令和2年10月17日(土)、ウインク武道館で「数学・理科甲子園ジュニア2020」を開催しました。

 45チーム(1チーム3名)が参加し、ダンボールカーをスタート台から走らせ、停止した車体から目的地までの距離の近さを競い合いました。

空気抵抗の少ない車体や安定感を持たせる車輪の付け方、振り子の仕組みを使い推進力を得る工夫等、3人で相談しながら創意工夫を凝らしたダンボールカーを製作しました。

予選では、各チーム2回ずつ試技を行い、上位12チームが決勝に進出しました。決勝は、1回のみの試技で順位を決め、以下の6チームが入賞しました。

TOP
兵庫県大会  
Q 




大会の様子




実施要項             出場チーム一覧

2020年度 大会結果

優 勝:兵庫県立大学附属中学校

   (Kendai's ver.13)

準優勝:西脇市立西脇南中学校
   (西脇南)

第3位:芦屋市立山手中学校
   (おこのみやき)   

第4位:加古川市立平岡中学校

   (HIRAOKA 48)

第5位:西脇市立黒田庄中学校

   (KFM

第6位:福崎町立福崎西中学校

   (North Forest Forever)  
 ※( )内はチーム名

 
 入賞チーム
 
   
ポスターデザイン表彰
 令和2年度は、科学好きの中学生が集まる「数学・理科甲子園ジュニア」のイメージにふさわしい、大会への参加を促すポスターデザインを県内の中学生から募集しました。
 応募した中から優秀な作品を選び、大会当日にポスターのデザインをした生徒も表彰しました。表彰者は下記のとおりです。
 
(最優秀賞)
 豊岡市立豊岡南中学校 3年 松岡 穂乃果
 (優秀賞)
 豊岡市立豊岡南中学校 3年 松森 ほの香
 (優秀賞)
 養父市立八鹿青渓中学校 3年 才田 蘭世
 

「令和2年度科学の甲子園ジュニアエキシビション大会」

 
今年は、全国の中学1、2年生を対象に、理科・数学・情報をオンライン上で競い合うエキシビション大会が開催されます。
日程
(エントリー期間)            令和2年11月16日(月)10時~11月27日(金)17時まで
(オンライン筆記競技予選)        令和2年12月5日(土)14時~15時
(オンライン筆記競技予選結果発表)    令和2年12月10日(木)15時
(オンライン筆記競技本選)        令和2年12月12日(土)14時~15時
(オンライン表彰式)            令和3年1月12日(火)16時~16時30分
※詳細は、全国大会HPをご覧ください。
 
過去の大会の様子
数学・理科甲子園ジュニア2019(R1.8.16)
数学・理科甲子園ジュニア2018(H30.8.17)
数学・理科甲子園ジュニア2017(H29.8.18)
数学・理科甲子園ジュニア2016(H28.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2015(H27.8.25)
数学・理科甲子園ジュニア2014(H26.10.18)
数学・理科甲子園ジュニア2013(H25.10.19)