交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

気象警報が発表された場合や交通途絶時の対応について

 平成27年度入試から公立高等学校全日制の普通科と総合学科における通学区域が再編されました。
 それに伴い、気象警報 ( 以下 「 警報 」 という ) の発表および交通が途絶された場合の処置についての対応を改訂いたしました。 ( 平成27年4月1日より )


 1.気象警報が発表された場合の対応について

( 1 )午前7時現在、 高砂市または加古川市に大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪等の警報 ( 波浪、高潮警報は除く ) が発表されている場合は、自宅待機し、午前10時までに警報が解除されない場合は、臨時休校とする。

( 2 ) 高砂市または加古川市の警報が午前10時までに解除された場合は、安全に配慮して登校する。 5校時より授業を開始する。
SHR 13:00〜    5校時 13:15〜

( 3 ) 高砂市及び加古川市に在住している生徒については、上記 ( 1 ) 、( 2 ) を適用する。

( 4 ) 姫路市、明石市、稲美町、播磨町、西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町に在住している生徒については、上記 ( 1 ) 、( 2 ) を適用するとともに、次のとおりとする。
午前7時現在、高砂市または加古川市に警報が発表されずに、在住している市町村に警報 ( 大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪等の警報 ) が発表されている場合は自宅待機とする。
午前10時までに警報が解除されない場合は、その日は自宅待機とし、出席扱いとする。
また、午前10時までに警報が解除された場合は、安全に配慮してすみやかに登校する。

 2.ストライキや事故・天候異変により交通が途絶している場合の対応について

 ※上記 1 の警報が発表されていない場合

( 1 ) 山陽電車が午前7時現在、ストライキや事故・天候異変等により運転をしていない場合、始業時間を1時間繰り下げ短縮授業を行う。

( 2 ) 山陽電車以外の交通機関 ( JRやバス等 ) が運転していない場合は、通常の授業を行う。

( 3 ) 公共交通機関が途絶しているために登校できない生徒は、出席扱い ( 公欠 ) とする。

 3.注意事項

( 1 ) 午前7時およびそれ以降ニュースを注意すること。

( 2 ) 警報発表中は自宅で待機し、決して出歩かないこと。