21世紀は農の時代! 7学科それぞれのスペシャリストを育成!

新着情報 - 県農なう -

校内美化活動

2018年5月18日(金)

県農の生徒と職員で、校内の道路沿いの「ヤマモモ」の剪定を行いました。 道路に実が落下するのを防止すると同時に、見通しをよくする目的で実施しました。 普段、樹木の剪定をすることのない学科の生徒も活動に参加し、枝拾いや清掃などに熱心に取り組みました。

農業鑑定競技

2018年5月18日(金)

本日、全校生徒対象に、校内で農業鑑定競技を実施しました。 農業鑑定競技とは、日頃の学習で得た農業に関する知識・技術の成果を、競い合うものです。出題数は40問で、1問20秒または40秒というわずかな時間で鑑定・判定し、その正答率を競い合いました。

授業参観・PTA総会

2018年5月12日(土)

本日、PTA総会が行われました。また、多数の保護者の方々に授業を参観していただきました。昼食時には、食品科学科の生徒が製造したクリームパン・あんぱん・牛乳とともに、琴部・吹奏楽部の演奏をお楽しみいただきました。

農業科 唐辛子の販売に向けて

2018年5月9日(水)

ここ数年の激辛ブームの影響で、国内でさまざまな品種が出回るようになり、農業科でも、6月上旬よりさまざまな唐辛子の苗(1本50円)を販売する予定です。 トウガラシの辛さを表す単位としてスコヴィル値(SHU)というものが使われ、一番辛いといわれている品種のドラゴン・ブレス・チリは248万SHU、有名なハバネロは25万〜45万SHUです。
農業科では現在10品種(下表参照)の唐辛子を栽培しており、スコヴィル値もさまざまです。

種類スコヴィル値(SHU)苗の数
オレンジ・ハバネロ35万
ハバネロ(大)25〜45万
ハバネロ(小)25〜45万
黄金トウガラシ10万
内藤トウガラシ5万
韓国トウガラシ1万
魔女の杖2500〜8000
インドジンウソツカナイ2500〜8000
メヒカーナ2500〜8000
ハラペーニョ2500〜8000

是非この機会に、プランター栽培も可能な唐辛子を栽培してみてください。

生物工学科 母の日マルシェに向けて商品作り

2018年5月8日(火)

生物工学科の生徒が5月12日(土)・13日(日)に三宮の東急ハンズで開催される「母の日マルシェ」に向けて商品を作り始めています 授業で学んだバイオテクノロジーの力を利用し栽培した多肉植物を実験器具に寄せ植えするなど、工夫を凝らした商品が店頭に並びます。 当日は、生徒が実際に店舗に立って、販売実習を行いますので、機会があればぜひ足をお運びください。