+++新学習システムの趣旨・推進内容+++
趣旨・推進内容

新学習システムの趣旨・推進内容
趣  旨 少人数授業や兵庫型教科担任制等の新学習システムを導入し、児童生徒一人一人の個性や能力の伸長と基礎学力の向上を図るきめ細かな指導や多面的な児童生徒理解に基づく指導を推進する。
推進内容

(1)小学校低学年(1・2年生)※複数担任制と35人学級編制の選択
 @複数担任制
  ・学級担任と新学習システム担当教員が協力指導により、学習指導及
   び生活指導の充実を図る。
 A35人学級編制(調査・研究)
  ・1学級が35人を超える学級集団を分割し、学習指導の充実や基本
   的な生活習慣の定着を図る。


(2)小学校中学年(3・4年生)※少人数授業と35人学級編制の選択
 @少人数授業
  ・学習内容や児童の学力・学習状況に応じて、学年や学級を効果的な
   少人数学習集団に編成し、学力の確実な定着や個性の伸長を図る。
 A35人学級編制(調査・研究)
  ・1学級が35人を超える学級集団を分割し、学習指導の充実や基本
   的な生活習慣の定着を図る。


(3)小学校高学年(5・6年生)※少人数授業と兵庫型教科担任制の選択
 
@少人数授業
  ・学習内容や児童の学力・学習状況に応じて、学年や学級を効果的な
   少人数学習集団に編成し、学力の確実な定着や個性の伸長を図る。

 
A「兵庫型教科担任制」(実践研究)
  ・教師の専門性を生かした学習指導や協力的な生活指導など中学校へ

   
の円滑な接続を図る教科担任制と少人数授業とを組み合わせた実践
   研究に取り組む


(4)小学校共通
 @複式学級の指導体制(調査・研究)
  ・複式学級のシステム上、指導が困難な学年・教科の学習指導の充実
   を図り、教育課程の適切な実施を図る。

(5)中学校共通
 @少人数授業
  ・学習内容や生徒の学力・学習状況に応じて、学年や学級を効果的な
   少人数学習集団に編成し、学力の確実な定着や個性の伸長を図る。
 A部活動の指導補助
  ・中学校1年生担任が担当する部活動の一部を非常勤職員が指導し、
   担任による教育相談や個別指導等の充実を図る。