校長挨拶




 学校長 
掛井 政之 Masayuki Kakei
 本校HPを閲覧して頂きありがとうございます。本校は、昭和44年川西市で初めての高校として開校、今年創立50周年を迎えます。校訓「真理、創造、友情、誠実」のもと教職員とともにあらゆる指導において最大限の努力をいたします。
 本校は、創立時より「自由の中にも自主的な規律」を生徒に求めて参りました。教師からの指示を待つのでなく、「今、何をすべきか」を考え、行動する生徒を育み、社会に輩出して参りました。卒業生約17000名の方々は社会の各分野で活躍されています。高校にとって大学受験は大きな存在ですが、それよりも生徒各自が30年後、50年後の自分をイメージし、将来をしっかりと見据えることが大切です。そのためには、夢を持つことが大切で、生徒一人一人が自分の夢を語れるよう育むことが本校の教育の大きな目標です。夢を語れる生徒は輝き、自己肯定感を持てるようになります。そのために、同窓会の協力を得て夢を実現させた、またこれからさせようとしている卒業生の方を講師として一昨年より、キャリア講演会である「みどりの架け橋講演会」を実施しました。卒業生の方に学生時代に抱いた夢や、今抱いている夢について先輩から後輩である生徒へ語りエールを送っていただきました。小さいかもしれませんが生徒に夢の芽を植え、生徒が水や肥料を世話することで、大きな夢へと育つことを期待しております。
 昨年度「総合的な学習の時間」において、国際交流相手高の西豪州の高校生に「日本・地域の文化紹介」を英語で伝えることに取り組みました。生徒達は夏季休業を利用し、数人のグループで内容を相談し、観光地や施設等を訪問しました。「能勢人形浄瑠璃」を取り上げたグループでは貸していただいた本物の人形を使いながら発表してくれました。生徒達のアイデアに驚かされました。これからも生徒達の主体的な学びを支え、個々の可能性を発見、成長させる教育活動を展開して参ります。
 特色教育では昨年度より「総合理数コース」を設置しました。コースを核にして学校全体が従来にも増して特色である「科学を通して社会を知る」ことに取り組んでいけるように進めて参ります。
 保護者の皆様による学校評価から、本校が取り組むべき課題について、喫緊の課題とじっくり腰を据えての課題の両方について真摯に対応して参ります。
 今後とも、本校へのご支援を切にお願いいたします。

Copyright (C) 1997-2008 Hyogo Prefectural KAWANISHI MIDORIDAI Senior High School All Rights Reserved.
design by. (C) WebDaisuki.com