交通アクセス    サイトマップ    お問い合わせ

 2017年11月12日 「第27回みんなの社協フェア」ボランティア

 
    平成29年11月12日(日)
 高砂市文化会館・高砂市文化保健センターにおいて
 「第27回みんなの社協フェア」〜共に生きる地域づくりをめざして〜が開かれました。
   
    林家木久扇氏の講演会、障がいや防災に関する体験コーナーや模擬店などが出て
賑わいました。
 高南生は災害時非常食の配布や昔の懐かしい遊び体験教室のお手伝いをしました。
  

     

 2017年11月11日 鶴林園訪問

 11月11日(土)の午後、鶴林園を訪問しました。
交流は高南の甲子園出場の際に千羽鶴を頂いたことに始まり、今年で33回目だそうです。今回、高南からは生徒会,吹奏楽部,ボランティア部の生徒が交流会に参加しました。
 対面式での生徒会長挨拶,花束贈呈の後、吹奏楽部の演奏会が開かれました。
演奏会では吹奏楽部員と顧問の吉田先生歌唱で「きよしのズンドコ節」やジャズのスタンダードナンバー「ムーンライトセレナード」などが演奏されました。
 その後はホール中央にスペースをつくり、フォークダンス(ジェンカ・マイムマイム)を行いました。
 最後に校長先生の挨拶と園よりお礼の挨拶があり、交流会を終えました。
入居者の方がホールを出られる時には、高南より贈呈のミカンを一人ずつ手渡しでプレゼントしました。

 2017年11月2日 「クリアファイルができました」

   クリアファイルが完成しました。
 高砂南高校では、毎年クリアファイルを
 作製し、オープンハイスクール参加者に
 プレゼントしています。
 今年も本校生が図案を作製した
 かわいいクリアファイルが
 出来上がっています。
 在校生にも配付の予定です。
  
   クリアファイルは表と裏に印刷してあるので、紙を挟むと見え方が変わります。

     

 2017年10月30日 「第1学年 教育相談講演」

 
       神戸学院大学 講師 難波 愛 氏
    「さわやかな自己表現を目指して 〜アサーションワークシップ〜」
   自分と相手を大切にする表現技法についてワークシップを取り入れながら
   講演をしていただきました。
  
    さわやかな自己表現のタイプ「自分もOK。相手もOK。」に近づくには・・・
   人の話をよく聴けるようになるためのコツ −5つの原則− 
 1 相手の話に関心を持つ
  (どんな話かな・・・と思いながら聴いていく。)
 2 相手の話を分かろうと思いながら聴く
  (相づち、うなずき(はい、へー、うん)ながら話を遮らずに聴く。)
 3 分からない点は質問する
  (開かれた質問で)*開かれた質問:「どんな」「どうやって」「どのくらい」
  など、Yes,Noでは答えられない質問のこと。
 4 分かった所を相手に伝え、それでよいかどうか確かめながら聴く
  (〜なんやね。〜ということですね。)
 5 自分の中に湧いてきた感想や意見や考えを伝えながら聴く
  (私は〜と思ったな。○○みたいな感じかな。)

     

 2017年10月9日 東はりまマダンボランティア

 
「マダン」とは韓国朝鮮語で「広場」の意味です。民族や文化の違いを認め合い、出会い・ふれあいを通じて多文化共生社会を推進しようとするイベントで、県内各地で行われています。

 10月9日(体育の日)に高砂市文化会館・文化保健センターで開催された「第20回 あつまろか 東はりまマダン」にボランティア部が参加し、民族衣装のチョゴリ試着のお手伝いをしました。
 今回は東播磨の多様な文化をもつ人々が集まり、舞台では音楽・舞踊披露、模擬店ではアジア各地や南米の民族料理屋台やフリマなどで賑わいました

     

