兵庫県立龍野高等学校

English  Access  Sitemap  お問合せ
〒679-4161 兵庫県たつの市龍野町日山554
tel 0791-62-0886 fax 0791-62-0493

トップ > 校長挨拶

兵庫県立龍野高等学校長 挨拶

兵庫県立龍野高等学校のホームページにようこそ!

 本校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
  県立龍野高等学校は、播磨の小京都とも呼ばれる風光明媚な「たつの市」の旧市街地にあり、近くを清流揖保川が流れています。本校近くには、近世以来、龍野脇坂藩五万三千石の城下町として発展した面影を今に伝える武家屋敷や白壁の土蔵などのほか、史跡や文化施設も多く、年間を通して多くの観光客がこの地を訪れています。
 本校は、明治30年兵庫県龍野尋常中学校として設立され、明治32年に兵庫県龍野中学校と改称されました。昭和23年に学制改革に伴い兵庫県立龍野高等学校となり、今年度創立121年目を迎える西播磨地域有数の伝統校です。この間、政財、文学、法曹、科学技術、音楽界等々に有為な人材を数多く輩出してきました。実業家で国務大臣も務められた鹿島守之助氏(龍中12回)や『人生論ノート』の著者として高名な哲学者三木清氏(龍中13回)、元検事総長の原田明夫氏(龍高10回)など多士済々の卒業生が広く国内外で活躍されています。また、2016年に「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受賞されノーベル化学賞の最有力候補として報道された前田 浩氏(龍高9回生)のノーベル賞受賞が期待されるところです。
 本校は、伝統的に県下の理数教育をリードしてきた経緯があります。普通科と「総合自然科学科」を設置し、この専門学科を核として更なる発展と充実に取り組んでいます。
平成30年度から改めて文部科学省の研究開発指定であるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)2期目(開発型)の指定を受け、本校が独自に研究する「学校設定教科」を設定し、「科学への夢」そして「疑問」が出発点となる課題研究に執念を燃やす生徒たちが着実に育っています。「グローカルに科学の輪をつなぐ」をスローガンに、探究過程の可視化により生徒一人ひとりを深い学びへと導く指導を展開し、将来国際舞台で活躍できる科学系人材の育成を更に強力に推進します。
  本校生は、「向上・友愛・団結」の校訓のもと、切磋琢磨の文武両道を目指し、勉学や部活動に粘り強く取り組んでいます。平成30年度入試では、国公立大学に今春卒業した70回生138名が合格し、既卒生13名と合わせて151名が合格しました。京都大、大阪大、九州大、神戸大、広島大、岡山大等の難関大に多数合格をしています。詳細は進路状況のページをご覧ください。
部活動では、昨年度、陸上競技部、女子ソフトテニス部、男子バレーボール部、卓球部、柔道部が近畿大会出場を果たすなどの活躍をしました。この他、多くの運動部が日々の練習に熱心に取り組んでおり、毎年県大会等で好成績をおさめています。学芸部では、放送部がNHK杯全国高校放送コンテストの創作ラジオドラマ部門で準優勝を果たし、他にもアナウンス部門、朗読部門、ラジオドキュメント部門にも出場しました。百人一首部は、6年連続で兵庫県代表として全国大会に出場するなど、めざましい活躍を続けています。
 これからも、生徒たちの「夢」の実現に向けて教職員が一丸となり、魅力ある学校づくり、信頼される学校づくりに全力を尽くしてまいります。保護者の皆様並びに地域の皆様には、今後とも本校の教育活動に格別のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成30年4月9日
兵庫県立龍野高等学校
校 長 北 峯 照 之

新着情報カテゴリー

関連バナー

学校紹介ビデオ

ページのトップへ戻る