コミュニケーション講座(手話)

日時
平成28年11月14日(月)
内容
コミュニケーション講座(手話)

 第1学年特色選抜入学クラスを対象に公益社団法人 兵庫県聴覚障害者協会より講師の方を招聘してコミュニケーション講座(手話)を行いました。

生徒の感想より

  手話はもともと難しいと思っていたけれど、よくよく考えれば、指で人に例えたり、単純な動きで手話はできてるんだと思いました。手話1つ1つに深い意味があることが分かり楽しみながらやることができました。それに耳が聞こえなかったらどれくらい大変なのか学べました。

耳が聞こえなくてもコミュニケーションを取る方法はたくさんあるとわかりました。例えば、口語、手話、筆談などです。口の動きで言葉を表す口語は間違った受け取り方をしてしまうこともあります。でも、表情などジェスチャーをしたら相手により伝わりやすくなってとてもいいと思いました。そして、手話は挨拶だけでもいろんな種類があって難しいけど「ありがとう」など今日学んだ手話はずっと覚えていたいと思います。そして、今日習っていない手話も少し覚えていきたいなと思いました。そしてこのコミュニケーションに1番必要なのは表情だと分かりました。僕も日常会話でしっかり表情などに気をつけていきたいです。