感染症の対応

感染症にかかったときは

 下記の感染症に罹患したときは出席停止となります。集団感染予防のため、出席停止中は医師の指示に従い家庭で療養して下さい。治癒して登校するときに、この書類を提出して下さい。

分類 病名 出席停止の基準
第2種 インフルエンザ
(特定鳥インフルエンザを除く)
発症後5日間かつ解熱後2日が経過するまで

百日咳

特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで

 

麻しん 解熱した後、3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の膨張が発現した後、5日間を経過し、かつ全身状態が良好となるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘 すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消失した後2日を経過するまで
結核 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎
第3種 コレラ 症状により学校医その他の医師が感染の恐れがないと認めるまで
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎

その他の感染症


この表以外の感染症に罹患した場合は学校に連絡して下さい。


学校保健安全法施行規則(平成27年1月21日施行)より

第1種感染症については割愛しています。