本文へスキップ

元気兵庫へ こころ豊かな人づくり

電話でのお問い合わせ・教育相談はTEL.079-674-0214

学校概要School guide

 ・学校長ごあいさつ  ・設置目的    ・沿  革  ・校  訓
 ・校  歌  ・校  章   ・教育目標 地域における特別支援教育センター校
 としての役割について
 ・校舎案内      ・令和元年度和田山特別支援学校
  グランドデザイン

学校長ごあいさつ

 

校長 中村 基生

 兵庫県立和田山特別支援学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。
 平成31年4月に着任いたしました校長の中村基生です。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、本校は、昭和54年4月に肢体不自由のある子どもたちのための養護学校として、兵庫県立出石養護学校和田山分校として誕生し、平成4年4月に兵庫県立和田山養護学校として、新たに独立開校しました。平成9年には、高等部を設置し小・中・高と継続して系統立てた教育ができる環境と、併せて、寄宿舎を新設し、文字通り生活のすべてが自立への学びにつながる環境が整いました。その後の法改正による「特別支援教育」の開始に伴い、名称を和田山特別支援学校へと校名を変更し、平成22年には知的障害部門を併設し、現在の和田山特別支援学校となり、今年度は、小学部12名、中学部8名、高等部24名の計44名が在籍し、内9名が親元を離れて寄宿舎で生活しています。
 本校の校訓は、「学校大好き 仲良く 力いっぱい」です。一人ひとりの子供たちの特性は違いますが、みんなが学校を好きになり、子供たちが互いに認め合いながら、自らの持てる力を最大限に発揮し、新たなことへの挑戦と、人生を自らの意思で切り拓き、たくましく生きていく力をはぐくむ教育の実践に教職員一同全力で取り組んでいます。
 また、教育効果を高めるために、就学前から卒業後までの一貫した支援体制を構築し、保護者、地域の皆様、関係諸機関と学校が連携を深めるとともに、地域における特別支援教育のセンター的な役割の充実発展に努めてまいります。本校の教育活動に対する日ごろのご支援に心から感謝申し上げますと同時に、今後も変わらぬご理解ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成31年4月

設置目的

本校は、知的障害及び肢体不自由児童生徒に対して、小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を習得させることを目的とする。


沿革

昭和54年 4月 1日 兵庫県立養護学校の分校の名称及び設置に関する規則【昭和54年兵庫県教育委員会規則第7号】により兵庫県立出石養護学校和田山分校設置・開校、小学部及び中学部設置 
昭和54年 4月 9日 開校式挙行
昭和54年11月 7日 校舎竣工・開校記念式典挙行
昭和56年 4月 1日 寄宿舎設置
昭和56年11月10日 寄宿舎改修工事完成
平成 4年 4月 1日 兵庫県立盲学校、兵庫県立聾学校及び兵庫県立養護学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例【平成4年兵庫県条例第24号】により兵庫県立和田山養護学校として独立・開校
兵庫県教育委員会参事 坂下 諭、校長に補せられる。(初代)
平成 4年 4月 8日 開校式挙行
平成 4年10月 9日 創立記念式【校歌並びに校旗の披露】挙行 
平成 6年11月28日 体育館完成
平成 7年 1月14日 体育館竣工式挙行
平成 7年 4月 1日 兵庫県立八鹿高等学校大屋分校教頭 吉井 豊、校長に補せられる。(2代)
平成 9年 4月 1日 兵庫県立盲学校、兵庫県立聾学校及び兵庫県立養護学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例【平成9年兵庫県条例第11号】により高等部を開設。
兵庫県立出石高等学校教頭 波多野宗一、校長に補せられる。(3代)
平成10年 6月26日 校舎(高等部)・寄宿舎完成
平成10年 6月29日 校舎(高等部)・寄宿舎竣工記念式挙行
平成12年4月 1日 兵庫県立温泉高等学校長 藤本敏明、校長に補せられる。(4代)
平成13年10月26日 創立10周年記念式典挙行
平成14年 4月 1日 丹波教育事務所主幹兼教育推進課長 梅澤一元、校長に補せられる。(5代)
平成15年 4月 1日  兵庫県立姫路養護学校教頭 清水 均、校長に補せられる。(6代)
平成17年 4月1日 兵庫県立氷上養護学校長 野崎曙生、校長に補せられる。(7代)
平成19年4月 1日 兵庫県立和田山特別支援学校(肢体不自由)と校名変更
上記に伴い校章の変更
平成19年 9月 1日 校歌の歌詞の一部変更
平成20年 4月 1日 兵庫県立淡路視覚・聴覚特別支援学校長 足立光藏、校長に補せられる。(8代)
平成22年 4月 1日 兵庫県立八鹿高等学校教頭 岡本妙子 校長に補せられる(9代)
平成22年 4月 1日 知的障害部門併置となる。
平成23年11月 3日 創立20周年記念式典挙行
平成24年 4月 1日 兵庫県教育委員会但馬教育事務所長 吉竹主税、校長に補せられる(10代)
平成26年 4月 1日 校章の一部変更
平成27年 4月 1日 兵庫県立氷上特別支援学校長 足立恵宣、校長に補せられる(11代)
平成29年 4月 1日 兵庫県立豊岡高等学校定時制教頭 椿野亮二、校長に補せられる(12代)
平成31年 4月 1日 兵庫県立出石特別支援学校教頭 中村基生、校長に補せられる(13代)

