21世紀は農の時代! 7学科それぞれのスペシャリストを育成!

【重要】−お知らせ−

『新型コロナウイルス 相談ダイヤル』緊急開設のご案内

2020年5月13日(水)16時30分

兵庫県公立高等学校PTA連合会より

  • <『新型コロナウイルス 相談ダイヤル』緊急開設の案内>
  • がまいりました。
    添付ファイルをご覧いただき、相談があれば、ご活用ください。




    新着情報 - 県農なう -

    食品科学科 カルピーのラッピングテスト

    2020年7月3日(金)

    3年生対象の実技テストとして「カルピーのラッピング」を行いました。制限時間は3分間で2本作成です。リボンがラベルの正面に正しく巻かれているか、テープがまっすぐ貼られているか等が採点のポイントです。商品は見た目も大切になってきます。生徒は集中してテストに臨んでいました。

    食品科学科 スモークチキンの製造

    2020年7月2日(木)

    3年生の「課題研究」の時間にスモークチキンを製造しました。原料肉は採卵期間を終えた親鶏(ひね鶏)のモモ肉です。先輩達が3年間の開発期間を経て昨年度商品化した県農の新しい名物です。つけ込み液に地元加古川の特産品「イチジク」を添加することで、かたい親鶏肉が柔らかくなり、うま味がアップします。畜産資源の有効利用を考えた商品で、地元の特産品売り場などで販売しています。

    農業環境工学科 近畿測量専門学校特別授業

    2020年7月1日(水)

    農業環境工学科2年生を対象に近畿測量専門学校によるGNSS測量の特別授業を実施しました。普段触れることのない高額な最先端測量機器を使用し、RTK(リアルタイムキネマティック)法による測量を行いました。普段の授業からさらに踏み込んだ最先端技術を学ぶことができ、充実した特別授業となりました。

    造園科 野菜栽培と販売実習

    2020年6月30日(火)

    造園科では、造園に関する専門的な学習以外に1年生では、野菜の栽培体験を通して植物の生理生態を学びます。その一環として、栽培した野菜を用いて販売実習を行い、流通に関する学習にも取り組んでいます。今の時期はタマネギ、ジャガイモ、ナスなどの収穫物があるのでリヤカーで学校周辺の近隣の家々に販売しました。コロナでの自粛期間にはできない学習だけに、喜びをかみしめながら生徒は一所懸命販売していました。

    農業環境工学科 計算技術検定

    2020年6月29日(月)

    農業環境工学科では計算技術検定を実施しました。コロナに伴う休校が長く続き、例年よりも練習時間の短い中でしたが、1年生は4級、2年生は3級に挑戦しました。