兵庫県立出石高等学校 ホームマップ
学校紹介 類型・進路 学校行事 部活動 地域との連携 PTA・入佐会
 
校長メッセージ
 
校長 椿野 亮二
出石高校の120年に向けて    

 
 「古事記」「日本書紀」にも名前の見える出石は、但馬開発の祖神ともいわれる新羅の王子 天日槍(あめのひぼこ)が渡来して拓いたと伝えられる但馬を代表する城下町です。   
 その出石の地に明治40年、本校の起源である出石町立女子技芸学校が誕生し、その後、幾多の変遷を経て、昭和23年に兵庫県立出石高等学校と改称し、現在創立112年を迎える県下でも有数の歴史と伝統ある学校です。地域の女子教育の中心を担っていた時代から一貫して、「至誠」を学校の根本精神として受け継ぎ、現在の校訓である「至誠 剛健 敬愛」と発展しながら、地元はもとより全国で活躍する人材を多数輩出してきました。偉大な先輩諸氏が培ってこられた自主独立の精神を継承し、長い伝統に安住することなく常に新しいものに挑戦し続け、出石高校の特色を築いてきました。
 昭和の終盤には、英語コースの設置、ニュージーランド語学研修や海外の学校との姉妹提携、海外修学旅行を実施し、平成の時代には、県下の普通科高校に先駆けて独自の類型を設置して特色化を進め、現在は、文理探究・人文・文化創造の3類型を設置しています。
 次の10年に向けて、これまでの成果を基盤に「地域に根付く伝統文化の確実な継承と末永く地域に貢献できる人材の育成」を目指します。今年度から国の『伝統文化』に係る教育課程の研究指定を受けたことも活かしつつ、新学習指導要領に示されている「社会に開かれた教育課程」を地域の皆様とともに作り上げていきます。学校と家庭と地域が緊密に連携し、探究的な学びを通して、主体的に考え行動し、未来を切り開くことができる生徒の育成に取り組んでまいります。
 地域の皆様には、今後とも、「地域の学校」である出石高校に多大なるご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 
 
校訓
至誠 剛健 敬愛
教育方針・目標
   
「至誠 剛健 敬愛」の校訓に込められた理念を実現するため、
家庭・地域と緊密な連携のもと、生徒の個性と能力を最大限に伸ばし、
知・徳・体の調和したこころ豊かな人間の育成を目指す。

 
 
  目指す学校像 目指す生徒像
@ 生徒が主体的に活動する活力ある学校 主体的に学び、活動し、自分を大切にできる生徒
A キャリア教育の充実を図り、生徒の進路を実現させる学校 多様性を尊重し、自己のライフキャリアを創造し、進路実現を目指す生徒
B  地域を担い、地域とともに発展する学校 積極的に地域と関われる生徒
 

  いじめ防止基本方針  
校章



大空を行く鸛(コウノトリ)の雄姿を出石の頭文字に型どり、「高」を配して宏壮の気を示したもの
昭和23年7月7日制定
校歌

施設紹介
約15千uの敷地に、2つの教室棟、図書室、体育館、格技場、陶芸棟、グラウンド、人工芝テニスコートなどを備えています。
      tennis    
  本館(正面玄関)
自然と文化財に囲まれた敷地に2つの教室棟が並び建ちます。
  グラウンド
体育大会はもちろん、普段の体育の授業はこの広々としたグラウンドで実施します。
  人工芝テニスコート
校舎中庭に人工芝のテニスコートが備わっています。
  図書室
読書や調べ学習、個別学習の場として利用されています。ノートパソコンを使って調べものをすることもできます。
 
         
  入佐会館(同窓会館)
会議室や研修室、和室を備えており、講演会、保護者会、各種試験対策指導などを実施します。
  陶芸館
1階が作業室、2階が展示室になっています。作業室には炉を備えており、本格的に陶芸に取り組めます。
  書道教室
専用のカメラとプロジェクターを使って、手元を映し出して授業をすることができます。
  コンピュータ室
すべてのパソコンにグラフィック関連のソフトがインストールされており、美術の授業をパソコン教室で行うこともあります。
 
         
  視聴覚教室
4つのモニターが設置されており、学年全員80名を収容できる講義室の役割を持ちます。
  HR教室
短焦点のプロジェクターが設置され、PCや大型モニターを使ったICT活用授業を進めています。
  トレーニングルーム
各種トレーニングマシンを備えており、部活動に限らず誰でも使用することができます。
  多目的室(食堂)
カジュアルな雰囲気のテーブルが置かれ、昼休みは地域の業者のご協力で日替わりのメニューを楽しむことができます。会議やHR活動もできます。
 
 
施設概要
校舎敷地/15.003u
 運動場/13.910u
 合計/28.913u
 構造/鉄筋造一部鉄筋コンクリート造
  事務室より  
沿革
〜100年の歴史と伝統〜 卒業生総数12,000余名
   
明治 40 3 出石町立女子技芸学校設置 
出石町立弘道尋常高等小学校舎内に開設
大正 11 4 出石町立実科高等女学校設置認可 
同年5月8日授業開始
  13 3 本校を出石町他6ヵ村組合とする件認可
  13 6 兵庫県出石実科高等女学校と校名改称
昭和 6 11 学校位置を出石町下谷に移す
7 5 兵庫県出石高等女学校と改称
8 4 兵庫県立出石高等女学校と改称
  22 4 新制中学校併設
22 11 創立25周年記念式典挙行
  23 4 兵庫県立出石高等学校と改称 
男女共学となる
  23 11 兵庫県立豊岡高等学校(定時制)出石分校開設
  24 3 併設中学校廃止
  24 4 学区制実施 出石郡全域本校学区となる
  27 4 兵庫県立豊岡高等学校(定時制)出石分校廃止 
兵庫県立出石高等学校(定時制)課程設置
  28 4 定時制課程高橋分校開設
  31 4 定時制課程資母分校 県立豊岡高等学校より本校の所属となる
  35 4 昭和35年度より家庭科を廃止
  39 3 定時制課程中心校閉校
  39 4 学区北但学区(豊岡市、城崎郡、出石郡、浜坂町、温泉町)となる
  40 9 校訓「至誠・剛健・敬愛」を制定
  41 4 定時制課程資母・高橋分校を統合し但東町平田に但東分校を開設
  42 8 教室棟竣工
43 3 定時制但東分校閉校となる
  47 10 創立50周年記念式典挙行
  48 1 本館校舎竣工
  49 3 体育館竣工
  57 1 教育近代設備としてLL教室整備完成
  57 9 創立60周年記念式典挙行
  61 4 英語コース設置
  62 3 格技場、トレーニングルーム、陶芸棟竣工
平成 4 11 創立70周年記念式典挙行
  13 4 英語コース募集停止 特色ある類型の設置
  18 8 体育館耐震補強その他建築工事完成
  19 11 同窓会館「入佐会館」竣工 創立100周年記念式典挙行
  27 4 学区第5学区(但馬全域)となる
  28 12 第1期耐震補強その他工事完成
  29 9 第2期耐震補強その他工事完成
  29 11 創立110周年記念式典挙行
  31 3 本館棟外トイレ改修工事完成
       
  学校評価  
兵庫県立出石高等学校     〒668-0211 兵庫県豊岡市出石町下谷35−1   TEL 0796-52-3131  FAX 0796-52-3133