研修、研究、広報・支援の3事業をとおして、「兵庫が育む こころ豊かで自立する人づくり」を推進します。

研究の概要

 今日的な教育課題や教育実践上の課題について、学校現場の実態を踏まえた研究を先導的に推進します
 指導主事による調査や研究だけでなく、大学や社会教育施設等と共同で研究に取り組んでいます。

指導主事による調査・研究

各課を中心に、研究テーマ・内容・方法等を検討し、研修講座の成果も踏まえながら計画的に研究を行っています。その成果を研究紀要にまとめ、県内外の教育センターや県内の各公立学校に配布しています。
研究紀要のページへ
共同研究
当面する教育課題や学校教育実践上の課題について、各課の特質や指導主事の専門性を生かしながら、課ごとに研究を行う。
個人研究
指導主事がそれぞれの専門的な立場から研究を行う。
研修生による研究
研修生による研究のページへ

「命の大切さ」を実感させる教育プログラムの策定

子どもたちを取り巻く社会環境の急激な変化の中にあって、自他の命を大切にすることは、時代を超えても変わらないものであることを理解させるため、小学校、中学校、高等学校の発達段階に応じた、「命の大切さ」を実感させる教育プログラムを策定しました。(平成17年度~)

三教育機関共同研究

県立教育研修所、県立嬉野台生涯教育センター及び兵庫教育大学の三教育機関が、学校教育等の充実・発展に寄与することを目的とし、教育現場等の諸課題について共同して実践的研究を行います。
[平成22年度テーマ]「小学校外国語活動」における教員の指導力向上に関する研究」
[平成23年度テーマ]「緊急時におけるネットワークを活用した学校情報発信の在り方に関する研究」

研究成果

これまでの研究から授業で活用できるデータを公開しています。
[平成26年度テーマ]「外国語活動の指導に関する研究 -外国語活動の単元を構成するためのコンテンツの開発-」ア『Hi,friends』の単元のつながりを考えるためのコンテンツイ『Hi,friends』をベースに児童の興味関心にあわせた単元を開発するコンテンツ
ページのトップへ戻る