 2017年9月27日 ひまわり園訪問

 9月27日(水)の放課後にひまわり園を訪問しました。今回はボランティア部・有志に加えて男子バレーボール部員も参加しました。「虫の声」,「赤とんぼ」を歌った後、「幸せなら手をたたこう」の歌に合わせて肩をたたいたり握手をしました。
 その後は風船バレーで明るくうち解けたところでボール渡しゲームを行い、途中からは机の上でボールを転がすなど、各グループで楽しい時間を過ごしました。最後に「ふるさと」を歌い、1ヵ月後の再会を約束して園を後にしました。

 2017年9月15日 体育大会に備えてクラスごとに練習

37回生(2年生)が大縄跳びの練習中(9月8日)
  いよいよ体育大会一週間前となりました。
 LHRの時間を利用して学年ごとに大縄での縄跳び練習に取り組みました。
 各クラスで、タイミングを合わせて縄跳びを連続してどれぐらい跳べるか挑戦しました。
 生徒だけでなく担任の先生方も熱が入った1時間でした。    
38回生(1年生)が大縄跳びの練習中 36回生(3年生)は棒引きも練習 

 2017年9月13日 就職激励会

  放課後、3年生の就職試験を受ける生徒に2C教室において就職激励会が行われました。最初に新在家教頭先生が「人事を尽くして天命を待つことも大切です。肩肘を張らずに、ありのままの自分を会社の方にわかってもらおうという気持ちを持ちましょう。面接の時は、対話を通して自分の人となりをわかってもらいましょう。また作文を書くときは文章を通してわかってもらいましょう。」と激励されました。続いて進路指導部長の新井先生より「日頃からの体調管理が大切です。万全の準備をしておきましょう。出来れば下見をしておいてください。就職試験当日に警報が出て電車が止まったこともありました。そんなときでもあせらずしっかりと対応してください。」と話をされました。最後に進路指導部就職担当の中根先生より、「今までやってきたことを信じて、思いきり自分の力を出してください。」と激励されました。 

 2017年7月23日 平成29年度学校茶道連絡協議会研修会に参加

  7月23日(日)、加古川市青少年女性センターで学校茶道連絡協議会研修会が行われ、本校から5名の生徒が参加しました。
 お互いの親睦を図ることと、より深く茶道を体験することを目的として、幼稚園児から大学生までが一堂に会するお茶会で、たくさんのお客様に来ていただき、盛大に開催されました。
 本校の茶道部員も他の高校生と協力して、もてなす側となり、「亭主」としてお点前をしたり、「半東」として亭主のサポートに回ったり、「お運び」としてお菓子やお茶を出し下げしました。
 2年生は「亭主」と「半東」をつとめ、緊張しましたが、これまでのお稽古の成果を発揮する絶好の機会となりました。また、1年生にとっては、学校外でのお茶会を経験する貴重な機会でした。    

 2017年7月19日 防災避難訓練

  3限に防災避難訓練を実施しました。『自然災害から自分や他の人の命を守るのに必要な知識や行動についての理解を深め、自分で状況に応じた的確な判断をし、安全な行動がとれるようにする。』を目的とし、さらに以下の4点を重点取り組みとしました。
 (1)地震を設定して、各自の安全を確保し、情報を理解したうえで安全な場所(グランド)へ避難する。
 (2)施設・設備の安全確保を迅速に行い、対策を速やかに確実に伝える。
 (3)人員点呼を迅速に且つ確実に行う。
 (4)地震の後の津波も想定した校舎内への避難訓練も行う。
 迅速に避難して、グランドに集合して安否状況を担任⇒学年主任⇒副本部長(教頭)の順に報告した後、防災担当の礒野先生よりお話がありました。さらに津波の危険があると想定して校舎内への避難訓練が開始され、避難が完了して各HR教室に戻りました。最後に三谷校長先生の講評がありました。    


 2017年7月12日 近畿大会出場壮行会(剣道部女子団体)

