■ 外付けフレームによる補強
 校舎の壁の外側に新たなフレームを造り、既存の校舎と接合することにより地震の力を 新たなフレームを通じて外に逃がすことで耐震性を向上させています。
 また、窓の開口部にブレースを取り付ける工法に比べ、室内が明るくなります。

(県立氷上高等学校 本館棟)

■ ブレースによる補強
 「鉄骨ブレース」を建物の外部に取り付け、地震の力を負担させることにより耐震性を向上しました。  
 この工法を採用することにより、施工前と同様の室内空間を確保しました。
 
(県立三木高等学校 図書館棟)
 
(県立高砂高等学校 体育館)
 
(県立淡路視覚特別支援学校 普通教室棟)

■ トグルによる補強
 「てこ」の原理の応用(「トグル機構」)により、効率的に地震の力をダンパーにより吸収できます。
 
(県立猪名川高等学校 特別教室棟)

■ 一般改修(内・外装改修)
 耐震改修工事にあわせて屋上防水、外壁などの外装改修や、教室、トイレなどの内装改修を行いました。
 
(県立氷上高等学校 調理教室)
 ・床張り替え
 ・壁、天井塗装
 ・照明器具更新
 ・調理台更新
 
(県立豊岡総合高等学校 トイレ)
 ・タイル張り替え
 ・天井塗装
 ・便器更新
 
(県立国際高等学校 体育館)
 ・外壁塗装
 ・屋根塗装
 ・内装改修




前のページへ戻る