交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

 2018年9月27日「進路実現に向けて」

 27日(木)7限LHRの時間にベネッセコーポレーションの山根さんに、「進路実現に
向けて」と題して2学年の生徒に体育館で進路講演をしていただきました。
 山根さんはベネッセコーポレーションにおいて県下の公立高校の先生と模試の結果
の分析を主にされているそうです。
 講演では@進路を考えるために大切なこと、A今日からできることの2点について
お話していただきました。
 2学年(38回生)の生徒は熱心にメモを取っていました。生徒のみならず、職員に
とっても役にたつ有意義な進路講演会でした。
基礎、基本が大切 受験勉強の開始時期と合格率
復習するタイミング 授業を効果的にするには
模試の効果 成績を上げるには


 2018年10月1日 「高砂市の広報誌で活躍する高南生」

 
    高砂市の広報『たかさご』10月号の13ページ(人権通信あけぼの第169号)に
 文化祭の様子が『結笑 〜最高の笑顔と輝きを〜』と題されて、載せられました。
 ぜひご覧ください。
  上の画像をクリックすると、大きな画像で表示されます。

 2018年9月26日 ひまわり園訪問

 9月26日(水)の放課後、ボランティア部と1年から3年の有志でひまわり園を訪問しました。「赤とんぼ」,「虫の声」を歌った後、「幸せなら手をたたこう」の歌に合わせて隣の人の肩をたたいたりしました。
 その後は恒例の風船バレーを行いました。車椅子から身を乗り出して風船を打つ人もいて、休憩を挟んで楽しく遊びました。最後に「ふるさと」を歌い、1ヵ月後の再会を約束してお別れしました。

 2018年9月19日 体育大会予行前日です

 明日は体育大会予行、明後日は第39回体育大会が実施される予定です。
今日は6時間目より、各教室やグランドで体育大会の準備をしました。
明日以降は雨が降る可能性がありますので、Webページや携帯連絡網
等の学校から出される情報に在校生や保護者の方は留意してください。
学級旗制作に取り組む1年生(39回生)

グランドではクラスの委員や先生方が準備中


 2018年9月14日 体育大会一週間前です

 来週の金曜日9月21日に第39回体育大会が実施されます。
LHRでは、体育大会に向けて練習に取り組んでいます。
1・2年生がクラス対抗の大縄跳びの練習を頑張りました。
 1年生(39回生)
   
2年生(38回生) 


 2018年9月12日 体育大会10日前です

 来週の金曜日9月21日に第39回体育大会が実施されます。
体育の授業では、体育大会に向けて練習に取り組んでいます。
写真は2年生(38回生)のリレー練習の様子と
1年生(39回生)の大縄跳びの練習の様子です。
2年生が各自が走るリレーの距離を軽く(かなり真剣に)走りました
大縄跳びは全クラスで実施です


 2018年8月31日 「稲美町の広報誌で活躍する高南生」

    掲載が大変遅くなりましたが、
  高砂南高校書道部が稲美町の
  広報誌「いなみ」の表紙を
  飾っています。

  ぜひご覧ください。 

  左の画像をクリックすると
  大きな画像で表示されます。

 2018年8月30日 「高砂市の広報誌で活躍する高南生」


 高砂市の『社協だより』9月号に善意銀行
へ第38回文化祭のチャリティうちわ・バザー
の収益金63,745円を生徒会が代表して納めに
行った様子が載せられました。

 
 また、高砂市の広報『たかさご』の
マイタウン7・8月のスナップのページに
書道部の門野さんの総合文化祭へ出場の報告に
訪れた様子が載せられました。
 
 高砂市が9月に発行する広報誌2誌で
高南生の取り組みや頑張りが取り上げられました。

 
 

 2018年8月17日 カネカ夏祭り 吹奏楽演奏

  平成30年8月17日(金)17:40〜18:05
  場所 カネカのグラウンド
 カネカ夏祭りに吹奏楽部1・2年生30名が招待され、演奏を披露しました。
 歌って踊って皆さんに盛り上がって頂きました。
 校長先生をはじめ、多くの職員が応援に駆けつけました。
吹奏楽部全員でピース!!


