21世紀は農の時代! 7学科それぞれのスペシャリストを育成!

新着情報 - 県農なう -

動物科学科 姫路鷹匠文化フォーラムでフライトショー披露

2018年1月13日(土)

姫路城三の丸広場において姫路鷹匠文化フォーラムが開催されました。第一部のフライトショーでは、鳥類研究会の生徒が本校で調教しているハリスホークの福丸号と一緒に出演しました。高校生が鷹を操る姿に観客の皆さんも驚いた様子でしたが、投げた疑似餌を福丸号が取ると大きな拍手が起こりました。姫路文学館で行われた第二部の講演会会場では、鳥類研究会活動紹介のパネルも展示していただきました。今後も放鷹術の技術向上に向けて頑張ります。

造園科 県庁緑化

2018年1月12日(金)

3年造園科の3名が県庁2号館と3号館の間の通路にて室内装飾を作成しました。 テーマは「謹賀新年」です。盆栽を用いて厳かさを、生け花をお正月らしくダイナミックに生けて華やかさを表した作品です。落ち着いた床の間の雰囲気の中に日本のお正月風景を表情豊かに表現しています。
また、畳の上には年賀状のような木の札をつくり、新年のあいさつをしています。 兵庫県教育委員会のHP「ワンショットニュース」でもご確認いただけます。
兵庫県教育委員会HP

生徒指導講演会

2018年1月11日(木)

NIT情報技術推進ネットワーク(株)代表取締役を講師にお迎えし、「ソーシャルサイトのリスク〜将来に不安を残さないために〜」と題して情報モラルの講演会を行いました。生徒と一緒に、希望した保護者の方々にも講演を聞いていただきました。
アプリを使用する時に、なぜこのアプリが無料で利用出来るのか、そこには理由があることや、プロフィール画像だけで個人が特定されてしまい、情報が他者に漏れてしまう、など怖いお話もありました。正しい知識を学び、身につけることによって、そういったトラブルを回避できること、機械に振り回されないように、機械を使う側になるために学習することが大切だとお話してくださいました。
講演会の中で、なぜ学校で携帯を使ってはいけないルールなのか、というお話もして頂きました。「アナログに人間関係をつくる練習をする為」、「学校は、人とのつきあい方を学ぶ3年間」、「社会に出てからでも、仕事中などに持っているけど使わない訓練をする為」とお話してくださいました。 身近になりすぎた、SNSやスマートホンの使い方、学校のルールの意味をもう一度考え直すとても良い機会となりました。
講演後には、生物工学科が作ったボトルプランツをお土産にお渡ししました。ありがとうございました。

3学期始業式

2018年1月9日(火)

本日、始業式前に全校集会があり、生徒指導部長からは2学期を振り返り新たな気持ちで3学期を過ごし、特に3年生は残りわずかな学校生活をどのように送るかをよく考えてほしいとお話がありました。始業式の学校長式辞では、3学期は生徒の皆さんが目標を立てその達成に向けて取り組んでほしい、120周年目にふさわしい卒業式になるよう期待したいとお話がありました。

農業環境工学科2年 特別非常勤講師による講習会

2017年12月28日(木)

近畿測量専門学校の3名の先生方、そして同校に進学した本校卒業生2名をお招きし『UAV(ドローン)を用いた三次元計測と解析』をテーマとして講習会を開いていただきました。
ドローンの取り扱い等について教えていただいたのち、シュミレータを用いてドローンの操縦練習を行い、実際に本校のグランドに出ました。グランドではドローンの操作と計測を行いました。生徒たちは、一機数十万円するドローンの操作を緊張しながら行っていました。その後はPCを使用して撮影した写真をもとに三次元的にデータを解析する一連の流れを教えていただきました。今後いろいろな場面で活用されるドローンを間近にそして、瞬時にグランドの状態を三次元で解析できる技術に生徒たちは興味津々といった様子でした。