機械工学科

目  標

産業構造の変化や技術革新に対応した学びを通して、地域社会から求められる、機械工学と電子工学
に関する専門的知識や技術を身につけた、未来の「ものづくり兵庫」を支える人材を育成します。

2019/0104 2019/0104 2019/0104

工業教育における「ものづくり」を通し、進歩し続ける工業社会に対応できる設備のもと、自ら学ぶ
意欲や正しい職業観と目的意識の育成を図ります。また、社会の変化に柔軟に対応できる基礎・基本
の上に立った教育課程で、生徒個々の知識・技能・技術の向上を目指します。


2019/0104 2019/0104 2019/0104

(1) 教育内容
  実  習  工業の基礎・基本の上に立った機械加工実習、溶接実習、実験的要素を含む材料試験、近
        年のコンピュータ制御に対応したNC加工、3次元CAD、電気回路(センサ技術・ロボッ
        ト技術)などを学習します。
  機械設計  機械あるいは機械要素を設計するときに基本となる教科で、機械に働く力、材料の強さ、
        機械要素(ねじ・軸・歯車)、リンク・カム機構などを学習します。
  製  図  機械設計・機械工作の基礎知識を基に、日本産業規格(JIS)に則った機械製図に関する
        知識・技術を身につけ、図面を読み取る能力、図面を描く能力を学習します。
  機械工作  機械に使われている材料の種類・性質、また、鋳造・鍛造・旋盤・フライス盤・溶接など
        による加工方法等を学習します。
  原動 機、自動車工学
        ポンプ・水車・送風機など水力学・流体力学に関する学習と、内燃機関やボイラー・原子
        炉など熱力学を学習します。エンジン・車体をはじめとした自動車について学びます。
  電気基礎、電子機械、電子計測制御
        電気・電子の基礎を学び、その技術を活用する装置・機器、およびコンピュータを利用し
        た装置・機械などロボット、自動運転カーにつながる知識を学習します。
  課題研究  生徒の主体的・自主的な学習を通して、問題解決能力や創造性を育成します。

(2) 卒業後の進路
  機械工学科は、基幹学科として産業界のあらゆる分野と密接な関係があり、加工・組立だけでなく検査
  ・品質管理・設備維持など産業界のさまざまな分野・事業所から幅広い職種の求人があります。つまり、
  景気の動向に左右されにくいです。また、専門性を高めるために大学、短大、高専や専門学校への進学
  も可能です。

(3) 試験などで取得できる資格
  技能検定普通旋盤作業2級、3級・JIS溶接技能者評価試験・ガス溶接技能講習・ボイラー技士・基礎製
  図検定・機械製図検定・初級CAD検定・危険物取扱者・パソコン利用技術検定試験など。


(Last Updated :R01.11.21 11:00)

兵庫県立兵庫工業高等学校・機械工学科 (your access: )