本文へスキップ


TEL.
079−325-0165

〒672-0102 兵庫県姫路市家島町宮1759‐1


              

                  

学校長挨拶

 

CEO
        学校長挨拶  

兵庫県立家島高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。校長の阪田幸次でございます。2年目になります、どうぞよろしくお願いいたします。本校は兵庫県姫路港から南西約18kmの沖合、東に淡路島、西に小豆島を望む、大小40余りの島々からなる家島諸島の中心、家島本島にあります。 昭和27年4月、本校の前身である兵庫県立姫路東高等学校家島分校(定時制過程)が創立され、昭和59年4月、地元の熱望が叶い、兵庫県立家島高等学校として独立いたしました。初代校長太田久雄先生、音楽教諭粉河伸行先生の手によって、新たな校訓「自律・敬愛・創造」を歌詞にとりいれた、素晴らしい校歌もできあがりました。創立より3,600名余りの卒業生を輩出し、平成25年11月には創立60周年、独立30周年の記念事業が挙行されました。 家島分校時代の昭和45年には、本校重量挙げ部が、佐野 隆先生の指導のもと、創部わずか3年で全国高校総体団体優勝という偉業を達成し、「小さな島から大きな力」と、家島の名を全国に轟かせました。その伝統は現在も受け繋がれ、平成27年度は、関谷志奈(現日体大2年)が、全国高校女子大会2位、平成28年度は、木下恵汰(現3年)が全国高校選抜大会3位の活躍を見せてくれました。  家島は、地場産業の1つである採石業の需要が減り、海運業も大きな打撃を受け、島の人口も激減しております。本校もその影響を受け、県下の高等学校では最小の学年1クラスの定員となり、現在は約7割の生徒が姫路市本土から船で通学しており、地元家島・坊勢中学校卒業生のみが在籍し、1学年3クラスもあった時代からは考えられないことです。しかし、地域からの本校への期待は大きく、様々な地域行事には本校生がなくてはならない存在となっています。 教育活動においては、平成23年度より、海に囲まれた地理的環境を生かした類型を設け、2月の特色選抜では、県下全域から定員の50%を募集しています。今年度入学生からは、4年生大学への進学も視野にいれた教育課程も展開し、生徒一人一人のニーズに応じたきめ細かな指導を行っています。 本校の様子は、「家高だより」の配布やホームページ等により、逐一お知らせしますので、どうぞご覧ください。そして、ご意見をいただけたらと思います。  母校の校長として、すべては生徒のために、「安全で安心して通える学校づくり」を目指し、教職員一同『チーム家高』で頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。

平成29年4月1日           兵庫県立家島高等学校 校長 阪田 幸次

校訓

自律・敬愛・創造

校訓「自律・敬愛・創造」のもと、地域に生きる次代の担い手としての自覚と責任を持ち、自らが主体的に判断し行動できる、こころ豊かな人づくりを行います。

歴史・沿革

■昭和27年4月22日  兵庫県立姫路東高等学校家島分校 定時制課程普通科1学級として閉校
■昭和37年4月1日   全日制課程普通科に移行
■昭和53年4月1日   普通科1学級増設
■昭和59年4月1日   兵庫県立家島高等学校として独立
■平成5年11月13日  独立10周年・創立40周年記念式典挙行
■平成16年1月30日  独立20周年・創立50周年記念校歌碑受納
■平成18年4月1日   入学生徒定員が40名となる
■平成25年11月16日 独立30周年・60周年記念式典挙行


学校評価

平成28年度学校評価
平成27年度学校評価
平成26年度学校評価
平成25年度学校評価
平成24年度学校評価

兵庫県立家島高等学校

〒672-0102
兵庫県姫路市家島町宮1759‐1

TEL 079−325-0165
FAX 079−325-1188