up2017.11
小高連携事業パンジー植え替え
 12月12日(火)山野里小学校3年生50名が小高連携事業として本校園芸科を訪れ、園芸科3年生草花班生徒の指導のもと、パンジーの植え替えをしました。本年度の山野里小学校との小高連携事業は3回目で、1回目は9月にパンジーの種まき、2回目は10月に発芽した苗の鉢上げ、そして今回で最後となりました。
 全体説明の後、小学生は高校生から植え方の手ほどきを受けて好きな色のパンジーを選んでプランターに植えつけました。
 作業後の学習では「パンジーにはどれくらい水をやるんですか?」「いつ頃まで咲きますか?」「パンジーの花は何種類くらいあるんですか?」などと質問があり、高校生は普段の学習の成果を発揮して質問に答えていました。 
 植えつけたプランターは自宅に持ち帰って育てたり、町内の各施設に配布されます。
     


HOMEへ