 2018年7月23日〜8月30日 夏期補習

 7月23日より夏休みの補習が始まりました。前期は7/23〜7/31(土日は除く)の7日間、後期は8/20〜8/30(土日は除く)の8日間です。

 1年生は前期のみで、時程は1限〜4限です。補習の科目は国語、英語、数学です。
 2年生は前期のみで、時程は1限〜4限です。補習の科目は古典、英語、数学、生物です。
 3年生は前期・後期とあり、時程は0限〜7限です。3年生は「受験対策」として現代文・古文・数学・英語・日本史・世界史・現代社会・物理・化学・生物の科目が開講されています。

 1年生から3年生まで多くの生徒が受講しています。特に3年生は受験が控えていますので、この夏休みの補習で、ぜひ力をつけてほしいものです。
1年生が数学を勉強中 2年生は英語に取り組んでいます
3年生が黙々と問題に取り組んでいます 図書室でも自習しています


 2018年7月20日 心肺蘇生・AED研修

 全教員を2グループに分けて13時〜13時40分と13時40分〜14時20分で図書室で実施しました。当日は高砂市消防から3名の方に来ていただき、指導してもらいました。高砂市の消防は全国平均の8分より早く平均6分30秒で現場に到着しますが、居合わせた人が救命処置をした場合と何もしなかった場合とでは命が助かる可能性が違うので、ぜひ心肺蘇生とAEDの使用方法を覚えてくださいと言われました。全教員が参加して万が一に備えて真剣に取り組みました。


 2018年7月20日 「37回生集合写真撮影」

;
 7月20日(金)終業式とLHR終了後、37回生(3年生)が
中庭において卒業アルバム用の集合写真を撮りました。
 前田校長先生の言われたように
『夏を制するものは受験を制する』です。3年生は進学だけでなく

就職する生徒にとっても大切な夏休みです。充実した夏休みを
過ごしましょう。

 2018年7月20日 「東北ボランティア出発」

 7月20日(金)本校を代表して東北ボランティアに参加する生徒達が、
校長先生の激励の後、多くの職員、生徒の見送られて午後4時に出発しました。

 2017年7月17日 スポーツ障害予防講演会、運動部講習会

  4時間目、1・2年生の生徒と保護者と職員を対象にスポーツ障害予防講演会を実施しました。県立加古川医療センターのリハビリテーション科部長・整形外科医(元サッカー日本代表チームドクター)の柳田 博美先生が「筋疲労の病態とセルフケアの方法」と題して、筋肉痛の診断、消炎処置、ストレッチ、筋力強化などの内容をお話していただきました。
 引き続いて放課後の午後1時から5時まで図書室において柳田 博美先生と理学療法士の先生2名とで、「アスリートにおける運動器のセルフケア〜アイシング技術と基本的なストレッチの方法〜」の実技指導をしていただきました。高南の運動部全員が受講するために、40分×6回で実施しました。ありがとうございました。     


 2018年7月12日 「ナースの訪問授業」

 7月12日(木)の午後に「ナースの訪問授業」を行いました。
高砂市民病院看護師の油本詩永里先生にお越し頂き、看護師をめざしている生徒、「ふれあい看護体験」に参加する生徒合わせて26名が受講しました。
 看護師資格取得の道や総合病院内での部署・役割、また看護師としての心構えなどをお話し頂いた後、聴診器を用いて聴音のミニ実習を行いました。

看護師を志望するに至った理由や印象に残る患者さんについてなど、現場の方のお話しを直接伺うことができました。また、専門看護師資格取得についてなど理解を深めることができました。


 2018年7月11日 「保護者向け1年生類型選択説明会」

 7月11日(水)高砂市文化福祉センターにおいて、138名の一年生の保護者に来ていただいて来年度の教育課程と類型(文系・理系)の保護者向け説明会を実施しました。
 はじめに、「親子で考える進路選択」と題してベネッセコーポレーションの山根さんに講演をしていただきました。
将来の進路について現在の高1の生活が一番大切だと言われていました。
 続いて具体的な教育課程については本校教諭の中村が説明をしました。参加していただいた保護者のみなさまありがとうございました。

