転入学出願について

  

 
転入学出願について 
 転入学出願は、現在高校に在籍している生徒が対象です。また、生徒個人で
転入学事務を行うことはできません。
 また、出願するには条件があります。

(1)在籍している高校からの出願であること
   転入学試験を受験するための出願は、必ず在籍校からの出願になります。
  担任の先生に相談してください。その後、受験手続きについては、現在籍校と
  網干高校とで協議して受験可能かどうかを決定します。受験可能であれば、
  在籍校から出願することになります。

(2)出願の条件を満たすこと
 Ⅰ 3月受験(4月入学)の場合
  ①現在1年生の場合は、年度末(3月)に、14単位以上の単位修得が
   確実であることです。
   単位修得14単位未満の場合は、新入生としての受験になります。
   そのため、現在籍校を退学してから、網干高校を受験することになります。
  ②現在2年生以上の場合は、年度末(3月)に修得した単位数により、
   転校後、2年次または3年次への入学が決まります。
    14単位以上………2年次への入学
    44単位以上………3年次への入学

 Ⅱ 8月受験(8月入学)の場合
  ①現在籍校の各教科・科目の全てにおいて、それぞれの実施時間数の
   2分の1以上出席していることです。
  ②現在2年生以上の場合は、昨年度末(3月)に修得した単位数により、
   転学後、2年次または3年次への入学が決まります。
    14単位以上………2年次への入学
    44単位以上………3年次への入学
  ただし、転入(転学)しても、網干高校のスクーリング時間数が満たされない
  場合があります。その場合、その科目に関しては次年度の更新学習(同じ
  科目をもう一度学習し単位修得を目指す)が必要になります。

 Ⅲ 転入学出願(受験)できない場合
  ①修得単位数が14単位未満の場合
    卒業には、修得単位数が74単位以上必要です。14単位未満では、
   2年次に転入学しても、年間30単位×2年=60単位にしかならず、
   74単位になりません。つまり、在籍3年以上になるため、この場合は
   新入生としての入学試験を受験することになります。
  ②8月受験希望者で、出席時間数が実施授業時間数の2分の1未満の場合
    年度途中の転入(転学)ができません。通信制課程では、レポート枚数や
   スクーリング出席時間数に規定があります。この規定数が免除されることが
   ありますが、免除するためには現在籍校での出席時間数が半分以上必要に
   なるからです。


転入学または編入学を考えている人へ

 ◎転入学(高校に在籍して転学)を考えている人へ
  ①1学期途中で転入(転学)を考えている人
    現在籍校で半分以上、授業に出席していれば、6月末までに担任の先生に
   よく相談して網干高校の8月転入学試験を受験するかどうかを考えて
   みましょう。
    受験し合格すると、1年次の場合は1年次生、2年生の場合は2年次生、
   3年生の場合は3年次生として入学することが可能です。
   転入学後の単位の修得数で、卒業するできるようになります。

  ②2学期に転入(転学)を考えている人
    8月の転入(転学)試験後の網干高校への転入(転学)は残念ながら
   できません。在籍校に年度末(3月)まで在籍し、14単位以上修得して
   いれば、3月の転入(転学)試験により、4月から転入(転学)が可能に
   なります。
   現在籍校での修得単位数により、2年次生、3年次生となります。
  ③年度末(3月)に、現在籍校で修得単位数が14単位未満の場合は、
   転入学はできませんが、新入学試験を受けて1年次生として入学する
   ことが可能です。


◎編入学を考えている人(高校を退学したが、もう一度高校入学を考えている人)
  ①高校1年生を修了して退学した人
   在籍した高校で単位を修得した場合は、編入学試験を受けることになります。
   合格すれば2年次生となります。
  ②2年生など、学年途中で高校を退学した人
   1単位以上修得している場合は、編入学試験の受験が可能です。
   修得単位数により、2年次生、3年次生となります。
  ③編入学試験を合格した人は、単位修得の科目により受講科目が異なります。
   受講指導後、科目を決めることになります。
    

 

   

     
  ○29年度入試に戻る

  ○ホームに戻る