  球技大会終了後、近畿大会出場壮行会を行いました。
6月に行われた県高校総体で女子剣道部は女子団体第5位となりました。兵庫県の代表として、7月16日〜17日に奈良市で行われる近畿大会に出場します。
 女子剣道部を代表して横山主将が挨拶しました。高南生からは激励の大きな拍手がありました。


 2017年7月7日 スポーツ障害予防講演会、運動部講習会

  考査終了後、1年生の生徒と職員を対象にスポーツ障害予防講演会を実施しました。県立加古川医療センターのリハビリテーション科部長・整形外科医(元サッカー日本代表チームドクター)の柳田 博美先生が「筋疲労の病態とセルフケアの方法」と題して、筋肉痛の診断、消炎処置、ストレッチ、筋力強化などの内容をお話していただきました。
 引き続いて放課後の午後1時から5時まで南溟会館において柳田 博美先生と理学療法士の先生2名とで、「アスリートにおける運動器のセルフケア〜アイシング技術と基本的なストレッチの方法〜」の実技指導をしていただきました。高南の運動部全員が受講するために、40分×6回で実施しました。ありがとうございました。     


 2017年7月7日 「ナースの訪問授業」

 7月7日(金)に「ナースの訪問授業」を行いました。高砂市民病院看護師の竹中恵先生にお越し頂き、看護師をめざしている生徒、「ふれあい看護体験」に参加する生徒合わせて17名が受講しました。
 看護師資格取得の道や総合病院内での部署・役割、また看護師としての心構えなどをお話し頂いた後、パルスオキシメーターと聴診器を用いたミニ実習を行いました。

技術面だけでなく患者さんの精神的支柱となれるよう学ぶことや、勤務の傍ら専門看護師資格取得のために学ぶ人もいるなど、現場の方のお話しを直接伺うことができ、理解を深めることができました。



 2017年7月3日 高砂南にちびっ子たちがやってきた

 
  園児は元気一杯でした 教頭先生が話をされました
   午前11時頃、高砂こども園のちびっ子たちがやってきました。高砂南高校と高砂こども園の合同避難訓練を実施しました。
 3年生で林先生の「子どもの発達と保育」を授業で選択している高南生がこども園から高砂南高校までの安全を確保するお手伝いをしました。こども園の園児たちは副園長先生をはじめとして、こども園の先生たちと一緒に元気一杯でやってきました。
 地震や津波などの自然災害が発生したときに高砂南高校に避難する場合に備えて、こども園から高砂南高校の会議室までの経路を確認しながらやってきました。
 高砂南高校では校長先生や生徒指導部の先生方が出迎え、会議室でこども園の副園長先生と本校の教頭先生が自然災害や避難訓練のお話をされました。
 
  副園長先生が話をされました 高南生が送っていきました
 

 2017年6月25日 高砂市高校生選挙事務従事体験事業に参加

 生徒会のメンバーが、6月25日(日)に「アスパ・イオン高砂」での街頭啓発に参加し、高砂市明るい選挙推進協議会委員とともに兵庫県知事選挙への投票参加を呼びかけました。
 参加した生徒は、身近な県知事選挙を通じて、地域に目を向け、社会参加するきっかけになればと積極的な活動を行うことができ、充実した時間を過ごしました。
  

 2017年6月21日 ひまわり園訪問 

 6月21日(水)の放課後にひまわり園を訪問しました。今回はボランティア部と
事前に募った有志合わせて33名という大人数の参加でした。「ふるさと」、「雨
ふり」を歌った後、「もしもし亀よ」の歌に合わせて手遊びをしました。
 その後で風船バレーを途中に休憩を入れて2回行いました。明るくうち解けた
ところで「幸せなら手をたたこう」を歌いながらお互いの肩をたたいたり握手をす
るなど、園の方々とともに楽しい時間を過ごしました。

      

 2017年6月12日 文化祭プログラムが完成しました

 6月16日(金),17日(土)実施予定の文化祭プログラムが完成しました。
 「episode 37 〜 高南の覚醒」のテーマのもと、文化部やクラス単位で
 文化祭当日に向けて準備と練習に取り組んでいます。
        