 2018年7月10日 「1年生類型選択説明会」

   1時間目に体育館において1年生全員を対象にして2年次での類型説明会を開きました。1年生から、2年生に進級する際には文系、理系に分かれること、文系の中でも国公立大学を目指す場合は数学Bを選択すること、文系の歴史選択は日本史B・世界史Aの組み合わせと日本史A・世界史Bの組み合わせのいずれかを選択すること、特色選抜入試で合格した生徒の選択科目の取り方は注意することなど、細かく丁寧な説明がありました。11日(水)に保護者向けの説明会を高砂文化福祉センターで開催します。

 2018年7月3日 「PTA大学見学会」

総勢32名の参加でPTA大学見学会を実施しました。
午前中:神戸学院大学(昼食含む) 午後:甲南大学 を見学しました。
台風の影響が心配されましたが、保護者の方々の熱い思いが通じて
雨は降らずにすみました。
2大学を巡り説明を受けるとともに大学内の見学や飲食を通して、
大学の風を肌で感じました。
神戸学院大学・甲南大学のみなさんありがとうございました。

 2018年6月25日 「1年生進路講演会」

   本年度からスタートした甲南大学法学部協定校の制度のもと、1年生全員を対象に第1回の出張講義を実施しました。法学部の桑岡和久教授により、「法学部での学びと大学卒業後の進路」について、さらには、「相続法」というテーマで法律が私たちの生活にどのように役立っているのかを具体的な例をあげて講演いただきました。講演の後のアンケートでは、法律や法学部への関心がより高まったという生徒の感想が多く見られました。

 2018年6月22日 「校長室で夢を語って自己実現!!」

4人の男子生徒が「校長室で夢を語る会」に参加して、夢を語ってくれました。
   4人の3年生の生徒が昼休みに校長室を訪れました。
  高南元気アッププロジェクトの一環として「校長室で夢を語って自己実現!!」と題して
  3年生を対象に、昼休みや放課後の時間を利用して前田校長先生が、
  校長室で夢を語る会を開かれます。どしどし応募しましょう。
  詳しい内容はこちらへ、申込用紙はこちらです。
申込は校長室前の
箱に入れてください。

 2018年6月20日 家庭科部の生徒が前田校長先生にマドレーヌを持ってきました

   家庭科部の2年3組の北野さんが校長室を訪れました。家庭科部では本日、調理実習で
 マドレーヌを作りました。家庭科部を代表して、前田校長先生にマドレーヌを持ってきて、
 試食していただきました。
  前田校長先生は、北野さんの入室マナーと気持ちの良い挨拶に感心されたそうです。
 もちろん、マドレーヌの出来栄えもすばらしく、美味しくいただかれたそうです。
   「校長先生、どうぞ召し上がってください。」

 2018年6月20日 ひまわり園訪問 

 6月20日(水)の放課後にひまわり園を1年ぶりに訪問しました。今回はボランティア部と事前に募った有志合わせて35名という大人数の参加でした。「雨ふり」、「海」、「七夕」を歌った後、「もしもし亀よ」の歌に合わせて手遊びをし、明るくうち解けたところで「幸せなら手をたたこう」を歌いながらお互いの肩をたたいたりして遊びました。
 その後、風船バレーを途中休憩を入れて2回行いました。最後に「ふるさと」を歌い、9月の再会を約束してお別れしました。

 2018年6月13日 2年7組の生徒が前田校長先生に前売り券販売

   2年7組の生徒が担任の吉田先生と校長室を訪れました。2年7組は文化祭に
 ポップコーンの模擬店をすることになっています。16日にはいろんな味(13種類)の
 ポップコーンを作り、販売します。
  前田校長先生に、ぜひ買っていただきおいしいポップコーンを食べていただきたいと
 校長室を訪れました。前田校長先生には、快く買っていただきました。
  前田校長先生は、せっかく校長室に来たので、挨拶や受け答えの仕方について
 友人に話すとき、目上に話すとき、目下に話すとき、気をつけたいと思いますと
 お話されました。
左端が前田校長先生、右端が吉田先生、中の3人は2年7組の生徒

