授業料減免制度


授業料減免制度とは
兵庫県では、授業料や受講料の納付が困難な方を対象に授業料減免制度を設けています。
兵庫県の県立学校に在籍する生徒で、生活困窮等の一定の基準を満たす場合には、授業料や受講料の全額又は半額を免除することができます。

                  【参考】1年間の授業料
                   ・全日制課程:118,800円
                   ・定時制課程:32,400円
                   ・通信制課程:1単位あたり310円

どういった人が授業料減免を受けられるか
下記の表に掲げるような方が、授業料減免の対象となります。


区 分 内 容 減免区分
1 児童福祉施設に入所している者 児童福祉法が規定する児童福祉施設に入所している者 全額免除
2 市町村民税の納付義務がない者 市町村民税の所得割の納付義務のある者を含まない世帯に属している者 全額免除
3 勤労生徒で学費の負担が困難な者 定時制又は通信制課程に在籍する勤労生徒で、学費の負担が困難な者 全額免除
4 その他特別な理由により学費の負担が困難な者 1から3に掲げる者のほか、経済的事情により、学費の負担が著しく困難となった者又はその子弟 全額免除

半額免除


申請方法は
授業料減免の申請を希望される方は、所定の申請書とその他の必要な添付資料を、在学する県立高等学校に提出する必要があります。まずは学校にご相談下さい。

             *就学支援金に該当する場合は、こちらの減免手続きは不要です。

 

             


戻る