 文化祭プログラムは4ページです。内容は「表紙、6月16日の日程、17日の日程
 文化部の発表内容、クラスの発表内容、PTA・高砂名産、校舎会場案内図」です。
 

 2017年5月26日 生徒会長選挙

 6時間目、生徒会長選挙が行われました。
 生徒会長選挙では応援人と立候補者の演説を、全校生徒が真剣に聞いていました。
その後、HR教室に戻って、投票しました。
 今回は立候補者が一人の為に、信任投票となりました。
開票の結果、新生徒会長が信任されました。

   

 

 2017年5月19日 社会奉仕活動

 
   テスト最終日、社会奉仕活動が行われました。社会奉仕活動では、
  グランドに集合した後、 1年生1組から4組が各組3班で12の班に
  分かれ学校近辺の清掃活動を行い、校外に出ない残りの生徒で
  校内清掃(草ひき)を行いました。 
  
  

 2017年5月2日 授業参観日

  2限から4限まで保護者向けに授業の様子を参観していただく授業参観を 実施いたしました。
多くの保護者(特に1年生の保護者)の方に来ていただき、 授業を観ていただきました。今回は
4限に高南生が普段利用している食堂を開放して利用していただきました。
 また、アンケートにも答えていただき、貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。
  
 

 2017年4月22日 「あしなが育英会」募金活動

  4月22日からGWにかけて、JR加古川駅前で「あしなが育英会」街頭募金を行っています。
 あしなが育英会では募金額がこの5年間で約4割減少し、理由の一つとしてボランティアをする
 人の減少が挙げられています。
   

  今回、高砂南高校からはボランティア部,生徒会,1年生の有志が参加し、親を亡くした生徒が
 安心して勉学に励むことができるよう、募金への協力を求めています。

 2017年4月17日 交通安全教室

 3限に交通安全教室が行われました。
交通安全教室は「交通ルールの遵守と正しい交通
マナーの実践を習慣付け、交通事故防止の徹底を
図る」ことを目的として実施されました。

 高砂市、高砂警察、はりま自動車教習所、高砂
安全教室の共催で体育館において講演形式での
実施となりました。

 「高砂市内の交通事故状況」(高砂警察)
 「放置自転車について」(高砂市)
 「自転車事故防止の講習」(はりま自動車教習所)
の講演がありました。

最後に生徒代表よりお礼のあいさつを行いました。 
 

 2017年4月10日 新入生対象ネット被害防止教育講演会

  入学式後、体育館にて、「ソーシャルサイトのリスク〜将来に不安を残さないために〜」と題して
 NIT情報技術推進ネットワーク代表の篠原 嘉一氏にサイバー講演会をしていただきました。
 情報セキュリティサポーターとして、ネット被害の現状を現実のものとして感じていただくために、
 新入生や保護者の方に講演していただきました。また当日はスマホ・iフォンを持参してセキュリティを
 上げるように設定する方法の説明も受けました。

  


 2017年3月23日 演劇愛好会「あすさくたね」

 午後2時より、本校社会科教室にて演劇愛好会による演劇を先生向けに演技しました。
三谷校長先生を始め10数人の教員が観劇しました。45分間通しで途切れることなく
演技してくれました。誰一人として臆することなく、堂々とした演技を見せてくれました。
演劇愛好会は今年度1年生のみでスタートしました。来年度(この4月)から演劇同好会に
昇格します。6月の文化際では全校生・保護者の前で演劇を披露してくれますので
楽しみにしておいてください。

 2017年3月22日 防災訓練・防災講話

 3限に防災訓練が行われました。防災訓練は「自然災害から自分や他の人の命を守るのに
必要な知識や行動についての理解を深め、自分で状況に応じた的確な判をし、安全な行動が
とれるようにする」ことを目的として実施されました。
 以下の3点を重点項目として取り組みました。
(1)地震を設定し、各自の安全を確保し、情報を理解したうえで安全な場所(グランド)へ
   避難する。
(2)建物の安全確保を迅速に行い、対策を速やかに確実に伝える。
(3)人員点呼を迅速に且つ確実に行う。
 避難 人員点呼 校長講評

