高砂高校女子バレーボール部
基本情報はコチラからご覧になれます。
〜平成28年度〜


県総体 〜速報〜   2016/5/28、29 市神港、グリーンアリーナ神戸にて

    
1回戦シード
2回戦加古川南 2−0
3回戦明石城西 2−0
4回戦 洲本   2−0
5回戦 市神港  2−0

   
                     結果:ベスト8進出、次週準々決勝へ


目標通り最初の2日間を勝ち上がることが出来ました。
6月4日(土)・5日(日)流通科学大学にて準々決勝・決勝リーグが行われます。
インターハイ出場目指し、「熱子(アツコ)」となって全力で戦います。
ご声援よろしくお願いいたします。


高松短大杯    2016/5/5木,高松大学、高松短大にて

1回戦対 丸亀城西(香川)2−1 勝
準決勝対 富岡東 (徳島) 2−0 勝
決勝対 高松南 (香川) 0−2 負 

   
                     結果:準優勝


今年もご招待いただきました。厳しい姿勢で大会に臨みました。生徒たちの心は動いてくれたでしょうか。 決勝進出するもあっけなく負けてしまいました。遠方ながら本当に多くのご声援に感謝です。


優勝大会&1年生歓迎会   2016/4/29金,30土 高砂高校にて


1日目 
1回戦 シード
2回戦 三木北 2−0
3回戦 北条  2−0

2日目 
準決勝 明石南 2−0
決勝 社 2−0

   
                     結果:優勝、優秀選手賞受賞


目標達成できました。やれやれです。次の県総体で暴れたいものです。
今年も1年生を迎え、歓迎会をして頂きました。31名で闘います。




春季リーグ戦 2016/4/16土,23土 明石商業高校にて


1日目 
社   0−2
明石商 2−1

2日目
明石城西 2−0
明石清水 2−0

   
                     結果:1部3位


いろいろあった大会でした。警報で翌週に延期。けが人多数。
そんな中、テーマは「3年の思い」でした。
案の定、思いの甘さが1試合目から露呈して社にストレート負け。
その後3勝し、3勝1敗が3チーム並ぶもセット率で3位。
不甲斐ない結果でした。 負けてわかるでは本当に遅いですが、
この敗戦を糧にし次の優勝大会では必ず結果を出します。




桜の下で   2016/4/2土 高砂高校にて


学校の桜が満開です。 この冬の練習結果で、この先どんな花が咲くのか
楽しみです。


〜平成27年度〜






卒業生を送る会&卒業式   016/2/26金、27土 高砂高校にて


今年も巣立って行きました。
よく練習し、よく怒られ、よく泣き、よく笑い、あっという間の3年間でした。
この3年間で心も、体(笑)も成長したのかな。
本当に卒業おめでとう。



県新人戦    2016/1/30土,31日 県立総合体育館にて

1日目 
1回戦 シード
2回戦高砂 姫路商業 2−0
3回戦 須磨ノ浦 0−2
 
          
              
       結果:第9位


 大会を迎えるまでにさんざん言い続けてきた「足らないものは足らない」と言うそのままの結果であった。練習はうそをつかないと言うが、良い方にも悪い方にも当てはまる結果である。私たちの練習環境のすべてである体育館や学校生活を熱くしないと何も動き出さない。 この結果を忘れず県総体まであと111日。大会を迎える前日に、やることはすべてやったと胸を張って言えるように1日1日取り組みたい。


熱子(アツコ)                              2016/1/5火 高砂高校にて

 
 当日は、本校がバスケットボールの試合会場だったこともあり、午前中は高砂海浜公園での楽しい!楽しい?トレーニング。食事をとってからチームスローガンとなる「熱子(アツコ)」の横断幕を作成しました。
 選手権後、新チームに必要なことを考え、大会のテーマに熱子を掲げてきました。これは、昨年の福岡ソフトバンクホークスのスローガン 熱男(アツオ)の女性バージョンです。
 ちなみに、HPからの抜粋によると・・・
 2015年、福岡ソフトバンクホークスが目指すのは、2年連続の日本一のみ。
 大きな目標を達成するため、ファンとチームが一丸となり、熱く戦いましょう!
どんなときも、決してあきらめず、前向きに、情熱的に突き進む。
今の自分に満足することなく、向上心と探求心を持ち続け、
笑顔で、元気に、アツく、熱く、突き進む!
 そんな、気持ちを持った人、それが、「熱男(アツオ)」なのです。

 これを私たちに置き換えると・・・
 高砂高校女子バレーボール部が目指すのは、全国大会出場のみ。
 大きな目標を達成するため、ファンとチームが一丸となり、熱く戦いましょう!

何事にも、決してあきらめず、直向(ひたむ)きに、情熱的に挑戦する。
今の自分に満足することなく、向上心を持ち続け、
笑顔で、楽しく、アツく、熱く、突っ走る!
 そんな、気持ちを持った人、それが、「熱子(アツコ)」なのです。
 この、どんなときも、・・・からの文章が私たちに必要なことと感銘を受けチームスローガンに掲げました。県大会では横断幕と文字通り熱子となった高砂高校を披露できればと思っております。お楽しみに!









