警報時の対応 Emergency

気象警報発令時の取り扱い
対象とする警報は、暴風、大雨、洪水、暴風雪、大雪のいずれか 1 つ以上


(1)平常授業期間の気象警報発令時の対応について
  ①川西市、猪名川町の両方、またはいずれか 1 か所に警報が発令されているとき
   全生徒は以下のア・イ・ウに従う。

   ア) 午前 7 時現在、気象警報が発令されているときは、午前中を臨時休業とする。
      自宅待機すること。午前 7 時以後、始業時刻までに警報が発令された場合も
      同様とする。

   イ) 午前 7 時以後、午前 10 時 30 分までに気象警報が解除された場合、
      午後の授業を予定通り行う。但し、時間割が変更されることがあるので、
      当日の全授業の準備をして登校すること。

   ウ) 午前 10 時 30 分現在、気象警報が発令されているときは、
      一日臨時休業とする。

  ②川西市、猪名川町以外に警報が発令されているとき川西市、猪名川町に居住する
   生徒は通常授業を受ける。川西市、猪名川町以外 に居住する生徒はその居住地に
   気象警報が発令されているとき、①のア~ウに従う。

(2)定期考査期間の気象警報発令時の対応について 本校生が居住する川西市、猪名川町、
  伊丹市、宝塚市に午前 7 時現在、気象警報が発令されているときは、全生徒を一日
  臨時休業とする。この日に予定されていた 考査は、考査最終日の翌日に実施する。
  午前 7 時以後、始業時刻までに気象警報が 発令された場合も同様とする。

(3) 週休日、長期休業中の部活動等について
 ・原則として、上記①②に準じることとする。
  (解除されていても顧問の指示により別途中止することもある)
 ・公式大会等が開催される場合は、主催者の指示に従う。