校  訓


学校大好き 仲良く 力いっぱい

校  歌

1 朝来の山が
  ほほえみかける
  やさしくそよぐよ
  みどりの風が
  みんなさわやか
  笑顔かがやけ
 
 2 竹田の城の
  ふもとに集う
  のびゆく力に
  心をこめて
  みんな元気に
  生命かがやけ
 3 円山川の
  ほとりに学ぶ
  ふくらむ夢に
  願いをこめて
  みんな明るく
  希望かがやけ
4 福祉の里の
  はばたくところ
  世界の仲間と
  手をとりあって
  みんな仲良く
  未来かがやけ
  

◆平成19年7月10日 校歌が一部変更されました。

校  章

  
 外側のデザイン   は和田山のWと竹田城跡を表しています。
 内側のデザイン   は児童・生徒の成長を願う若葉を表しています。
 中央のデザイン   は和と円満を表しています。


教育目標

個々の実態や特性等に応じた指導の充実を図り、社会の一員としてたくましく生きる力を育成して、生命と人権を大切にしたこころ豊かな人づくりをめざす。

地域における特別支援教育センター校としての役割について

( 1 )特別支援教育のセンター校として理解啓発活動を広く地域に対して行い、但馬地域内の特別支援学校と協力して特別支援教育の充実を図ります。

( 2 )肢体不自由・知的障害・発達障害・視覚障害に関わる教育相談や、但馬地域内の幼稚園・保育園・こども園・小学校・中学校・高等学校への支援を推進します。

( 3 )地域や福祉・医療・進路先などの関係機関と協力し、連携を図ります。


校舎案内


 小学部教室  中学部教室
   
 高等部教室  
   
 保健室  食  堂
 
 
  体調が悪くなったり、ケガをしたときはここでお世話になります。また毎日の健康チェックも欠かしません。  ここで給食を食べます。寄宿舎に入舎している児童・生徒は朝食と夕食も食べます。 
 パソコン室  音楽室
   
 8台のパソコンがあります。他にもノートパソコン8台、各教室にも1台ずつあります。ここで調べ学習をしたり します。もちろんインターネットにもつながります。 音楽室です。ピアノはもちろん鉄琴や木琴、 たいこやハンドベルなどもあります。みんな音楽が大好きです。
 プレイルーム  うごきのへや
   
 大勢が一度に集まれる広い部屋です。ここで学部集会をしたり、音楽をすることもあります。それから毎朝、マットを敷いて「からだの学習」も行います。  たたみのある部屋です。ここで「からだの学習」をしたり、気持ちを落ち着かせる目的で使ったりします。
 あそびのへや  体育館
   
  この部屋には大きなボールプールがあります。また天井からボルスターやハンモックをぶらさげてリラックスしたりします。  ここで入学式や全校集会などの行事を行ったり、体育で体を動かし体力作りなどを行ったりします。
 木工室  調理室
   
 この部屋にはのこぎりや金づち、大きく本格的な機械も置いてあります。本棚などの作品を作ることができます。   調理実習はここで行います。カレーライスやお味噌汁などを作り、卒業後に生かせるような学習を行っています。お菓子などを作ることもあります。 
 美術室  理科室
   
  美術室です。ここでは美術の作品作りだけではなく、玉のれんなどの作業なども行います。   理科室です。理科の実験器具等もあります。実験だけでなく教科学習に使用することもあります。
  事務室
    
  事務手続き等を行ってくださいます。本校に関わる全ての人がお世話になり、支えてくださっています。
 わとく地域支援センター  
   
 本校の入り口にあります。教育相談を行ったり、各種検査を行うのに使用します。 体験入学などで来校される場合にはこの部屋に通されることが多いです。
 トイレ  エレベーター
   
 車いすで生活している児童・生徒が使いやすいように、手すりがついていたり、広めにできています。   車いすの生徒が一度に4名程度乗ることができる広さがあります。
 スクールバス【生野方面ゆき】  スクールバス【養父方面ゆき】 
 
運転手を除く座席数:22 席(車椅子2席含む)
生徒乗車数:9名
所要時間: 90分
所要距離数:47.9km
※H28年度実績
運転手を除く座席数:22席(車椅子2席含む)
生徒乗車数:12名
所要時間:73分
所要距離数34.4km 
※H28年度実績
 スクールバス【和田山方面ゆき】  
   
運転手を除く座席数:27席
生徒乗車数:14名
所要時間: 68分
所要距離数:29.0km
※H28年度実績





兵庫県立和田山特別支援学校兵庫県立和田山特別支援学校

〒669-5252
兵庫県朝来市和田山町竹田1987-1
TEL 079-674-0214
FAX 079-674-0279

http://www.hyogo-c.ed.jp/~wadayama-sn/kinkyurenraku_keitai.html
地震等緊急連絡用QRコード

 東日本大震災ではインターネットが安否情報など確認する際に役立ちました。本校ホームページにも万が一に備え連絡用ページをご用意いたしました。
 ↑この文章のすぐ上にあるQRコードを携帯電話のバーコードリーダーで読みとり、携帯電話にご登録ください。学校の状況や児童・生徒の状況などをお知らせいたします。