バナー画像

インフルエンザへの対応について


本校では、感染した場合、重症化するリスクが高いといわれる基礎疾患のある児童生徒が在籍しており、学校医と協議のうえ、下記のような対応をしております。


1 インフルエンザ予防対策を行います。

①登校時の検温
②手洗い、うがいの励行
③流行期に集団で授業を行う場合は手の消毒をし、なるべく接触を避ける。
④流行期、公共交通機関を利用する生徒は、マスクを着用する。
⑤風邪症状がある場合はマスクを着用する。

2 交流行事、外部との交流については、外来者の状況を事前に掌握し、実施について協議します。

3 校外学習などで公共交通機関を利用する場合は流行状況等を把握し、実施について協議します。 

4 インフルエンザ感染者が出た場合の対応について
①リハビリテーション中央病院、医療福祉センターさくら、兵庫中央病院病棟生で感染者が出た場合は、当該医療機関と対応を協議します。
②本校で感染者が発生した場合の在宅訪問学級の授業については、罹患者の発生状況を考慮し、保護者と対応を協議します。
③通学生(本校)の臨時休業については、罹患者の発生状況により、学校医、県教育委員会と協議して決定します。
④スクールバスでの通学生に感染者が発生した場合は学校医とも協議して運行を決定します。
⑤その他、感染状況により対応を判断します。

5 出席停止について
①児童生徒本人が発症した場合、発症した後5日を経過し、かつ解熱後2日間以上経過するまで出席停止となります。
②感染の疑いがあると診断された場合も出席停止とします。
③家族が発症した場合は出席停止となりませんが、本人に風邪症状があるときは、出席停止となります。

6 感染防止に向けて
①感染拡大防止のため、健康に留意し、体調に変化を感じた場合は検温するなど、健康状態をチェックして下さい。
②本人や同居者が感染または感染疑いと診断された場合は、速やかに学校へ連絡して下さい。





Copyright(C)2011 兵庫県立上野ケ原特別支援学校 All Rights Reserved.