた海龍祭でした。

 

 

 

第72回兵庫県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会

 8月21日(金)~23日(日)に神戸ユニバー記念競技場で第72回兵庫県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が開催され、普通科2年1組上田直都くんが2年男子棒高跳の部で3m40という記録で、第3位となり、9月18日(金)から開催される近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会出場を決めました。現在の香住高校では、棒高跳の練習の施設がなく、毎月2回程度の豊岡市の競技場練習のみで満足に練習ができない中、学校でできる練習を工夫しておこなっていました。先月行われた但馬予選大会では、そのような逆境をはねのけ第1位で県大会出場を決めました。本人にとっては県大会の記録は納得できるものではなかったですが、近畿大会出場を決めたことを素直に喜んでいます。近畿大会という舞台は初めての挑戦になりますが、リベンジのよい機会だと思い、自己ベストである3m70を目指して日々頑張っています。応援よろしくお願いいたします。

フィッシング大会

 7月27日から29日の放課後に実習船しりうすに乗船し、香住沖で各学年の希望者でフィッシング技能コンテストを実施しました。なかなか魚が釣れず厳しい3日間になりましたが、優勝者は38cmのアコウを吊り上げました。1、2年生の人は来年さらに大物が釣れるよう腕を磨いておきましょう。

 1位 3S1 髙井 隼太  38cm アコウ

 2位 3S1 鶴谷 大祐  35.5cm アコウ

 3位 1S2 笹倉 琉生  33cm アコウ

 4位 2S1 松田 大輝  28cm アコウ

ダイビング講習

 7月27日(月)~30日(木)の4日間ダイビング講習を実施しました。筆記試験合格、実技講習終了後ダイビング資格を取得できます。この資格はアクアコース選択生徒にとって魅力ある資格です。

 

 

海洋学科1年生体験航海(前半7月2日~3日、後半6日~7日)

 香住高校に入学して初めての但州丸体験乗船実習を行いました。前半組はちょっと船が揺れていたため、船酔いに苦しめられている人もいましたが、夜にはみんな頑張ってケンサキイカ(白いか)を釣っていました。お土産に持って帰った新鮮なイカの味はどうだったでしょうか。来年度からオーシャンコースに入る人はこの航海での学習をしっかり生かして長期航海、頑張っていきましょう。