海洋科学科の紹介

【オーシャンコース】

船の運転や機関(エンジン)のしくみなどの技術を学びます。大型実習船「但州丸」358トン、小型実習船「しりうす」19トンに乗船して、航海や実習を行いながら航海士としての技術を学びます。長期間の遠洋航海実習などを行い、航海士としての技術を学びながら、実習船での生活を通じてお互いに助け合う心を育てます。小型実習船では、沿岸航海実習や魚釣り、タコツボ実習などを行います。将来は商船やタンカー船、漁船など船舶の船長や航海士となることをめざしています。

【アクアコース】

海洋の生物や環境に関する知識や技術を学びます。ヒラメ、アユ、ランチュウ、キンギョ、アカミズ、イシダイなどを飼育しています。ヒラメは親魚から採卵し、稚ヒラメに育て、放流したり、養殖したりして市場に出荷しています。アユは、地元の河川の天然アユから種苗生産しています。地域の漁協と連携して河川に放流して資源の増殖を行っています。水族館実習ではやスノーケリング、ダイビング実習、水生生物による水質調査など、海にも川にも近いという恵まれた学校の利点を生かし、生き物の生態や環境保全について技術を持つ人材を育成しています。

【シーフードコース】

食品の調理や加工など食品についての知識と技術を学び、食のプロをめざします。食品の栄養や食文化、食品の流通、食品衛生など、食を取り巻く多くの分野を学びます。マグロやサンマの缶詰やスルメイカやカレイなどの一夜干しなど食品加工の技術や、料理の調理技術を身に付けることを目標にしています。特別非常勤講師としてプロの調理師を招聘したシーフードクッキングでは、本格的な和食や洋食の職人技を学ぶことができます。また、加工実習で作った製品を地域で販売する実習も行っていて、商品作りと販売体験を学ぶことができます。

海洋科学科パンフレット          ・教育課程                  

R4_pannhurettoのサムネイル  kyouikukatei kaiyounyuugakunenndohennkouのサムネイル