 2018年6月11日 茶華道部による展示その3

 茶華道部の生け花の展示がかわりました。
上の左の写真は玄関入口です。右の写真は職員室前廊下で展示しています。
 下の写真は玄関生徒昇降口前の階段に置かれているプランタの花です。
プランタの花は毎朝早くから水やり等の世話を校務員の方がされており、
いつも季節折々の花が置かれています。

 2018年6月5〜8日 模擬店前売り券販売

 
  昼休みの時間に文化祭で2学年が開く模擬店の前売り券販売がありました。
2−1 プルコギバーガー、200円    2−2 ホットック、200円
2−3 たこ焼き、150円          2−4 ベビーカステラ、150円
2−5 S’more、200円  チヂミwrap、200円
2−6 ホットサンド、200円 パフェ、150円  2−7 ポップコーン、150円
本校生徒以外には「当日券」として、全店舗共通の「50円券」を販売します。(ただし、一人500円までとさせていただきます)各店舗とも当日の来客者用にも材料を確保していますが、材料がなくなり次第店舗は閉店してしまいます。人気のある店舗にはお早めにご来店ください。
  
  

 2018年6月4日 進路講演会〜文理選択〜

 7時間目に39回生(1年生)が体育館においてJSコーポレーション関西支社主任の
瀧 雄大氏を講師にお迎えして、進路講演会を開きました。
 今回は文理選択についての説明会で7月の分野別説明会のもととなり、更に3年時の
進路実現に向けての第一歩となるものです。 
      
 
 
 
 
  
  

 2018年6月1日 文化祭に向けて

 美術部は物理教室で
「しおり」づくり
2年5組はチヂミwrapを
模擬店で販売 
写真部は社会科教室で
撮影会 
    階段や廊下の壁面に文化祭の案内のポスターが貼られるようになってきました。
 文化祭(6月15日・16日)まで、2週間です。文化部やクラス、生徒会も本格的に
 準備や練習を始めています。
 茶華道部は会議室でお茶席 吹奏楽部は体育館で16日午後から

 2018年5月29日 第38回文化祭幕間出演者オーディション

 放課後、会議室において文化祭幕間出演希望者の審査オーディションを
実施しました。幕間出場者オーディションには12グループが参加しました。
ネタの完成度や文化祭にふさわしい内容かなどを審査したところ、全体的に
ネタの完成度が高かった。本番、うまくいくよう頑張ってほしいものです。
  
  

 2018年5月29日 看護の国語表現

 4時間目に看護の国語表現の授業で栄進看護医療ゼミナール 代表取締役
渡邊 えりか様を講師として「志望理由書・小論文 書き方講座」を実施しました。
看護系入試の現状をとおして志望理由や小論文対策をおさえ、学習への意欲を高め
進路実現を図ることを目的とし、「 実例をまじえて、志願書の書き方のポイントや
小論文の書き方、自己PRを書くうえでのポイントを押さえる。」ために開講しました。
  
  

 2018年5月28日 新生徒会長が前田校長先生に挨拶

   新生徒会長となる片野さんが放課後、校長室を訪れ挨拶しました。
 新しい生徒会長の抱負として「今よりひとまわりもふたまわりも良い学校を目指す」ことを
 前田校長先生に話をしました。
  校長先生は「生徒の意見を汲み上げて、生徒会から学校をひとまわりもふたまわりも
 良い学校にしていきましょう。新しいことを進めるときには逆風もあるが、それを乗り越え
 ましょう。具体的に何をするかを考えて、40周年に向けて頑張っていきましょう。」
 と話されました。
校長先生と生徒会担当の内橋先生に
抱負を語る片野さん
校長先生と笑顔で握手

 2017年5月24日 生徒会長選挙

 7時間目、生徒会長選挙が行われました。
 生徒会長選挙では応援人と立候補者の演説を、全校生徒が真剣に聞いていました。
その後、HR教室に戻って、投票しました。
 今回は立候補者が一人の為に、信任投票となりました。
開票の結果、新生徒会長が信任されました。信任率は96.3%と高く、先輩たちを
引き継ぎ、新しい生徒会を作って欲しいと思います。

