進路指導部長挨拶

HOME > 進路情報 > 進路指導部長より

「安心から信頼の姫工へ」 ”自己実現を目指して ・・・!”  
                      進路指導部長 永住 明宏



 信頼とは、社会・お客様に対する約束です。小さな約束をしっかり守るという基本をコツコツと日常的に積み上げ、一人ひとりがブランドを背負っていることを認識し、「基本と正道」に従った行動をとり、仕事の上では「ウソをつかない」、「人に知られて困ることをしない」ことを常に意識することと考える企業があります。
 また、信頼を得るために必要なアイテムとして企業が抱える課題に「コミュニケーションが適切に取れていない。」「工場で改善活動を指導できる従業員がほとんどいない。」など挙げられておられます。会社や部門といった組織の間で、また上司と部下や同僚との間でコミュニケーションが適切に取れていれば防ぐことができた問題もありました。
 コミュニケーションを取ることはとても大切で、お互いを理解し、信頼できる関係が不可欠と考えています。この関係を築くためには、一定のコミュニケーションの量が必要で、その上で、質の良いコミュニケーションを取らなければなりません。
 さらに、コミュニケーションには3つの「きくちから」が必要で、

  1.『聞く』力
   人の話を最後までよく聞くことが出来る。
  2.『聴く』力(身を入れてきく)
   話の内容や意味することを理解する。
  3.『訊く』力(たずねる)
   わからないことや知らないことを尋ねる。

 まさに、本校のモットー「ア・ヒ・ル」の実践で、みなさん自身、勉強し自己研鑽することが求められます。これらすべては、自分が、その場にあった状況を考え、素直に自分を表すことです。これらのことが、自然にでき、違和感のない状態・言動になったとき一回りも、二回りも人間的に成長できると確信しています。

 プロとは、チームの中で尊重され頼られ、他の職場やお客様からも一緒に仕事がしたいと望まれる人材です。加えて、他の職場からも欲しがられる。どこでも通用する人材がプロと考える企業もあります。これからの自分を成長させるきっかけであり、「安心」される人間ではなく、社会から「信頼」され「必要」とされる人間に成長してもらうこと。そして、後輩たちの『道しるべ』となるよう努力してください。

 

 

進路情報

MENU
お問い合せ
お問い合せは
 ℡ 079-284-0111
まで