このサイトでは表示文字を調整することができます。・・・ 拡大 戻す
2019年度の展覧会・展示をご案内いたします。
左のメニューからご覧になりたい展覧会をクリックすると会期、内容などが表示されます。


■ スケッチでたどる兵庫の建築と景観

    会期:2020年1月25日(土)~3月22日(日)




内海敏夫「国鉄姫路駅」当館蔵


 兵庫県は約150年前に成立し、その県域は明治9年(1876)にほぼ現在の形になりました。
 本展では、兵庫五国に建てられた建物や、古い景観を描いたスケッチを展示します。スケッチの作者は、姫路を中心に兵庫の古民家や町並みなどを水彩や油彩などで描いた内海敏夫(1918-2010)と、近代建築、産業遺産や景観などを単色のペン画で描いた沢田伸(1948-)。
 それぞれの作品をとおして、兵庫五国の近代の姿をたどるとともに、古き良き兵庫の風景をお楽しみいただきたいと思います。