応援人演説  立候補者の演説
 選挙管理委員打合せ HR教室で投票 
 

 2018年5月22日 社会奉仕活動

   テスト最終日、社会奉仕活動が行われました。社会奉仕活動では、
  グランドに集合した後、1年生1組から3組が各組3班で9つの班に
  分かれ学校から山電高砂駅までの通学路の清掃活動を行い、校外に
  出ない残りの生徒で校内清掃(草ひき)を行いました。 
  
  

 2018年5月21日 青葉繁る

    5月21日は中間考査3日目です。 24節季の「小満」です。
 「小満」とは「陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めること」だそうです。
 校内の木々も青々と繁っています。
青々と繁った楠の巨木の下で野球部が考査後の練習に励んでいます。

 2018年5月18日 茶華道部による展示その2

  茶華道部の生け花の展示がかわりました。
  上に見える絵画は、
 四回生の中嶋様より寄贈されたものです。
  また下の花台は
 第七回生卒業記念品です。
 (横の立派な展示ケースも)
  
  大きな画像をリンクしておきます。
 クリックして見てください。
  寄贈絵画
  茶華道部生け花
  第七回生卒業記念品

 2018年5月15日 茶華道部による展示

  茶華道部が玄関入口で生け花の展示をしています。
  しばらくの間、高南生に潤いと憩いを与えてくれます。
  どちらの作品も花の持つ本来の美しさを生かした季節感あふれる力作です。  

 2018年5月9日 第1回 美化委員による除草作業

 今年も美化委員による正門周辺の除草作業がおこなわれました。5月から6月にかけて
雑草が増えます。恒例となったこの作業は第1回、5月9日(水)の15時40分から20分間、
三学年にわたり各クラスの美化委員2名が参加して行われました。積極的な働きで短時間
にもかかわらず多くの雑草を処理できました。第2回は6月6日(水)に予定されています。
文化祭に向けてさらに良い状態で来校者を迎えたいものです。  

 2018年5月1日 「ネット被害防止教育講演会」

  6時間目に体育館にて、「ソーシャルサイトのリスク〜将来に不安を残さないために〜」と題して
 NIT情報技術推進ネットワーク代表の篠原 嘉一氏にサイバー講演会をしていただきました。 
 ネット被害の現状を現実のものとして感じるために、毎年新入生向けに講演していただいてましたが、今回は全校生に情報セキュリティサポーターとして、講演していただきました。
  また当日はスマホ・iフォンを持参してセキュリティを上げるように設定する方法の細かな説明も受けました。
 こんなアプリを使ってますか  個人情報を抜かれる可能性は?
 セキュリティを上げるように、設定を順番に変えていきましょう
 みなさん、こんなことはしていませんか  事故になった場合は高額な賠償金を
支払うだけでなく、就職もできなくなります
 みなさんネット被害に遭わない為に
正しい知識を持って安全な設定を!
 生徒会長よりお礼の言葉
先日お配りしたストップネット被害のpdfです。ご参照ください。 

 2018年5月1日 授業参観日

 2限から4限まで保護者向けに授業の様子を参観していただく授業参観を 実施いたしました。
多くの保護者(特に1年生の保護者)の方に来ていただき、 授業を観ていただきました。
 また、アンケートにも答えていただき、貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。  
板書を説明 机間を巡視

 2018年4月27日 「交通安全教室」

 4限目に本校グランドで1年生を対象に 「交通ルールの遵守を正しい交通マナーの実践を習慣付け、交通事故防止の徹底を図ること」を目的として、「交通安全教室」を実施しました。
内容は  @ 車の死角の危険性について 
B 速度体験・飛び出し事故実験
D 生徒代表 挨拶 
A 危険運転について
C 高砂警察の講話
E 謝辞(田中生徒指導部長)  
  交通安全教室を開いていただいた高砂市、高砂警察、はりま自動車教習所、高砂安全協会の方々のおかげで、交通安全の意識がより高まりました。  

