21世紀は農の時代! 7学科それぞれのスペシャリストを育成!

【重要】−お知らせ−

緊急事態宣言を踏まえた本校の対応について

2021年9月10日(金)18時00分

 緊急事態宣言が延長されたことを受け、県教育長から通知がありました。この通知に則り、本校でも引き続き感染防止対策を徹底するとともに、教育活動を実施していきますので、ご理解ご協力をお願いします。

【緊急事態宣言中の特別時程】
<9月13日〜17日>

  • 9時30分始業
  • 40分×4校時授業(1〜4校時)
  • 16時完全下校(9月12日までと同様の対応)
<9月21日〜30日>
  • 9時30分始業
  • 40分×6校時授業
  • 18時完全下校
【部活動の取り扱いについて】
  1. 8月30日(月)〜9月30日(木)(緊急事態宣言の終期)まで原則休止する。
    ただし、全国大会・近畿大会(その予選を含む)等への参加及び参加に向けた活動に限り、最小限で実施を可とする。(9月12日までと同様の対応)
  2. 研究会活動においても8月30日(月)〜9月30日(木)(緊急事態宣言の終期)まで原則休止する。
    ただし、全国大会・近畿大会(その予選を含む)等への参加の場合、上記の部活動と同じとする。
【体育大会について】
10月1日(金)に延期します。(プログラム等の詳細は検討中)

詳細に関しましては下記のリンクをご確認ください。↓↓

<緊急事態宣言の発令に伴う本校の対応について>

本年度の県農祭について

2021年8月19日(木)13時00分

本年度の県農祭は中止します。詳しくは以下のリンクをご確認ください。

<県農祭のページへ>

気象警報発令時の登校について

2021年5月20日(木)9時30分

大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪警報、またはこれらの特別警報が発令された場合、通常授業時と定期考査時および、発令された地域によって対応が異なります。詳しくは下記のページをご確認ください。
<気象警報時の対応について>

『県農マルシェ』 今年度中の休止について

2021年4月14日(水)9時00分

本校近隣の皆様にご利用いただいている『県農マルシェ』は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年度中(令和4年3月)まで営業を休止することとしました。再開の折には、またご利用いただきますようよろしくお願いします。




新着情報 - 県農なう -

農業科 水田複合類型 ミルキークイーン 稲刈り

2021年9月24日(金)

待ちに待った、ミルキークイーン(イネ)の収穫が始まりました。 5月に種を播き、育苗や水、肥料管理を経て、ついに35アールの田んぼの収穫を迎えました。
コンバイン(収穫機械)で収穫するので、その準備のために4つ角を手狩りで収穫します。
この後、乾燥、もみすりと色彩選別、等級検査、精米を行い、販売します。 また、手狩りしたイネは、昔ながらの天日干しを行い。山形で開催する「日本一美味しいお米コンテスト」に出品します。

「美味しくできたかな?」「早く新米を食べたい」と収穫する喜びを友と語り合う3年生でした。

造園科 造園スペシャリスト班の作庭

2021年9月22日(水)

造園科・造園スペシャリスト班8名が明石城公園で行われている「ひょうごまちなみガーデンショー・ガーデンコンペC部門」の作庭にチャレンジしました。日ごろ学習していることを生かし、図案→構成→製図→材料集め→構成(事前組立)→作庭まですべて自分たちで考え夏休みから準備をはじめ、庭作りをやり遂げました。今までの先輩が数多く入賞をしているので、プレッシャーと戦いながら、工夫と技術を凝らし頑張りました。結果は優良賞(公益財団法人兵庫県園芸・公園協会理事長賞)をいただくことはでき、大変うれしく思っています。図面のイメージ通りの作品に仕上がりとても満足のいく作品となりました。作品の特徴は何といっても、山奥の雰囲気を出すための大きな古木や鉄平石を利用した枯滝です。ぜひ現地で見てください。 詳細は「ひょうごまちなみガーデンショーin明石」のHPでもご確認いただけます。
「2021ひょうごまちなみガーデンショーin明石」のHPへ

生物工学科 1年総合実習 ハクサイの定植

2021年9月21日(火)

