『ふるさとひょうご寄附金(ふるさと納税)』が学校を指定して、行えるようになりました。
芦屋高校では、皆様から頂いた『ふるさとひょうご寄附金』を、芦屋高校のグローバル教育・キャリア教育の充実、設備・部活動の充実に使います。
『ふるさとひょうご寄附金』で芦屋高校の特色化・魅力化を応援してください。


寄附金の活用方法 寄附の手続きについて
県立学校環境充実応援プロジェクトとは? 「寄附申出書」はこちらから

寄附金の活用方法

グローバル化に対応した芦高教育を支援 ・今年から復活する夏季休業中のニュージーランド語学研修(希望者)に活用 研修旅費や滞在費、講演・プレゼン費用、外国の衣装や楽器の購入費他
・台湾修学旅行先での訪問先、新北市立三重高級中学との交流会に活用他
キャリア教育支援事業 ・2年次の希望者生徒が、国公立大学を訪問して、学部学科の具体的な内容の説明を受けたり、キャンパス見学をするために活用他 バス代、講演・プレゼン費用他
設備機器の機能向上で学習環境を充実 ・特別教室への個別エアコンの整備、トイレへの温水洗浄便座の設置等を進めることにより、学校での学習環境の向上を図る。 個別エアコン、温水洗浄便座等整備費
部活動の全国大会等出場をサポート ・充実したトレーニング機器・競技用具等を整備し、全国大会等への出場をサポートする。 トレーニング機器、競技用具等購入費

▲ページトップへ

寄附の手続きについて

「寄附申出書」に必要事項をご記入の上、お申込みください。→「寄附申出書」はこちらから。

※1 ワンストップ特例
ワンストップ特例を活用する場合は、別途送付する「ふるさと納税ワンス トップ特例制度申請書」に必要事項を記入・押印のうえご返送ください。
※2 電子申請
こちらのページからお申し込みできます。

▲ページトップへ

県立学校環境充実応援プロジェクトとは?

ふるさとひょうご寄附金の応援メニューのひとつで、教育の一層の活発化を図るため、学校ごとに寄附金活用事業を設定し、学校機能向上、学校の特色づくりや部活動の応援、教育環境の充実等に充てます。 県立学校への寄附は、税控除の対象です。寄附された額のうち2,000円を超える部分については、一定の上限まで、所得税・個人住民税から全額控除されます。

※下記イメージをクリックすると拡大します。

▲ページトップへ