 2018年4月26日 藤の花が咲きました。

 中庭に植えてある藤の花の咲く季節となりました。
普段は高南生の憩いの場となる中庭です。校務員の方の日々の水やりや
剪定のおかげで、今年も美しい花を咲かせてくれています。
  藤棚は高砂南校の第一回卒業生の卒業記念として贈られたものです。
    

 

 2018年4月21日 「あしなが育英会」街頭募金

 4月21日からGWにかけて、JR加古川駅前で「あしなが育英会」街頭募金を行っています。
 病気や災害などで親を亡くした子どもたちや、親が重度障害で働けない家庭の子どもたちを支える民間非営利団体です。
 今回、高砂南高校からはボランティア部,生徒会,有志が参加し、親を亡くした生徒が安心して勉学に励むことができるよう、募金への協力を呼びかけています。

 2018年4月11日 「県民だよりひょうご」配付

     高砂南高校書道部が取材を受けた
 「県民だよりひょうご」4月号が兵庫県の
 全世帯(約245万世帯)に配付されています。
  ご家庭で、「県民だよりひょうご」の表紙を
 飾る書道部をぜひご覧ください。 

  左の画像をクリックすると
 大きな画像で表示されます。

 2018年4月9日 前田校長先生が生徒会にお礼

前田校長先生が生徒会の日頃からの取組みに対して礼を言われ、生徒会と話をされました。 
「縁を大切にしましょう。」 校長先生を囲んで

 2018年3月23日 書道部が「県民だより」の写真撮影

  午後3時から高砂南高校が誇る書道部が「県民だよりひょうご」の取材を受けました。
「県民だよりひょうご」は兵庫県の広報誌で兵庫県の全世帯(約245万世帯)に配付されます。
本校中庭で書道部が作った力作「県政150周年 未来への扉を開く」(4m×5.5m)を
背景に書道部全員で笑顔で写真を撮りました。
 後日配付される「県民だよりひょうご」が楽しみです。
 

 2018年3月22日 合格体験談を聞く会


 
  3校時から4校時に、就職、進学先が決定したばかりの36回生の先輩方から、37回生に向けて
合格体験を語っていただく会を 実施しました。今春の卒業生から最新の情報を提供していただく
ことで、受験をより身近に感じ、受験生としての取組みを本格始動することを目的としました。
  当日は体育館にて9名の36回生を迎えて、37回生からの質問に答えていただきました。
36回生の先輩方は
  「朝早く起きて勉強し、夜も早めに寝る。健康管理をしっかりする。」
  「もっと早く勉強していれば良かった。明日やろうと思う明日は来ない。今日から始めよう。」
  「早めに赤本(大学別の過去入試問題集)をやって、目標との点差を知って入試に備えておこう。」
  など大変有意義な話をしてくれました。


 2018年3月22日 防災訓練

 1校時に防災訓練が行われました。防災訓練は「自然災害から自分や他の人の命を守る
のに必要な知識や行動についての理解を深め、自分で状況に応じた的確な判断をし、安全
な行動がとれるようにする」ことを目的として実施されました。
 以下を重点項目として取り組みました。
(1)地震を想定し、各自の安全を確保し、情報を理解したうえで安全な場所(グランド)へ
   避難する。(当日は雨天でグランド不良の為、体育館に避難)
(2)建物の安全確保を迅速に行い、対策を速やかに確実に伝える。
(3)人員点呼を迅速に且つ確実に行う。
(4)消防署員より講評を聞く。
 避難 人員点呼
 礒野先生より諸注意 校長講評 
 礒野先生から実際に災害が起きた場合の諸注意をお話されました。その後に
三谷校長先生より防災訓練について講評をしていただきました。
 
 最後に高砂消防署より3人の方々が来られて、講評していただきました。
  
 消防署の方より「自助」・「共助」の大切さ、「正常性バイアス」・「多数派同調バイアス」とは
どういう意味か、避難訓練の有効性について詳しく説明がありました。
 さらにスプレー缶を普通ゴミで捨てるとパッカ―車(ゴミ収集車)内で爆発して非常に危険で、
また修理等でも莫大な費用がかかるので注意してくださいと、模型で説明されました。(右の写真) 
 