1年生の総合実習ではハクサイの栽培を行います。緊急事態宣言や警報などの影響により、生徒自身による播種(種まき)は行えませんでしたが、しっかり育ったハクサイの苗を各自のうねに植え付けました。栽培を通じて葉菜類の生育特性や、アブラナ科の特性などについて学ぶことになります。
11月下旬から12月上旬の収穫を目指して無事に生育するか楽しみです。

農業科 農業機械類型 刈払機の分解・清掃

2021年9月21日(火)

2年生の「総合実習」で刈払機のメンテナンスを行いました。まずはカバーを取り外し、エアクリーナーを清掃します。続いてボルトを緩めキャブレタ(気化器)の清掃を行います。ダイヤフラム式のキャブレタにキャブレタクリーナーを吹き付け汚れを浮かせ、パーツクリーナーで洗い流します。どの位置にどの部品を組みつけるの分かっているようであっても迷いつつ実習しました。最後にエンジンがちゃんとかかるか始動確認を行い、全員無事に組みつけることができました。

造園科 造園スペシャリスト班 G girls

2021年9月21日(火)

《淡路花博20周年記念 花みどりフェア》をテーマに淡路島各地で行われるイベントの一環として、淡路島 花さじき公園にて「高校生花とみどりのガーデンショー」が開催されます。 このイベントにむけて造園科造園スペシャリスト班 「Gガールズ」チームが学校を代表して作庭してきました。夏休み前から図面を考え、今日まで何度も組み立てては構図を練り直し、新たに組み立てるといった作業を繰り返しました。テーマは「かぐや姫」でかぐや姫が月に帰りたいが、育てていただいたおじいさんやおばあさんを裏切りたくないという複雑な思いの場面を切り取とった作品を作りました。竹にドリルで穴をあけランタン風にしたり、木を曲げて橋を作ったりと工夫満載の作品ができました。開催期間は2021年9月18日(土)〜10月31日(日)です。機会があればぜひご覧ください。詳細は「第10回 高校生花とみどりのガーデン」のHPでもご確認いただけます。

生物工学科 寄せ植えの出展

2021年9月17日(金)

草花の寄せ植え作品を「2021ガーデンコンペ・ひょうご」に出展しました。デザインから考え、試行錯誤をしながら完成させた作品です。使用する草花を選ぶことから始め、草花の状態を確認しながらデザイン画に沿うように作品を作り上げていくことは大変でしたが、イメージ通りに仕上がり、満足のいくものができたようでした。明石公園で9月26日(日)まで作品展示が行われています。3作品とも個性的な作品に仕上がりましたので、近くに立ち寄られた際はぜひご覧ください。

農業科 農業機械類型 作業機の脱着

2021年9月17日(金)

3年生は以前から練習はしていましたが、今回は誰の手も借りずに生徒のみでトラクタの作業機(ロータリー)の脱着を行いました。作業機は重くバランスが崩れるととても危険です。安全確認を行いながら取り外し、ユニバーサル・ジョイントのグリスアップも合わせて行いました。取り付けの際は数センチ単位のトラクタの操作技術が必要で、誘導者の指示に従い細かな操作で無事装着できました。

造園科 環境マネジメント類型 ひょうごまちなみガーデンショーinひょうご「アグリハイスクールガーデン」と「寄せ植え」

2021年9月16日(木)

今年のガーデンショーの作品は「サンドリヨン」です。「サンドリヨン」とはシンデレラのことです。私たちはフランスの農業高校と交流をしていて、その中で日本庭園やフランス庭園について意見交換をしています。そこで、フランスをテーマに庭を考えていたところ、フランスらしい華やかなお城とフランス式庭園によくみられる左右対称の花壇を盛り込んだ「シンデレラ」の庭にすることにしました。12時になる直前の時計、ガラスの靴型の寄せ植えなど、シンデレラのストーリーも楽しんでもらえたらと思います。
 さらに環境班は寄せ植え、ハンギングバスケット部門にも参加しています。ラッパ、ピアノ、歯車、パズルと遊ぶ心のある作品に仕上がっています。
  ガーデンコンペ部門には造園スペシャリスト類型の作品も出展しています。
ぜひ、明石公園でご覧ください!

