教育理念



神撫教育

1.智・徳・体の調和的発達
2.一芸一才から職業的方向へ
3.生活の指導原理の把握

    神 撫 教 育
 智徳体の何れにも偏せず、これを調和統一して発達
せしめ、健全なる人格的基礎を築かしめること、これそ
の一である。
 天は無用の人を造らず、何人にも恵まれたる一芸一才
がある。これを見出し、これを啓培し、以て職業的方向を
自覚するに至らしめること、これその二である。
 学問をして自己を知り、人間を知り、自然を知れば、自
ら人間の生活すべき真の道、即ち生活の指導原理を知る
に至る。この原理を把握するに至らしめること、これそ
の三である。





昭和6年10月5日、初代校長近藤英也先生は、 創立10周年記念式典に際し、 かねて抱いておられた教育理念を成文化され、 「開門章(かいもんのしょう)」と名づけて配布されました。

昭和36年5月6日、創立30周年に当たって、 開校以来の歴史と伝統をしのぶために、「開門章」が再刊されました。

それ以来今日までこの「開門章」は毎年、新入生全員に配布されています。