 2018年3月20日 新入生対象ネット被害防止教育講演会

  合格者説明会後、体育館にて、「ソーシャルサイトのリスク〜将来に不安を残さないために〜」
と題して NIT情報技術推進ネットワーク代表の篠原 嘉一氏にサイバー講演会をしていただきました。
 情報セキュリティサポーターとして、ネット被害の現状を現実のものとして感じてもらうために、
新入生や保護者の方に講演していただきました。

  

2018年3月7日 薬物乱用防止教育講演会

  4限に体育館において、1・2年生と職員を対象として公益財団法人復光会
垂水病院 精神保健福祉士 宮田 尚美氏に「薬物・薬物依存症について」と題して
講演していただきました。説明されたスライドの一部を紹介します。

生徒たちも教職員も真剣に聴いていました。薬物乱用の恐ろしさがよくわかりました。
絶対に薬物に乗っ取られないようにします。
さらに詳しい薬物乱用防止について知りたい方は下記のページを参照ください。
薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ

 2018年3月2日 「学校奨励賞受賞」

     旺文社主催/内閣府・文部科学省・環境省後援の「第61回全国学芸サイエンスコンクール」において、学校奨励賞を受賞しました。全国学芸サイエンスコンクールでは全国から133,284点の作品が出品されました。本校が優秀な読書感想文を多数出品したことから、高校生の部で学校奨励賞(全国から24校)に選ばれました。

 2018年2月8日 「宇宙」

     事務室・職員室前の廊下に写真部の作品が展示されました。題名は「宇宙」です。2年生の部長が修学旅行で飛行機から撮った作品です。2月2日に行われたインターハイスクールカップフォトコンテスト2018で見事、入選しました。写真部は写真を修学旅行ブログや文化祭・体育大会のWEBページにも提供してくれています。

 2018年2月1日 学校保健委員会

 午後3時半から本校における健康実態や健康課題を研究協議し、学校や
家庭、地域社会が連携して積極的に健康問題に取り組み、健康づくりを
推進するため、PTA役員の方々も含めた学校保健委員会を開催しました。


 午後4時過ぎから消防署の方3名と生徒(生徒会、保健委員)も参加して、
テーマ協議:「関係機関と協働で取り組む学校セーフティプロモーション」
〜生徒会・保健委員・PTA・消防・警察合同救急シミュレーション職員研修〜について
話し合いました。


 「不審者が侵入」した場合、どんな行動をとるべきか、ブレインストーミング法で意見を
出し合いました。この意見を来年度の研修に活かして行く予定です。

 2018年2月1日 「心肺蘇生法の実習」

 1年生の保健の授業で心肺蘇生法の実習を行いました。
今年は、3年生の江藤琴葉さんが講師を務めてくれました。
江藤さんは「応急手当普及員」として認定されています。
1年生も先輩が先生という状況に真剣に取り組んでいました。

     

 2018年1月14日 第32回ふれあい広場参加

 高砂地区青少年健全育成協議会主催第31回ふれあい広場(とんど)が高砂小学校校庭で開催されました。高砂小学校鼓笛隊、高砂中学校吹奏楽部の演奏の後、小学6年生による点火で勢いよく炎が舞い上がりました。 

 参加したボランティア部は、女子が豚汁の調理と配布、男子がニュースポーツの受け付けや指導補助を行いました。

 2017年12月12日 「第2回ビブリオバトル」

  12月12日(火)13:30〜14:30まで図書室において
8名の生徒によるビブリオバトル(昨年に続いて2回目)が行われました。
今回も公式ルールではなくローカル・ルールで実施しました。
 ビブリオバトルルール(ローカル・ルール)
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人3分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを1分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を
   参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.
 今回8人の生徒がビブリオバトルに参加しました。
紹介された本は「流星の絆」、「ぐりとぐら」、「空の境界」、「三国志」、「ラリルレ論」
「心が叫びたがってるんだ」、「another」、「ロミオとシンデレラ」の8冊です。
その中で「ラリルレ論」が『チャンプ本』に選ばれました。  

     