 4限には防災講話を体育館で聴きました。自衛隊兵庫地方協力本部長においで
いただき、「体験的防災論と自衛隊勤務から得たもの」と題して講演をしていただきました。
 
とても有意義な防災講話で、高南生だけでなく、教員も参考になりました。
 

 2017年3月9日 薬物乱用防止教育講演会、ネット被害防止教育講演会

 
  3限は兵庫県警察東播少年サポートセンターの加藤 佐世氏に薬物乱用防止教育講演会を
 していただきました。
  *煙草を吸っても身体に良いことは一つもない。
  *煙草を吸うことで他の薬物に手を出す危険性がある。
  *薬物は心も体もボロボロにする。
  *煙草も薬物も、自分自身だけでなく周りの人達も傷つけてしまう。
  *誘われても、必ず断る。
 下の写真はタバコを吸わない人と吸う人の肺の画像
 
 
 
  4限は「ソーシャルサイトに潜む危険」と題して、 NIT情報技術推進ネットワーク代表の
 篠原 嘉一氏にネット被害防止教育講演会をしていただきました。
  情報セキュリティサポーターとして、ネット被害にあわない為にどのようにしたらいいかを
 説明していただきました。
  高南生はソーシャルサイトに潜む危険を知り、持参したスマホ・iフォンをネット被害にあわ
 ないように説明された方法で設定の変更をしていきました。
 
  どちらの講演会も教職員にも大変参考になるすばらしい講演会でした。。

 2017年2月2日、9日「世界がもし100人の村だったら」

 第2学年は2月2日(木)第7限、第1学年は2月9日(木)第7限に
体育館で学年全員が参加して、人権HRを実施しました。参考としたのはこちらです。
 以下のことを目標としました。
 ・世界の現状を疑似体験することを通して、世界の構造を理解するだけでなく
  背景にある権利について考える。
 ・言語に関するアクティビティを中心として、民族や文化の多様性と個々の
  尊厳について考える。
  「世界の人口についてのクイズ」  ⇒ 「大陸ごとに分かれてみよう!」
  ⇒  「世界の言葉で『こんにちは』」  ⇒  「文字が読めないということ」
  ⇒  「振り返り(ワークシート)」 と展開していきました。
  上の写真は「大陸ごとに分かれてみよう!」の一場面です。 

 2017年2月9日 救急救命法の実習

 保健体育の授業として、1年生全員が、ダミーを利用しての救急救命法の実習を行いました。高砂市消防本部から救急隊の方にお越しいただき、心肺蘇生法・AEDの使い方について全員が実習を行いました。多くの生徒が初めての実習体験だったようです。

 2017年2月3日 生徒朝礼

 
    生徒朝礼が行われました。校長先生が高南生に講話をされました。
その後、生徒指導部長の田中先生より、「その場、その場に応じた服装を考える。
規則(ルール)だから正装にするのではなく、時と場合を考えて正装にするかどうかを
判断しよう」と話をされました。
 
    続いて表彰伝達式が行われました。
 読書感想文コンクールの優秀賞受賞者が表彰されました。

 2017年1月28日 アクティブたかなん

1月28日(土)、県の迎賓館でもある兵庫県公館において、「平成28年度
高等学校魅力・特色づくり活動発表会」が行われ、県下30校の高等学校がそれ
ぞれの学校の魅力・特色についてポスターセッション発表を行いました。本校は、
「アクティブたかなん」のタイトルで、吹奏楽部の鶴林園訪問や剣道部の東北ボ
ランティア、地域清掃、社会奉仕活動や書道部の高砂ふれあい教室などの地域と
の関わり、年々改善進歩する体育大会や文化祭など学校行事や新しい制服の特徴
などについて、生徒会1年生の4名が発表しました。


