文化部合同発表会
 今年はインフルエンザにより1週間延期しましたが、毎年恒例の文化部合同発表会を無事開催することができました。

 華道部の生け花が会場を,美しく和やかに彩りました。
 放送部は制服についての番組の他,八高祭オープニングをバージョンアップした,スペシャル映像も放送しました。
 家庭科部のバザーでは豚汁やおでんなど温かいできたてのメニューに,体もポカポカになりました。
 自然科学部は酵母菌の温度と活動量の関係についての発表と,小麦粉を使った粉じん爆発実験もありました。
 書道部のパフォーマンス。手拍子・音楽すべてがマッチしていてダイナミックでした。
 西洋画の特徴を活かした,たくさんの作品に魅了されました。
 茶道部はお茶とお菓子のおもてなし,たくさんの人に利用していただきました。
 音楽部はすばらしい歌声と,生徒指揮によるハーモニーも美しいステージでした。
  写真部の展示。「校長賞」「教頭賞」「木村写真館賞」などの賞の発表もあり,たくさんの作品をしっかり鑑賞することが出来ました。
 ESS部は,「 落語 in English 」と題して落語のおもしろさを英語で表現しながら,日本語字幕付きでわかりやすくお年寄りからも人気でした。
 吹奏楽部はコンサートのように,客席と一体感のある演奏で(クラシックからポピュラーまで)みんなが楽しめるフィナーレになりました。
 今年はPTAにも参加していただきました。八鹿高校の歴史を記録した写真と共に,手作りの作品などの展示がありました。
 シルバー人材センターの方にも手芸作品などを展示していただきました。音がでるなど工夫された作品を通して,生徒と交流の場にもなりました。 
 本校は観察実験推進モデル校に指定されていて,地域の小学校で実験出前授業なども実施しています。その一環として地域の小学校から理科の自由研究をお借りして展示しました。高校生も興味深く見入っていました。
行事のページへ戻る