学校長挨拶 Principal's Address

 兵庫県立川西北陵高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 川西北陵高校の校長として2年目を迎えました細見伸広です。よろしくお願いいたします。

 本校は昭和58年に開校し、生活訓「礼を正し、場を清め、時を守る」を大切にしながら歩みを進め、多くの卒業生が多方面で活躍しています。そして、昨年、コロナ禍ということもあり校内だけでしたが「北陵の40歳の誕生日」のお祝いをしました。

 この40年のなかで、探究と表現類型での取組をはじめ、地域行事への参加や地域清掃活動で多くの生徒が活躍するなど、魅力づくり、開かれた学校づくりを進めてきました。このこともあり、地域に学び、地域から愛される学校として歴史を重ねています。さらには、大学の留学生との異文化交流、グローバルキャリア講演会、海外研修などグローバル教育にも力を入れています。

 しかし、学校がある川西市の東谷地区も日本が抱える少子高齢化、地域間格差の大きな波にもまれ、学校が置かれている現状も厳しいものがあります。これに屈することなく元気で生き生きと活動する北陵をここよりお伝えしていきます。
 それで、今年の川西北陵高校のキャッチフレーズは「元気です! 北陵」です。
 そして、その根幹をなすのが「シビック・プライド」です。「シビック・プライド」とは自分自身がかかわって自分が住む地域を良くしていこうとする、当事者意識に基づいた自負心を意味します。自分が学ぶ川西北陵高校を一人一人がかかわって良くしていこうとする、そしてその行動に生徒自身が自信を持ち、誇りに思う、そんな学校づくりを進めていきます。

 保護者の皆様、卒業生の皆様、地域の皆様、関係の皆様の一層のご協力をいただきますようお願いいたします。