〒675-0057
兵庫県加古川市東神吉町神吉1748-1
TEL:079-432-6861 FAX:079-432-6862

本校は毎年多くの生徒が就職し 、その大半が地元に残って地域社会の担い手として活躍しています。そして、平成28年度から、加古川市の「指定緊急避難場所」および「指定避難所」になっており、地域との密な連携が必要となっています。そうした中、本校は兵庫県教育委員会「防災教育推進校」に認定され、ふるさと貢献活動の一環として、防災教育「東播工-災害時支援プロジェクト(T-DAP)」に取り組み、近年増加する自然災害に備えて在学中から防災意識を高めるとともに、次の3本の柱を軸に被災者支援ならびに防災リーダーの育成を目指し活動しているところです。

 ・地域連携型組織的防災教育
 ・『災害時支援チーム』派遣
 ・ものづくり防災教育

本訓練は、中長期的な地域の防災力向上に向けて、近隣地域との連携を密にした訓練であり、地域連携型組織的防災教育を念頭に置き加古川市危機管理室はじめ加古川市中央消防署西分署、地元消防団等の地域、ならびに学校近隣の町内会と連携し地域防災力の向上を1つ目の目的として実施しました。また、『災害時支援チーム』派遣に向け、被災地での支援活動ができる基本的な防災スキルを身に付けるとともに、自らが被災した際に、自らの安全を確保したうえで被害拡大を防ぐとともに、負傷者の救護、地域の方のスムーズな避難誘導ならびに避難所の設営など、緊急事態においてできる対応を考える機会としています。そして、ものづくり防災教育として、訓練では過去に制作した防災リヤカー、及びロケットストーブを活用し、被災者(被災地)のニーズを考え、気づく力を養う機会となり、学習できるように実施しました。

日 時 : 令和元年 6 月 17 日(月)
場 所 : 本 校
協 力 : 加古川市危機管理室、加古川消防西分署、東神吉分団、西神吉分団、米田分団、高砂市危機管理室、
      日本赤十字社、東播磨県民局、防災士会、自衛隊、地域住民の方々、PTAの方々 ほか

 

 

1年生 2年生 3年生

土のう作り

初期消火

ロープワーク


■指導してくださった方々

加古川市消防署、地元消防団

自衛隊

映像による防災教育

避難所組み立て

避難所開設


■指導してくださった方々

防災士会

 

搬送法の学習

救急法の学習

 

 


■指導してくださった方々

日本赤十字社

 

非常食の配給訓練

 

 

 

 

本日は、暑い中、たくさんの方々に協力していただき、誠にありがとうございました。生徒たちも良い

体験ができ、これからの防災について考え、取り組んでほしいと思います。