 2017年11月21日 「ふれあい保育」

3年生の「発達と保育」の授業で、高砂こども園で「ふれあい保育」を実施しました。 
 生徒のコメントです。「たこ作りはとても時間がかかり、大変でしたが、子ども達が
 笑顔でとても元気に走り回っている姿を見て、頑張ってよかったなと思いました。」
 「最後には、子ども達から落ち葉の入ったしおりをプレゼントしてもらい、私たちに
 とっても思い出深いふれあいになりました。」

     

 2017年11月16日 「美味しい料理が出来ました!」

 食文化の調理実習を続けてきて、4月より早く作れるようになりました。
 おさいふに優しいメニューなのに、しっかりとお腹がいっぱいになります。
 いつもお世話になっている3年生の先生方にも「美味しい!」と言って食べて
 いただき、とてもやりがいを感じました。

     

 2017年11月17日 「税についての作品」表彰式

  但陽信用金庫本店で平成29年度「税についての作品」表彰式が行われました。これは、国税庁が全国納税貯蓄組合連合会との共催で開催されたもので将来を担う学生が、税に関することをテーマにして作文を書くことを通じて、税について関心を持ち、税について正しい理解を深めてもらうことを目的として開催しています。
 (加古川税務暑管内租税教育推進協議会長賞) (兵庫県東播磨県民局長賞)
  本校から2名の生徒が受賞しました。受賞した生徒の皆さんおめでとうございます。

     

 2017年11月12日 「第27回みんなの社協フェア」ボランティア

 
    平成29年11月12日(日)
 高砂市文化会館・高砂市文化保健センターにおいて
 「第27回みんなの社協フェア」〜共に生きる地域づくりをめざして〜が開かれました。
   
    林家木久扇氏の講演会、障がいや防災に関する体験コーナーや模擬店などが出て
賑わいました。
 高南生は災害時非常食の配布や昔の懐かしい遊び体験教室のお手伝いをしました。
  

     

 2017年11月2日 「クリアファイルができました」

   クリアファイルが完成しました。
 高砂南高校では、毎年クリアファイルを
 作製し、オープンハイスクール参加者に
 プレゼントしています。
 今年も本校生が図案を作製した
 かわいいクリアファイルが
 出来上がっています。
 在校生にも配付の予定です。
  
   クリアファイルは表と裏に印刷してあるので、紙を挟むと見え方が変わります。

     

 2017年10月30日 「第1学年 教育相談講演」

 
       神戸学院大学 講師 難波 愛 氏
    「さわやかな自己表現を目指して 〜アサーションワークシップ〜」
   自分と相手を大切にする表現技法についてワークシップを取り入れながら
   講演をしていただきました。
  
    さわやかな自己表現のタイプ「自分もOK。相手もOK。」に近づくには・・・
   人の話をよく聴けるようになるためのコツ −5つの原則− 
 1 相手の話に関心を持つ
  (どんな話かな・・・と思いながら聴いていく。)
 2 相手の話を分かろうと思いながら聴く
  (相づち、うなずき(はい、へー、うん)ながら話を遮らずに聴く。)
 3 分からない点は質問する
  (開かれた質問で)*開かれた質問:「どんな」「どうやって」「どのくらい」
  など、Yes,Noでは答えられない質問のこと。
 4 分かった所を相手に伝え、それでよいかどうか確かめながら聴く
  (〜なんやね。〜ということですね。)
 5 自分の中に湧いてきた感想や意見や考えを伝えながら聴く
  (私は〜と思ったな。○○みたいな感じかな。)

     

 2017年10月9日 東はりまマダンボランティア

 
「マダン」とは韓国朝鮮語で「広場」の意味です。民族や文化の違いを認め合い、出会い・ふれあいを通じて多文化共生社会を推進しようとするイベントで、県内各地で行われています。

 10月9日(体育の日)に高砂市文化会館・文化保健センターで開催された「第20回 あつまろか 東はりまマダン」にボランティア部が参加し、民族衣装のチョゴリ試着のお手伝いをしました。
 今回は東播磨の多様な文化をもつ人々が集まり、舞台では音楽・舞踊披露、模擬店ではアジア各地や南米の民族料理屋台やフリマなどで賑わいました