MENU

Hokusan GLC 人間科学類型 文武両道 高大連携・産学連携
HOME>>HGLC

特色選抜Hokusan Global Leadership Challengeとは

本校では、平成27年度から昨年度まで指定を受けた文部科学省SGHアソシエイト事業と平成30年度から指定を受けたHSH(ひょうごスーパーハイスクール)事業の成果を引き継ぎながら、兵庫県教育委員会の高大接続推進事業、特色づくり推進事業(インスパイア・ハイスクール)などを活用しながら実施しています。名称には本校の略称「北三(ほくさん)」を冠し、Hokusan Global Leadership Challenge(HGLC)としています。本年度も、国際性とコミュニケーション能力の育成については全校生対象に実施し、課題研究を通しての課題解決能力の育成については、1年全員を対象に、2・3年の人間科学類型を主な対象として実施しました。以下は、本年度の記録です。

令和4年度HGLC活動内容
  1. 課題研究活動
    • 人間科学類型発表会(7/23)
    • 京大‐HGLC科学者育成プログラム(人間科学類型1年生)
      • アドバンスト(advanced)コース(9/6・10/11・25・11/8・22・12/13・23・1/11・2/8・3/2)
      • エキスパート(expert)コース(3/133/14
    • 県大‐HGLC地域デザイン実習(7/148/38/4 人間科学類型1年生)
    • 課題研究外部発表会への参加(人間科学類型2年生)
    • 阪大‐HGLCプレゼンテーション研修(3/20 人間科学類型2年生)
  2. 講演会・特別授業関連
    • 一日大学体験講座(6/1 2年生)
      • 「保健学の中の作業療法」
        神戸大学大学院保健学研究科 四本かやの 准教授
         同研究科 博士課程後期課程  熊谷諒子 氏(本校27回生)
      • 「マメ科植物と根粒菌の共生機構」
        神戸大学大学院農学研究科 中屋敷均 教授
      • 「日本の産業革命とグローバリゼーション」
        兵庫県立大学国際商経学部   大澤篤 講師
      • 「きらめく結晶の仕組みと機能」
        大阪大学大学院工学研究科 燒山佑美 准教授
      • 「データサイエンスと公的統計」
        兵庫県立大学社会情報科学部 古隅弘樹 准教授
      • 「細胞を学び、細胞から学ぶ」
        大阪公立大学大学院工学研究科 横山智哉子 講師
      • 「対人コミュニケーションの心理学」
        大阪教育大学教育学部 下村陽一 特任教授
令和3年度HGLC活動内容
  1. 課題研究活動
    • 人間科学類型発表会(7/17
    • 京大‐HGLC科学者育成プログラム(人間科学類型2・3年生)
      • アドバンスト(advanced)コース(4/23・5/10・6/3・6/10・7/8)
      • エキスパート(expert)コース(7/18)
    • 京大‐HGLC科学者育成プログラム(人間科学類型1・2年生)
      • アドバンスト(advanced)コース(9/28・10/19・11/11・12/14・1/20・2/3・2/28)
      • エキスパート(expert)コース(3/19)
    • 県大‐HGLC地域デザイン実習(8/58/6 人間科学類型1年生)
    • 地域創生研修(豊岡フィールドワーク)(12/1612/17 人間科学類型1年生)
    • 課題研究外部発表会への参加(人間科学類型2年生)
      • 高大連携合同課題研究発表会at京都大学(11/3
      • 関西学院大学リサーチフェア(11/19 オンライン)
      • 関西学院大学Sci-Tech Research Forum(11/20 オンライン)
      • 甲南大学リサーチフェスタ(12/19 オンライン)
      • サイエンスフェアin 兵庫(1/30 資料発表)
      • ひとはく共生のひろば(2/11 オンライン)
      • SDGs探究発表会(2/11 オンライン)
      • 三田学生サミット(2/13 オンライン)
    • 阪大‐HGLCプレゼンテーション研修(3/20 人間科学類型2年生)
  2. 講演会・特別授業関連
    • 一日大学体験講座(6/2 2年探索)
      • 「保健学の中の作業療法」
        神戸大学大学院保健学研究科 四本かやの准教授
         同研究科 博士課程後期課程 櫻井友実氏(本校25回生)
      • 「マメ科植物と根粒菌の共生機構」
