スタートパックのHPへようこそ!

このホームページは兵庫県教育委員会として、小学校の先生がプログラミング教育をはじめるにあたって、「どんなカリキュラムで」「どんな授業を」したらいいのかを一例として示すものです。


メニューとして以下のものを用意しています

「学ぼう」ではプログラミング教育について小学校の先生に知っておいて欲しいこと

「生かそう」では研究推進校による各教科のプログラミング教育の授業例

「進めよう」では学校でプログラミング教育を推進するカリキュラム例や体系表例

「Scratch道場」では、各教科の授業で使えたり、参考となるプログラム

「リンク」では文部科学省等のプログラミング教育関連の主な資料のリンク


本スタートパックを参考に、各校の実情に合わせた形でプログラミング教育を推進していただきますようお願いいたします。

兵庫県版プログラミング教育スタートパック構築事業


   
子どもが拓く魔法の引き出し
-始めよう!小学校プログラミング教育-

研究指定校授業実践

プログラミング授業案リストへ

カリキュラムイメージ

クリックすると詳細が見られます

【カリキュラムイメージについて】

兵庫県版プログラミング教育スタートパックは、連続した学びを、各学校、学年の実情に応じて実施していただけるよう、
5・6年生から始めるスタートアップ
3・4年生から始めるマスター
1・2年生から始めるアドバンス
の3つのモデルを用意しています。

(図をクリックすると詳細を見られます)

【資質・能力の体系表について】

プログラミング教育で育成する
A.知識及び技能
B.思考力、判断力、表現力等
C.学びに向かう力、人間性等
それぞれの領域においての到達規準を3つのステップに分けて設定しています。

またスタートパックにおける3つのモデルは、それぞれのステップに適合するように設計しています。

(図をクリックすると詳細を見られます)

クリックすると詳細が見られます

プログラミング教育推進モデル構築事業研究協議会委員


問い合わせ

阪神教育事務所

播磨東教育事務所

播磨西教育事務所

丹波教育事務所

但馬教育事務所

淡路教育事務所