SEASON3 最新:

 ■校長室からNo.18

 ■入学式式辞

 

 Back number

 No.1 ■No.2

 ■No.3 ■No.4

 ■No.5 ■No.6

 ■No.7 ■No.8

 ■No.9 ■No.10

 ■No.11 ■No.12

 ■No.13 ■No.14

 ■No.15 ■No.16

 ■No.17

 

 ◆SEASON2

 ◆SEASON1

学校長挨拶

             

若浦校長

 令和3年度に向けて


               兵庫県立社高等学校長

                     若浦直樹

 皆さん、こんにちは。校長の若浦直樹です。
 昨年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う臨
時休業や緊急事態宣言による活動自粛により学校行事の
変更を余儀なくされ、精神的に厳しい1年でした。部活動においても目標と する大会及びコンクールの中止や延期、規模縮小など大きな影響がありまし た。しかしながら、生徒、保護者、職員の感染防止対策の徹底、及び健康観察の意識向上により大きなトラブルもなく今年度を迎えることができまし た。引き続き気を緩めず取組を進め、行事等が滞りなくでき、生徒たちがい きいきと活動できるようにしていきたいと思います。
 さて、本校は創立108年目を迎え、「誠実 協調 創造」を校訓に、「試練 克己 栄光」を生徒信条に、日々生徒たちは自らの目標に向かい、努力を継続しています。体育科は50年以上の歴史をもとに、多くの体育指導者を輩出し、諸先輩方の背中を追いかけるがごとく部活動、実習、体育知識の会得に取り組んでおり、全国に通用する体育人の育成を図っています。生活科学科は、地方創生へのアイデアを出し続けることで地域連携を図り、食のスペシャリスト養成を目標に日々家庭に関する技術だけでなく、地域との関わりを重視した取組を進めています。普通科は看護医療類型を筆頭に地元で活躍できる人材育成を目指し、さらには夢を形にすべく「自ら考え行動する」ために必要な資質を身につけ、卒業後の活躍につなげるようにしています。

 地域に愛される学校として、加東市、企業、大学、観光協会、JAみのり等との連携を進め、今後も「夢を形に」「自ら考え行動できる」人材の育成を目指し、職員一同頑張って参りますので、ご支援のほどお願い申し上げ、令和3年スタートに当たってのご挨拶とさせていただきます。

 

                               令和3年4月1日

 

 

学校写真  学校写真