公立高等学校等の授業料について

 平成26年年度入学生から、公立高等学校における授業料の取り扱いが変わりました。一定の収入額以上の世帯の生徒については、授業料を納めていただくことになります。
詳細は文部科学省HPの《高等学校等就学支援制度金制度(新制度)概要》
及び《リーフレット》をご覧下さい。(文部科学省のHPへ移動します



※以下の制度は平成26年度以降の入学生が対象です。



〜 高等学校等就学支援金について 〜






Q どんな制度?
 国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満の世帯の生徒に対して、授業料に充てるために国から支給されるものです。学校が生徒本人に代わって受け取り、授業料と相殺する仕組みになっています。



Q 対象者は?
住所が日本国内で、高等学校等に在籍している方が対象です。
   ※既に高等学校等を卒業したことがある方や、専攻科に在籍する方は対象外です。

授業料の徴収対象となる方で、授業料の納入が経済的に困難な場合は
《授業料減免制度》があります。



Q 収入の基準は?
A 市町村民税の所得割額(保護者の合計額)が304,200円未満であれば対象です。
  (おおまかな目安で、世帯収入が910万円程度未満の場合に該当します。)


Q 誰に、いくら支給されるの?
A 公立高等学校の全日制課程の場合、月額9,900円が授業料に直接充当されることで、授業料の負担が不要となります。返済の必要もありません。
    ※生徒やその保護者の方へ支給されるものではありませんのでご注意ください。


Q どこに申し込むの?
A 申請書と所得に関する証明などの書類を添えて、入学された学校へご提出ください。
  (申請書は学校から配布されます。)


         
〜 !!注意!! 〜
 
           
就学支援金の対象になるのは「授業料」のみです

 入学金、教科書代や修学旅行費等、授業料以外の学費は、従来どおり納付していただく必要があります。各高等学校ごとに徴収金額が異なりますので、具体的な内容については、各学校の事務室へ直接お問い合わせください。 
《各県立学校の連絡先はこちら》



授業料以外に関する支援について(高校教育課へリンク)
 《修学支援ガイドブック》
 《高校生奨学金給付金》




私立高等学校等に在学される方へ
 高等学校等就学支援金の支給額などが異なります。
 《企画県民部管理局私学教育課》へお問い合わせください




公立高等学校の授業料についてのお問い合わせは

兵庫県教育委員会事務局財務課
学校経理・整備班 (078)362-3744


− このページは高校生就業体験事業に参加した高校生が作成しました −

戻る