学校案内


 

ようこそ、兵庫県立篠山東雲高等学校のホームページへお越しいただきました。感謝申しあげます。

本校は、兵庫県立篠山産業高等学校東雲校から兵庫県立篠山東雲高等学校として独立し、この平成29年度で7年目を迎えることとなりました。その間、地元篠山市からのご支援と、学校所在地である福住地区の方々からの様々なご協力を頂戴しながら、生徒たちの生き生きとした活動につながり、その結果、各種コンテストにおいて名誉ある賞を頂戴し、全国にその名をとどろかせる状況となっています。

昨年は、最近の篠山東雲高校の研究活動の中心となっている放置竹林の整備活動と伐採竹の再生利用の研究発表で、日本学校農業クラブ全国大会大阪大会のプロジェクト発表分野Ⅱ類において、最優秀となる文部科学大臣賞を頂戴しました。このことは本校だけでなく、兵庫県の農業教育においても名誉なことであり、その後、各方面からの学校視察や研究協力のお話を次々といただき、その研究活動は益々広がりを見せているところとなっています。

「地域と連携し地域と共に歩む開かれた学校」

 

 本校は、「農業教育の特質を活かし、地域に貢献できる心豊かな人材の育成」をミッションとした幅広い教育活動を展開しています。本校の建学の精神である『愛郷・愛農の志』を基幹とした、「関わるすべての人や自然・動植物を愛する心を育てる教育の推進」が実践されている学校です。

また、「地域に学び地域に還す」教育の実践があります。地元企業や地域と連携した現場実習や就労体験に始まり、地域と共に開催する『福住祭』、さらには地元福住街作り協議会との「福の里農業小学校」等の数々の地元地域と共に展開する教育活動は、まさしく「地域と連携し地域と共に歩む開かれた学校」であります。

「農業を学び、農業で教える」

 このように、生徒たちは農業を学びながら、農業を通した『農業で教える』数多くの体験活動を通して、地域や関係機関の皆さんとのふれあいの中で着実にコミュニケーション力を身につけ、社会で生きていく自立した人間へと成長しています。

「伸び率No.1の学校」


 しかし、生徒たちの中には、思うような中学生時代を築けなかった者や、時として自分勝手な振る舞いがあったり、逆に自分の殻に閉じこもりがちな生徒もいます。

 このような生徒にあっても、東雲高校での豊富な体験を中心とする学びと、少人数を活かしたきめ細やかな指導や、地域の方々とのふれあいの中で、生徒たちは実にたくさんのことを学び、たくましくなり、自分の言葉で自分の意見を堂々と話し、その場に応じた適切な行動がとれるようになっています。

 このような教育活動を通して、本校のキャッチフレーズである、『生徒の伸び率No.1』の学校の実践が見られます。

 今後もこの特色ある篠山東雲高校の教育活動をますます高め、生徒一人一人の自己実現と地域の期待を担う教育を推進していきます。

 

さあ、中学生のみなさん、兵庫県立篠山東雲高等学校で「自分磨き」をしませんか。そして、地域の皆さん、本校の教育活動への引き続きのご協力とご支援をお願いいたします。


  平成29年4月1日        兵庫県立篠山東雲高等学校  校長 奥田 格  

 

<校 章>


 「東雲(=夜明け)」の日が昇る様子で本校の明るい将来を示唆するとともに、篠山を意味する笹の葉を3方に放射線状にあしらい、地域における本校の社会貢献の広がりを表しています。また丹波の霧や雲海を連想させる波形の曲線は、同時に多紀連山の稜線をも表現しています。
<作成者:篠山市在住 垣内氏>
 

<校 訓>

 本校は、様々な体験を通じてものごとの道理などをよく知ることを養い育てる教育活動を目指すと共に、その過程において、愛郷心を育み、郷土を大切にする心を育みながら、これらの実践教育を通じて、地域を担う人材を育成することを教育理念としています。

 

<校 歌>


 豊かな大自然に恵まれた環境の中で、地域と一体になって、いのちを育む教育を実践されている篠山東雲高校の伝統を生かして、新しい時代のテーマ「環境を護り、いのちを育てる」教育のあり方を探求し、実践してほしいという願いをこめて綴りました。
<作詞者:篠山在住 上田氏>

 

<沿 革>

 

 

<カリキュラム>

 ・平成29年度実施カリキュラム

 

<類 型>

 本校では2年次より"5つの類型"に分かれ、それぞれの専門分野を学習します。

 ・作物機械類型

 ・野菜園芸類型

 ・生物利用類型

 ・ふるさと特産類型

 ・フードプロジェクト類型

 

<農場当番>

 放課後、土日祝日、長期休業中にも「総合実習」(別名:農場当番、農当)という授業があります。当番制で作物や畜産の管理にあたっています。

 

<生徒数>

 

 

<生徒会>

 生徒会は、生徒の皆さんが快適で楽しい学校生活を送るために日々活動をしています。5月には新入生歓迎行事、6月には体育祭、11月には福住祭の運営を行います。また年間3回の球技大会も毎年盛り上がっています。
 役員は様々な委員長となり、クラス委員を引っ張り、学校の規則遵守や生活態度を向上させるとともに、必要があれば、その見直し等も行います。 他の生徒の模範となれるよう、役員一同精力的に取り組んでいます。
 

<農業クラブ>

 農業クラブとは、農業科や総合学科をもつ高等学校に 属する生徒の団体のことで、農業高校に入学した時点で自動的に入部することになります。農業クラブの目標は社会性、指導性、科学性を身に着けながら、様々な農業に関する知識、技術を磨くことです。
 農業鑑定競技や意見発表競技、プロジェクト発表競技などの大会があり、県大会を勝ち抜くと近畿大会、全国大会とつながります。今年度は地域の方々に活動を知っていただくために、篠山口駅前で花苗の無料販売も計画しています。
 

<部活動・同好会>

・陸上部 ・卓球部 ・バレーボール部
・園芸部 ・自然科学部 ・家庭部
・茶華道部 ・軽音楽同好会
 

<しののめお助け隊>

 本校では『しののめお助け隊』として、様々なボランティア活動を行っています。
 

 


大きな地図で見る  
 名称  兵庫県立篠山東雲高等学校
 TEL  079-557-0039
 FAX  079-557-1888
 住所  〒669-2513
 兵庫県篠山市福住1260