 2017年1月25日 学校保健委員会

 午後3時半から本校における健康実態や健康課題を研究協議し、学校や
家庭、地域社会が連携して積極的に健康問題に取り組み、健康づくりを
推進するため、学校医やPTA役員の方々も含めた学校保健委員会を開催しました。


 午後4時から生徒(生徒会、保健委員)も参加して、
テーマ協議:「心の健康を保つ相談環境と相談する力を養う支援体制」
〜誰もが生き生き過ごせる高砂南高校を目指して〜について話し合いました。

 2017年1月17日 「傘の川」

     事務室・職員室前の廊下に写真部の作品が展示されました。
題名は「傘の川」です。1年生の男子生徒がハウステンボスで撮ってきた作品です。
東播磨大会で入選作品となり、県大会に出場し、県大会でも入選しました。
写真部は3年生2名、1年生6名で頑張っています。
 特に1年生はこれからもっと活躍してくれることでしょう。

 2017年1月12日 修学旅行結団式

 5限に体育館にて、36回生修学旅行団の結団式を行いました。
修学旅行に随行してくださる旅行業者の方と写真館の方の紹介の後、
団長(三谷校長)挨拶があり、養護教諭と学年団の先生方から諸注意を
受けました。
 いよいよ2年生の修学旅行です。1月13日から16日まで、36回生が北海道に
3泊4日で修学旅行に行ってきます。

修学旅行中はブログを見てください。⇒こちらへ

 

 2017年1月9日 第31回ふれあい広場参加

 高砂地区青少年健全育成協議会主催第31回ふれあい広場(とんど)が
高砂小学校校庭で開催され、生徒会とボランティア部が参加しました。
 

 参加者は、豚汁の調理と配布,ニュースポーツや竹とんぼ製作の
受付・指導補助を行いました。

 2016年12月9日 「ビブリオバトル」

  12月9日(金)13:30〜14:30まで図書室において
6名の生徒による高砂南高校初のビブリオバトルが行われました。
初めての取り組みですので、公式ルールではなくローカル・ルールで実施しました。
 ビブリオバトルルール(ローカル・ルール)
 1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
 2.順番に一人3分間で本を紹介する.
 3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを1分行う.
 4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を
   参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.
 今回6人の生徒がビブリオバトルに参加してくれました。
紹介された本は「死亡フラグがたちました」、「ハーモニー」、「ピースメーカー」、
「ビリギャル」、「星の王子さま」、「子ども電車」の6冊です。
その中で「星の王子さま」が『チャンプ本』に選ばれました。  

     

 2016年12月10日 土曜教室/まちの寺子屋「書道教室で楽しもう!」

    まず、2年生による書道パフォーマンス
 
 
 次に、児童が学年ごとの課題に取り組むのをサポート

低学年は硬筆、中・高学年は毛筆
   
 
 さらに、来年の干支「とり」の篆書体文字に飾るように、
羽根に各自の抱負を書いて貼り付け
 
 
 
 その後、1年の書道パフォーマンス
     
   
 最後に全員で記念写真を撮って終了

     

 2016年11月20日 「第26回みんなの社協フェア」ボランティア

 
    平成28年11月20日(日)10:00〜15:30
 高砂市文化会館・高砂市文化保健センターにおいて
 「第26回みんなの社協フェア」〜共に生きる地域づくりをめざして〜が開かれました。
 高南生はイベント会場の屋外の模擬店や屋内の体験教室のお手伝いをしました。
  

     

 2016年11月19・20日 「こどものまち高砂2016」ボランティア

  
 11月19日(土)・20日(日)にさわやか広場・アクトセンター
(神戸製鋼体育館)で行われた「こどものまち高砂2016」にボランティアと
して、ボランティア部・生徒会有志が参加してきました。

