交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

学校感染症と医師により診断された場合は、出席停止になります。
登校する時に、必ず学校感染症罹患届(下欄) を学校に提出するようにお願いします。


 学校感染症の種類


病 名潜伏期感染経路主な症状
 インフルエンザ 1〜2日 飛沫 高熱、頭痛、咽頭痛、関節痛、全身倦怠感
 百日咳 6〜15日 飛沫 独特な咳、くしゃみ、微熱
 麻疹(はしか) 10〜12日 飛沫 高熱、発疹、コプリック斑 ※1
 流行性耳下腺炎
 (おたふくかぜ)
 14〜24日 飛沫 耳下腺の腫れ、頭痛、微熱
 風疹
 (三日はしか)
 14〜21日 飛沫 発疹、リンパ節の腫れ、微熱
 水痘
 (水ぼうそう)
 11〜20日 飛沫
 接触
 発疹(水を含む)※2、水疱
 咽頭結膜熱
 (プール熱)
 5〜6日 飛沫
 接触
 咽頭痛、結膜炎、発熱、頭痛
 結核 症状の出現は
 一様でない
 飛沫 微熱、続く咳
 腸管出血性大腸菌感染症  4〜8日 経口 下痢、腹痛、血便
 流行性角結膜炎
 (流行り目)
 1週間以上 接触 結膜炎、まぶたの晴れ
 急性出血性結膜炎
 (アポロ病)
 24〜36時間 接触 結膜炎、まぶたの腫れ、結膜下出血
 ※1 コプリック斑 ・・・口の中の粘膜に白い斑点状の発疹が出ること
 ※2 発疹の内容物が直接つくと感染する。
 <感染経路>
飛沫感染 ・・・ 咳やくしゃみ等を介して感染
接触感染 ・・・ 手指、タオル、プールなどを介して感染
経口感染 ・・・ 飲食物の摂取や手指・器物が口に触れることにより感染
 学校感染症の詳しい一覧は こちら(H26.9.9 版) [PDF:209KB]から


 学校感染症罹患届について

 インフルエンザ等の学校感染症に感染した場合は、治癒して登校する際に必ず学校感染症罹患届または医師の診断書(出席停止期間が明記されているもの )を担任に提出してください。

   学校感染症罹患届[PDF]  学校感染症罹患届[WORD]