兵庫県立神戸工業高等学校ホームページ



沿      革

明治45年3月,兵庫県立工業学校 夜間部が「現に工業に従事し、または従事せんとする者に、夜間必要なる工業教育を施すため」設立されました。昭和18年3月兵庫県立第三神戸工業学校として昼間部と分離独立し、昭和23年3月学制改革により現在の校名に変更して,技術改革の時代の要望に応じた教育内容の拡充・発展を図ってまいりました。

校風は「素朴・勤勉・根性・自主性」を掲げ,今日なおも“県工の夜間部”として親しまれ、社会的にも高く評価されています。この伝統を大切にし、産業界をはじめ、各界に活躍中の一万人超の先輩諸氏の期待にも添えるよう,鋭意努力しております。

 中学校での教育成果と、生徒の貴重な勤労体験を、本校教育で活かし、伸長させ、教養を高め、工業専門の技術・技能を習熟し、こころ豊かな人格を育成することを目標としております。

現在の設置学科およびクラス数(1学級定員40名)は、以下の通りとなります。

  建築科4. 機械科4. 電気科4. 情報技術科4  (各学年各科1クラス)

 平成16年度より土木科は、募集停止となりました。