  
 特定非営利活動法人 高砂キッズ・スペースの主催で「今、君にしかできない
こどものまちをつくろう!」というテーマで実施されました。「こどものまち」
ではこどもたちは住民登録⇒職業案内所⇒就職⇒給料で収入を得る⇒それを
使って遊ぶという流れで生活しました。

     

 2016年11月16日 ひまわり園訪問

 ボランティア部・生徒会・参加希望有志の20名がひまわり園を11月16日(水)の放課後に訪問しました。冬季は風邪等の心配があるため今年度最後の訪問でした。
   まず「ふるさと」を歌ったあと、この時期にふさわしい「もみじ」を歌いました。
続いて「どんぐりころころ」を歌いながらの手あそびで体を動かす準備をし、お楽しみの風船バレーを行いました。
 その後は「赤鼻のトナカイ」を歌い、最後に「幸せなら手をたたこう」を歌いながら拍手や隣の人と握手をしました。
 生徒代表から「寒さに負けずに過ごして下さい。また来年お会いしましょう。」と挨拶して園を後にしました。

 2016年10月28日 スケアード・ストレイト交通安全教室

 ――― スケアード・ストレイトとは ―――
 恐怖を実感することで危険行為を未然に防ぎ、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育手法。スタントマンがトラックや乗用車、自転車に跳ねられる「疑似交通事故」を起こします。事故の状況や原因を具体的に伝え、交通ルールを守ることの大切さを実感させることがねらいとなります。
  6・7時間目に自転車事故の危険性を理解し、交通ルールを順守する態度を身につけることを目的とし、交通安全教室を実施しました。
 6時間目に1・2年生が体育館において自転車事故の危険性についての講義を聴いた後、7時間目に全校生でスタントマンによる実演を見ました。
 今回の交通安全教室は兵庫県企画部県民部交通安全室の指導のもと、高砂市・高砂警察署・(株)ワーサルの協力をえて実施できました。6時間目の講義では下記の自転車安全利用五則も確認しました。
      自転車安全利用五則
 1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
 2 車道は左側を通行
 3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 4 安全ルールを守る
   ○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
   ○夜間はライトを点灯
   ○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
 5 子どもはヘルメットを着用

 2016年10月26日 ひまわり園訪問

  ボランティア部・生徒会・参加希望有志の13名がひまわり園を10月26日(水)の放課後に訪問しました。まず「ふるさと」を歌ったあと、「どんぐりころころ」を歌いながらの手あそびで和やかな雰囲気を作り、続いて風船バレーを行いました。
 十分に楽しんだあとは季節を感じる「赤とんぼ」を歌いました。 
最後に「幸せなら手をたたこう」を歌いながら拍手や肩たたきなどを行い、楽しい時間を過ごしました。

 2016年10月21日 社会奉仕活動

     テスト最終日、社会奉仕活動が行われました。社会奉仕活動では、
 1年5組から7組が各組3班で9つの班に分かれ学校近辺の清掃活動を行い、
 校外に出ない残りの生徒で校内清掃(草ひき)を行いました。 
 
    草引きを行い、各班が何袋も集めました   最後に集めたゴミを分別しました
  

 2016年10月19日 校舎正面の懸垂幕

 
    現在の校舎正面の様子です。
右上から「祝 近畿大会出場 剣道部」
右下は「祝 全国高等学校総合文化祭出場 書道部」
中上は「祝 近畿高校ハンドボール選手権大会出場 男子ハンドボール部 送球魂!!」
中下は「祝 近畿高等学校バドミントン選手権大会出場 バドミントン部」です。
今年度は近畿大会に3つ、全国大会に1つの部活動が出場しました。

 2016年10月7日 生徒朝礼

 
    生徒朝礼が行われました。校長先生が高南生に講話をされました。
その後、生徒指導部長の田中先生より、「自分の中に自分を置いて、今の自分が正しいかどうか判断できるように」と話をされました。
 
    続いて表彰伝達式が行われました。柔道部・陸上競技部・剣道部が表彰されました。