学 校 概 要

本校教育の目標 校訓
校章 学校経営の重点
卒業生総数 設置課程・コース
在籍生徒数 校歌

本校教育の目標

 憲法・教育基本法の精神に則って、人格の完成をめざし、平和な国家 及び社会の形成者として心身ともに健康な国民を育成する。

topへ

校訓

 「尋師訪友 克己勉励」

 池田草庵先生の青谿書院記の冒頭にある「尋師・訪友」と論語顔淵第十二記にある「克己復禮為仁」 (己に克ちて礼を復むを仁と為す)を基とし、師の教えを請い、友と語らい、自らの学問をつくる との意味が込められています。

topへ

校章

 現在の校章は、昭和24(1949)年に制定されたもので、「八鹿」の「八」 を表す文字を周りに配し、中央に明治30(1897)年創立の兵庫県立 蚕業学校以来の伝統を意味する「桑の葉」と高校の「高」の文字を 浮き立たせたものです

topへ

学校経営の重点

1、知性・徳性・体力をそなえ、命と人権を大切にし、たくましく生きる人間の育成を目指す。

2、基礎・基本の確実な定着を図り、自ら学ぶ力と生涯学び続ける意欲を育てる。

3、生徒の個性や創造性を伸ばし、特性を活かす進路指導を推進し、実力養成と進路の実現を図る。

4、学校・家庭・地域社会との相互の連携を深め、豊かな心や共に生きる心を育て、地域の文化 を基盤とした教育を創造する。

topへ

卒業生総数(平成27年4月現在)

男子 18,258
女子 13,664
31,924
topへ

設置課程・コース

課程 科別 コース 学級数 定員
全日制 普通科 自然科学 3 120
普通 14 560

topへ

在籍生徒数

1年 2年 3年 合計
96 104 200 119 119 238 118
121
239 333 344 677

topへ

校 歌

1、
端山繁山むら立ちて
霧が呼ぶなる郷愁は
母の乳房にかたどらむ
みなかみ遠き谷々の
水を集めて合ふところ
むすぶにまかす知の泉
けふぞ挙る
八鹿 八鹿 八鹿高校
2.
桑の高木の節立ちて
風雨刻める年輪は
父のおもわになぞらへむ
葉脈しるく陽に映えて
つよく命の息づくを
みどりの風にひるがへし
けふぞ夢む
八鹿 八鹿 八鹿高校
3.
朝の花々香に立ちて
おのがじしなる装ひは
開く窓辺にかよはさむ
濁世を越えて潔く
学の新風大らかに
空行く雲と照り合ひて
けふぞ競ふ
八鹿 八鹿 八鹿高校

topへ