動物科学科 2年 総合実習の様子

2021年9月16日(木)

2年生の総合実習で、産業動物大類型は「乳牛の直腸検査」と「刈払い機の取り扱いについて」、社会動物類型では「犬の体の洗浄」、家禽類型では「集卵実習」を行いました。2学期に入って最初の実習ということもあり、とても意欲的に取り組んでいました。

生物工学科 2年 植物色素の分離(ペーパークロマトグラフ法)

2021年9月16日(木)

クロマトグラフィーとは、ある物質を分離・精製する技術のことを言います。一見ひとつの物質に見えても実は複数の物質の集合である場合、何と何が入っているかを調べる必要があります。 このような物質を、ろ紙で吸い上げると粒の小さい物質は早く上がってきますが、大きい物質はゆっくりと上がります。この上がり方の違いを観察することで物質の違いをある程度特定することができます。この日は身近なシソをサンプルに使って色素の分離実験を行いました。

生物工学科 2年 カトレアの無菌播種

2021年9月16日(木)

春に人工交配を行ったカトレア(インターメディア)の無菌播種を行いました。カトレアをはじめランの種子は非常に小さく発芽のための栄養を持ちません。自然界では共生菌を利用して発芽しますが、人工的に発芽させるには必要な栄養素を含む培地(寒天で固めたゼリーのようなもの)に無菌状態で播種します。雑菌が入り込んでしまうと培地が汚染されて失敗してしまうので細心の注意を払いながらの実習となりました。どれくらい発芽が見られるかが楽しみです。

生物工学科 ブドウ発酵液の作成

2021年9月16日(木)

 ブドウの表面には天然の酵母が付着しています。この野生酵母を確認するために、ブドウを皮ごとつぶし、培養しました。酵母が増殖するとアルコールと二酸化炭素が発生します。この発生の様子を視覚的に確認することで酵母の存在を感じることができます。そのため実験区として、ドライイーストや酵母の餌となる砂糖を加えたものも用意しました。皆どのような変化が表れているのかを日々観察しています。

造園科 県庁緑化

2021年9月14日(火)

 兵庫県庁玄関ホールに造園科3年生の都市プランニング班4名が観葉植物を中心とした庭の作庭をしました。イメージは南国の自然です。手前に自然石を置き、その周りに花や植物を置き、後ろには流木を周りに植物を据えることで南国の自然を表現しました。また中心には獣が走るような道を作りました。10月中は展示しています。チャンスがあればぜひご覧ください。

食品科学科 選択D 食品製造 「羊かんの製造」

2021年9月14日(火)

 3年生の選択授業「食品製造」の時間に羊かんを作りました。羊かんには糖度が高く弾力のある「練り羊かん」、糖度が低めで水分が多く柔らかい「水羊かん」、そして蒸して作る「蒸し羊かん」があります。今回は作ったのは水羊かんです。原材料は「こしあん、寒天、塩」で、水を沸騰させ寒天を完全に溶かすのがポイントです。そこへ、こしあんと塩を加え型に流し込んで冷やせば完成です。暑い中での試食は、少し涼しさを感じさせてくれました。

生物工学科 3年 中間発表

2021年9月13日(月)

 「課題研究」の進捗状況や今後の展開についてグループ毎に発表を行ってもらいました。発表後は質疑応答の時間を設け、研究に対して不明だった点や、より聞いてみたい点について深めることができました。
 この発表を通じて今後の「課題研究」の方向を修正したり、改善を行ってよりよい研究を目指します。

農業科 露地野菜類型 秋作がはじまりました。

2021年9月9日(木)

 夏野菜の栽培も終わり、農業科の圃場も秋〜冬の野菜に変わりつつあります。 今週の放課後当直では、「定植」を行っています。ハクサイにキャベツ、レタス、ブロッコリーとカリフラワーの苗を順次定植しています。今日はハクサイの定植を行いました。美味しい野菜が収穫できるように日々の管理を頑張りたいです!!

動物科学科 第103回兵庫県畜産共進会選考会

2021年9月6日(月)

但馬牛のチャンピオンを決める大会である畜産共進会の高校・農大選考会が実施されました。コロナ禍ということもあり、審査委員の方が各校を訪問するかたちで行われました。本校からは種牛の部・肉牛の部、それぞれ1頭ずつ出品しました。この選考会を勝ち抜くと、本大会に出場することができます。応援よろしくお願いします。