MENU

行事予定 北三だより 部活動 食堂 北三の四季 オリエンテーション合宿 北摂祭 ハイマートフェスト 修学旅行 短期海外研修
HOME>>学校生活>>部活動>>新聞部

学校長新聞部

部活紹介


 長らく部員がおらず“開店休業”の状態でしたが、近年ようやくポツリポツリと入部者がでてきました。このような経緯から部室も道具も一切ない状態が続いていました。
 毎週木曜日、選択3B教室を借りて活動しています。学校新聞を企画・発行するのが中心です。“企画会議”は顧問も混じってワイワイと雑談です。授業(社会)の話、趣味の話と脱線気味の会話の中から企画を作り、アンケートやインタビュー、調査記事などで紙面を作ります。紙面はパソコンに向かい、編集ソフトを使って作っています。自分たちが作った“作品”がどのように読まれるか、毎回ドキドキしています。
 パソコンを持ち寄り、少しずつですが腕章や取材グッズも揃え、だんだん“らしく”なってきました。

  • 取材であちこち行けます。また、校内だけでなく、対外的にも活躍の場があります。
  • 自分の考えを多くの人に伝えることができます。
  • 自慢のイラストや写真の腕を発揮できます。
  • いろんな人に話を聞くことができます。
  • じっくり話し合うことができます。
  • 社会問題に強くなり、文章を書くのがうまくなります。

対外活動

  • 平成21年度兵庫県高等学校総合文化祭広報紙「HATTS」制作(2009年10月発行)
    囲碁部門に出場する川西史記さん(三田西陵高校)を取材し記事を提供。県下の全高校に配布されました。
  • 平成21年度兵庫県高校生地域貢献事業発表会「トライやる・ワーク」広報紙「どないヤル?トライやる!」制作(2010年3月発行)
    発表会を取材し、神戸甲北高校と合同で紙面を作成。県教育委員会のホームページを通じ発表。
  • 県に活躍が認められ、昨年の三重大会に続き、今年も推薦を受けて宮崎大会に出場します。他校の新聞部員とともに現地を取材して作る「交流新聞」の活動を通じて、お互いの情報交換と技術の向上に努めてきます。

平成28年度活動報告

平成26年度活動報告


兵近畿総合文化祭典  (平成26年11月8・9日)

新聞部 近畿高校総合文化祭に参加

11月8日~9日、福井県鯖江市で行われた第34回近畿高等学校総合文化祭の新聞部門に本校新聞部員4名が参加しました。

<1日目>
 会場の嚮陽(きょうよう)会館では、7府県27校の生徒123名が、18グループに分かれ、開会式、歓迎行事の後、班別会議(自己紹介、自校新聞紹介、役割決め、編集方針の決定)を行いました。班のほとんどの人とは初対面でしたが、話をするうちに打ち解けて、議論も活発になってきました。
 午後からは、取材と交流新聞作りです。観光ボランティアの方々の協力の下、各班がA,B,Cの3コースに分かれて取材を行い、その後、班ごとに新聞作りに取りかかりました。1日目は主にレイアウトと、原稿の役割分担で終了しました。

<2日目>
 今回の交流新聞は、すべて手書きです。各班員の原稿と取材で撮影した写真を貼り付け、1枚の新聞に仕上げます。編集作業の時間2時間30分と限られていますので、大変です。
 各班ともほぼ時間通りに交流新聞が完成しました。18種類の交流新聞が参加者全員に配られ、福井新聞の3名の方々から、すべての交流新聞について講評をいただきました。
 短い期間でしたが、中身の濃い有意義な経験をすることができました。2日間の詳細については、今後、制作する校内新聞「 望 」に掲載予定です。











ページトップに戻る