このサイトでは表示文字を調整することができます。・・・ 拡大 戻す
2016年度の展覧会をご案内いたします。
左のメニューからご覧になりたい展覧会をクリックすると会期、内容などが表示されます。

■ 描かれた大正モダン・キッズ-婦人之友社『子供之友』原画展

    平成28年 10月15日(土)~11月27日(日)



岡本帰一表紙原画『子供之友』1930年6月号/婦人之友社蔵


お知らせ

特別展「描かれた大正モダン・キッズ-婦人之友社『子供之友』原画展」の招待券および前売券掲載作品について

 本展の招待券と前売券に掲載しております作品につきまして、その名称、作者名、所蔵先の記載が漏れておりました。以下に記しまして、おわび申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

名称  「ポンコのちえなし」原画 『子供之友』1914年4月号(創刊号)
作者  北澤楽天
所蔵  婦人之友社

【展覧会概要】
『子供之友』は婦人之友社の創業者である羽仁もと子、吉一夫妻によって、1914(大正3)年に創刊された幼年絵雑誌です。子供の自立による近代的な人間育成を一貫して掲げ、生活教育を積極的に展開し、童話や童謡、歴史や伝記読物、漫画やクイズなどの多彩な内容で多くの子供たちから愛されました。
創刊より絵画主任を務めた北澤楽天の洒脱でユーモアあふれる表現に、竹久夢二の豊かな情感が加味され、『子供之友』は当初から高い芸術性を誇りました。後年、童画家第一世代と呼ばれる武井武雄、村山知義らも羽仁夫妻の教育理念に呼応するように独自の作品を発表し、1943(昭和18)年の休刊まで子供に目を向けた画家たちの作品が毎号誌面を飾りました。
これまでこうした貴重な原画は1987年の西武アート・フォーラム、2013年の自由学園明日館での展覧会とまとめて紹介される機会は数える程しかありませんでした。本展では北澤楽天に始まり、最終号を飾った深沢紅子にいたる数々の画家達の原画を一堂に展示し、その芸術性を紹介するとともに、絵雑誌という子供に向けた美術の近代化から社会の変遷を見ていこうとするものです。

また合わせて、大正から昭和にかけての子供文化についての展示を行い、『子供之友』が誕生した背景やその与えた影響をより深く理解できるようにします。子供たちを取り巻く社会環境が激動する今だからこそ、『子供之友』の30年間の歩みは、未来の大人である子供たちに何をすべきか、その指針を与えてくれるに違いありません。

【会期等】

会期:平成28年10月15日(土)~平成28年11月27日(日)
休館日:月曜日
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:兵庫県立歴史博物館 ギャラリー(〒670-0012 姫路市本町68番地 ℡ 079-288-9011)

主催:兵庫県立歴史博物館 NHKプラネット近畿 神戸新聞社(予定)
特別協力:婦人之友社
後援:一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY) 絵本学会
兵庫県 兵庫県教育委員会 姫路市 姫路市教育委員会
NHK神戸放送局 サンテレビジョン ラジオ関西(予定)
協力:愛知学泉大学 山陽電気鉄道株式会社 株式会社山陽百貨店 神姫バス株式会社

【観覧料金】

大人 1,000円(800円)、大学生 700円(550円)、高校生 500円(400円)、
小・中学生 無料
※( )内は20人以上の団体料金
※障がい者及び65歳以上の方は半額。障がい者1人につき、介護者1人は無料。

■ 10月14日まで姫路市内で前売券発売中!
 <前売券販売場所>
 兵庫県立歴史博物館インフォメーション/はりまっ子歴博店/
 姫路市立美術館友の会/山陽百貨店友の会/ヤマトヤシキ友の会/
 中井三成堂/朱明堂/姫路市中小企業共済センター(会員のみ)/
 パルナソスホール/姫路文化センタープレイガイド/大塚書店


竹久夢二表紙原画『子供之友』1928年12月号
/婦人之友社蔵
【展示構成と主な出品資料】

展示構成
1 『子供之友』の誕生と歩み
2 北澤楽天
3 竹久夢二
4 創刊から1920年代初めまで
5 1924年3月号
6 武井武雄
7 村山知義
8 1924年から1943年まで
9 甲子上太郎
特別展示 大正の子供文化(当館独自展示)

出展予定資料
北澤楽天  表紙原画(1917年4月号) 婦人之友社蔵
竹久夢二  「花ひらく」原画(1915年4月号) 婦人之友社蔵
本田庄太郎 「つばめ」原画(1924年4月号) 婦人之友社蔵
武井武雄  「ゲベルベット」原画(1927年7月号) 婦人之友社蔵
横井弘三  「のぞきめがね」原画(1925年6月号) 婦人之友社蔵
清水良雄  「虫たちのあつまり」原画(1926年9月号) 婦人之友社蔵
村山知義  「犬の洋行」原画(1927年4月号) 婦人之友社蔵
河目悌二  「ちいひさな汽車」原画(1931年2月号) 婦人之友社蔵
小山内龍  「運動会はお昼休み」原画(1935年10月号) 婦人之友社蔵
山本鼎   「漁村の曙」原画(1941年1月号) 婦人之友社蔵
深沢省三  「“毛を染めかえたお嬢さん”より」原画(1934年3月号) 婦人之友社蔵
河目悌二  「甲子上太郎(お風呂入り)」原画(1937年1月号) 婦人之友社蔵
深沢紅子  「甲子上太郎」原画(1932年9月号) 婦人之友社蔵


村山知義表紙原画『子供之友』1924年3月号
/婦人之友社蔵

北澤楽天原画「ねこの子の行水」
『子供之友』1914年7月号/婦人之友社蔵

深沢紅子原画『子供之友』
1932年9月号「甲子上太郎」/婦人之友社蔵

【関連行事】

(1)絵本研究会シンポジウム
「絵雑誌の研究 その意義と新たなアプローチ
 ―「池田コレクション」、「入江コレクション」を中心に」
  日時:平成28年11月6日(日) 13:00~16:30
  場所:兵庫県立歴史博物館地階ホール
  定員:100名(先着順、申し込み不要)
  料金:無料
  共催:絵本学会
  ※シンポジウムのお問い合わせは
  絵本学会事務局(office@ehongakkai.com)まで


※チラシ画像上をクリックで
PDFファイルが開きます
(2)ワークショップ
「ちゅるるん絵本作り
 ―開くとちゅるちゅる麺を食べる仕掛け絵本―」
   日時:平成28年10月30日(日) 10:00~16:00
  場所:兵庫県立歴史博物館 地階体験ルーム
  講師:村上祐喜子氏(手作り絵本作家)
  定員:20名
      ※当日まで電話にて受付(定員に達し次第終了)
  料金:500円
  対象:小学生以上

(3)れきはくアカデミー
「特別展 描かれた大正モダン・キッズ
 ―婦人之友社『子供之友』原画展から」
  日時:平成28年11月13日(日) 14:00~15:30
  場所:兵庫県立歴史博物館 ホール
  講師:山田加奈子(当館主査・学芸員)
  定員:100名(当日受付)
  料金:無料

(4)展覧会ガイド
  ①日時:平成28年10月15日(土)
    13:30~、15:00~
   講師:刈谷市美術館館長代理 松本育子氏(本展企画者)
  ②日時:平成28年11月3日(祝・木)11:00~
      平成28年11月27日(日) 11:00~
   講師:当館学芸員 山田加奈子







右の縮小画像をクリックしていただくと、
特別展「描かれた大正モダン・キッズ
-婦人之友社『子供之友』原画展」の
ご案内チラシ(表面/裏面)を拡大して
ご覧頂けます。