        神戸大学大学院農学研究科 中屋敷均教授
      • 「日本初の株式会社の設立」
        兵庫県立大学国際商経学部 安田義郎教授
      • 「きらめく結晶の仕組みと機能」
        大阪大学大学院工学研究科 燒山佑美准教授
      • 「ビッグデータ時代と社会情報:空間情報科学の世界から」
        兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科 川向肇教授
      • 「抗体医薬:バイオテクノロジーが生み出した新しいクスリ」
        大阪市立大学大学院工学研究科 立花太郎教授
      • 「対人コミュニケーションの心理学」
        大阪教育大学教育学部 下村陽一特任教授
    • 人間科学類型特別授業  
      1年生  
      • 「放送局での仕事と働く人々」
        朝日放送テレビ㈱放送実施部 神田雅之氏(2/1
      • 「試験で実力が発揮できるようになる心理学的アプローチ」
        大阪大学大学院工学研究科 森勇介教授(2/3
      • 「経営学とは ―統計学の立場から―」
        兵庫県立大学国際商経学部 森谷義哉准教授(2/7)  
      2年生
      • 「グローバル企業と仕事」
        シスメックス㈱バイオ診断薬技術センターバイオ分析技術部部長 一口毅氏(1/27
      • 「環境共生の都市・建築計画のあり方」
        関西学院大学総合政策学部 客野尚志教授(1/28 オンライン)
      • 「遠くてとても近い国 トルコ」
        ブライトリング・ジャパン(株) ムスタファ・ギュル氏(2/18
    • キャリア講演会  
      模索講演会(1年生)  
      • 「文系学問の楽しさ・面白さ」
        兵庫県立大学国際商経学部 三崎秀央教授(5/12
      • 「理系学問の楽しさ・面白さ」
        大阪大学大学院工学研究科 森勇介教授(5/25)  
      探索講演会(2年生)
      • 「その人生誰のものですか?~こんな先輩もおるんやで~」(6/24)  (株)Makuake地方事業部長 菊池凌輔氏(24回生)
         ゴボウキカク プロデューサー/デザイナー 寺井俊裕氏(24回生)
         特定非営利活動法人e-Educationカントリーマネージャー 延岡由規氏(24回生)
令和2年度HGLC活動内容
  1. 課題研究活動
  2. 講演会・特別授業関連
平成31年(令和元年)度HGLC活動内容
  1. 課題研究活動
  2. 講演会・特別授業関連
    • 一日大学体験講座(6/12 2年生)
      • 兵庫県立大学国際商経学部 安田義郎教授
         「会社って何だろう?-社会との関わりを見てみよう-」
      • 大阪教育大学教育学部 下村陽一特任教授
         「対人コミュニケーションの心理学」
      • 京都大学大学院人間・環境学研究科 水野尚之教授
         「文学と歴史から見た遊園地」
      • 神戸大学大学院海事科学研究科 山本茂広准教授
         「機械はなぜ計算ができるか-広がる電気・電子工学の世界-」
      • 関西学院大学総合政策学部 客野尚志教授
         「環境共生の都市・建築計画のあり方」
      • 神戸大学大学院保健学研究科 四本かやの准教授
         「保健学 ~健康と病気のあいだ」
      • 大阪市立大学大学院工学研究科 立花太郎教授
         「抗体医薬:バイオテクノロジーが生み出した新しいクスリ」
      • 神戸大学大学院農学研究科 中屋敷均教授
         「マメ科植物と根粒菌の共生機構」
    • 大学訪問・キャリア研修(2年生・人間科学類型1年生)
      • 大阪大学(8/1)
      • 大阪教育大学(8/6)
      • 岡山大学(8/11)
      • 企業訪問 理化学研究所「京」・宇宙開発協同組合SOHLA (8/2)
    • インスパイア講演会(11/14)
      • 「地球と人類の未来のために 計算科学からの挑戦」
        理化学研究所計算科学研究センター
      • 「数理で考える渋滞の起こしかた」
        離散事象シミュレーション研究チーム客員研究員 楳本大悟氏
      • 「コンピューターの中のもう1つの地球でタイムトラベル」
        複合系気候科学研究チーム研究員 足立幸穂氏


ページトップに戻る