このサイトでは表示文字を調整することができます。・・・ 拡大 戻す
施設紹介

概要

 郷土の歴史に関する県民の理解を深め、教育・学術及び文化の発展に寄与することを目的として、
特別史跡・姫路城跡内の北東の位置に昭和58年4月に開館しました。
 建物は昭和55年(1980)に文化勲章を受章した故丹下健三氏の基本設計です。
別名「白鷺城」とも呼ばれる姫路城をイメージし、壁は石垣を、空調用の換気口は狭間を表しています。
また、ティーラウンジのガラス面には天守の美しい姿が映るなど、随所に姫路城をモチーフにした設計が
なされており、記念撮影のポイントとしても人気です。
 平成8年に常設展示の内容の一新、特別展示室の拡大、情報機器の新設等の改装を経ながら、
郷土の歴史学習、教育、学術の発展に寄与してきました。
 開館20周年を機に将来構想を策定。それに基づき、多くの県民が交流し「新しい学び場」となる
『交流博物館』を目指し、平成18年に内部の全面改装に着手。
平成19年4月20日にリニューアルオープンしました。


沿革

  昭和48年 1月        知事新春談話で県立博物館の建設を発表
  昭和54年 8月 1日    県立博物館設立準備室を設置
  昭和55年 2月23日    県立博物館建設基本構想を策定
  昭和56年 6月12日    建築工事着工
  昭和57年 9月 4日    建築工事完了
  昭和58年 4月 1日    兵庫県立歴史博物館開館
  平成 8年 3月23日    常設展示リニューアルオープン
  平成 8年12月26日    重要文化財の公開承認施設(文化庁長官承認)
  平成12年12月25日    重要有形文化財の公開事前届出免除施設(文化庁長官決定)
  平成19年 4月20日    展示および内部空間を改修しリニューアルオープン
  平成27年 4月 1日     館内に「ひょうご歴史研究室」開設


館内マップ

エントランス ロビー ひょうごのあゆみ みんなの家 歴史工房 バーチャル歴史工房 ギャラリー こどもはくぶつかん ひょうごの祭り 姫路城と城下町 ホール 体験ルーム カフェ