警報発令時等の対応

気象警報が発令されたときは

 「姫路市」に、暴風、大雨、洪水もしくは大雪警報が、午前6時現在発令されているとき、あるいは、午前6時以降に発令されたときは、自宅で待機すること。

 

当日が平常授業日であるとき

①警報が午前9時までに解除されたときは、第3校時(10:50)より授業を開始します。ただし、時間割の変更を考慮して、その日の6時間の授業の準備をして登校して下さい。
 なお、登校の際には、安全に特に留意して下さい。また地域の状況(気象や道路状況など)により、安全に登校できないときは、自宅で待機するとともに、学校へ連絡して下さい。
②午前9時を過ぎても警報が解除されないときは、当日は休校とします。 
③上の警報が「姫路市」に発令されず、「福崎町」「市川町」「神河町」のいずれかに発令されている場合は、当該地域に居住する生徒については、自宅待機とし、①の場合には、第1・2校時を、②の場合には当日を公欠扱いとします。
 

当日が定期考査日であるとき

・「姫路市」「福崎町」「市川町」「神河町」のいずれかに上の警報が、午前6時現在で発令されているとき、あるいは、午前6時以降に発令された場合は、当日を休校とします。また、その日の実施予定の考査を、最終日の翌日(翌日が休日の場合は、その翌日)に実施します。
 

交通ストが実施されたときは

 全面ストライキの場合は、午前6時のニュースで判断し、休業日とします。ただし、午前10時までに解除された場合は、授業を行います。JRのみがストライキを実施した場合は、午前9時始業とします。