研修、研究、広報・支援の3事業をとおして、「兵庫が育む こころ豊かで自立した人づくり」を推進します。

トップ > 研修所について

基本理念

 兵庫県立教育研修所は、研修、研究、広報・支援の3事業をとおして、
「兵庫が育む こころ豊かで自立した人づくり」を推進します。



設置目的

 教育関係職員の研修及び教育に関する専門的技術的事項の研究を行います。
  業務の内容
   1 教育関係職員の研修及び研究助成
   2 教育に関する専門的技術的事項の研究
   3 教育に関する各種調査
   4 教科書センター及び教育図書資料室の経営
   5 教育相談
   6 その他、教育委員会が必要と認める業務
      (昭和38年4月1日 兵庫県条例第41号による)

組  織




沿  革

昭和22.12.26(1947)県立明石中学校内に兵庫県立教育研究所が設置された。
昭和23. 1.12(1948)庶務、教務、調査、図書の4係制を定めた。
昭和28. 5.20(1953)研究調査、庶務、事務の3係制に改めた。
昭和30. 4. 8(1955)兵庫県私学会館(神戸市中央区北長狭通4丁目)内に移転した。
昭和31.10. 1(1956)庶務、研究、研修の3係制に改めた。
昭和33. 4. 8(1958)旧関西学院中等部跡(神戸市灘区王子町3丁目)に移転した。
昭和33. 4.15(1958)所名を兵庫県立教育研修所と改めた。
昭和33. 5.10(1958)庶務、研究、研修の3部制に改めた。
昭和46. 4. 1(1971)総務、研修第1、研修第2の3課制に改めた。
昭和46. 7. 1(1971)加東郡社町山国字天狗山2006の107に移転した。
昭和52. 4. 1(1977)研修第3課を新設し、4課制に改めた。
昭和58. 4. 1(1983)総務、企画調査、義務教育研修、高校教育研修の4課制に改めた。
昭和63. 4. 1(1988)情報教育研修課を新設し、5課制に改めた。[兵庫県立情報処理教育センターの設置及び管理に関する条例(昭和44年兵庫県条例第34号)を廃止し、兵庫県立情報処理教育センターを閉所]
平成元. 3.29(1989)教育情報棟が建設された。
平成 7. 4.12(1995)ひょうごっ子悩み相談センターが設置された。
平成10. 4. 1(1998)心の教育総合センターが設置され、同センター内にひょうごっ子悩み相談センターが置かれた。
平成11. 4. 1(1999)兵庫県教育情報ネットワーク「ひょうご ゆずりはネット」の運用を開始した。
平成13. 4. 1(2001)総務、研修企画、企画調査、義務教育研修、高校教育研修、情報教育研修の6課制に改めた。
平成14. 3.29(2002)管理部、教務部を置き、総務課、研修企画課、企画調査課を管理部に、義務教育研修課、高校教育研修課、情報教育研修課を教務部に属させた。
平成15. 2. 1(2003)兵庫県教育情報ネットワークを高速化(光ファイバー化)した。
平成25. 4. 1(2013)心の教育総合センターが高校教育課所管となった。
平成27. 4. 1(2015)総務、企画調査、義務教育研修、高校教育研修、情報教育研修の5課制に改めた。これに伴い、総務課と企画調査課を管理部に属させた。
ページのトップへ戻る