練習初め                                 2016/1/3日 高砂高校にて

 
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 練習初めは恒例の高砂神社初詣〜初練習を行いました。部内安全、目標達成!今年はどんな年になるでしょうか?楽しみです!









福山平成大学杯        2015/12/25金〜28月 福山平成大学、神辺旭高校にて

 
結果:高砂高校Aチーム 1部トーナメント 準優勝

高砂高校Bチーム 2部トーナメント  優勝


 福山平成大学杯女子バレーボール大会に初参加でした。急遽不参加の高校があったため、部員数の多い本校に声がかかりA、Bの2チーム参加となった。初日の予選リーグ3試合、2日目の部別トーナメント3試合、計6試合ユニフォームを着て全員が試合に出場できるという本当にありがたい経験ができた。チーム全体のレベルアップにつながる充実した遠征となった。この経験を県新人につなげたい。
 大会運営をしていただいた先生および大学生の皆さん本当にありがとうございました。また、大会前日の練習試合及び宿泊場所となった神辺旭高校の先生・生徒・保護者の方々には宿泊場所や3食のお世話を頂き感謝の言葉しかありません。このご縁を大切に今後ともよろしくお願いいたします。











東播新人戦                2015/12/19土,20日 三木北、三木高校にて

1日目 1回戦 シード
2回戦 対 三木北 2−0 勝
3回戦 対 加古川北 2−0 勝
2日目 準決勝 対 社 2−0 勝
決勝 対 明石商業 2−0 勝
 
結果:優勝、優秀選手賞受賞


 大会を迎えるまで、そして大会中も本当にいろいろあった大会だった。そんな中、結果はリーグ戦に引き続き全試合ストレート勝ちでの優勝となった。リーグ戦と合わせて2本の優勝旗を手中にした。
 今年のチームの良い面なのかもしれないが、不思議と負けそうで負けないというのが感想である。試合内容は、ジェットコースターのように浮き沈みが激しく安定した勝利には程遠いが、爆発力があるのも確かである。新チーム結成が他チームより遅い中、新人戦の絶対優勝を達成でき本当にうれしかった。「勝って兜の緒を締めよ」。県新人に向け、弱点の克服と強みの強化に取り組みたい。
 今回も多くのご声援ありがとうございました。











秋季リーグ戦      平成27年11月21日(土)、11月22日(日)  会場:高砂高校

   1日目  対 小野     2−0 勝
         対 明石清水  2−0 勝
   2日目  対 西脇     2−0 勝
         対 明石商業  2−0 勝
 
          
              
       結果:1部優勝、優秀選手賞受賞


 不安しかない中で臨んだ今大会は結果、全試合ストレート・全勝優勝となった。私が顧問になってからは全試合ストレート・全勝での優勝ははじめてである。
 県選手権が終わってから3週間での試合は本当にきつかった。突貫工事でチームを作った感が満載で、良く結果が残せたというのが正直なところである。生徒たちは、リーグ戦の最中にも試合を重ねるごとに成長していった。今大会のテーマに掲げた事をやり通した結果である。
 この優勝をチームの自信とし、次が本当の勝負となる東播新人での優勝を達成するために、短い期間であるがさらなる成長と足元固めに取り組んでいきます。今回も多くのご声援ありがとうございました。



(27年11月30日更新)
 

県選手権      
                  平成27年10月31日(土)、11月1日(日)  会場:高砂市総合体育館

   31日 1回戦 シード
        2回戦 2−0 常盤   勝
   1日  3回戦 2−0 加古川東 勝
        4回戦 0−2 神戸星城 負
 
          
              
         結果:ベスト16

  
  

 優勝のみを目指し挑戦した大会であったが、日ノ本への挑戦権すら奪えず終わってしまった大会であった。
 例年は近畿大会終了後に引退していた3年生であるが、この選手権まで残り、全国を目指す道を選んでくれた。他部の同級生大半が部活を引退し夏休みを満喫する中、汗水流しさらなる成長を求めてバレー一色の生活を送った。2学期になっても、放課後は体育館に行くのが当たり前の生活。全力で選手権に向けて取り組んでくれた。
 メンバーも大きく一新し、伸び代を求めて1年生を多く起用する。
 打倒日ノ本にはこれくらいの思い切った策が必要と覚悟を決め、練習試合を繰り返した結果は、はまれば強さが爆発する一方、逆の場合はもろさが露呈する。
 大会では、神戸星城戦で心配したもろさが出てしまい、ふがいない敗戦をしてしまった。
 監督の責任を痛感する。
 良い思いで3年生を終わらせたかったがまたまた悔し涙を流させてしまった。
 負けて言うのもなんだが、ここまで引っ張ってきてくれたキャプテンを含め3年生には感謝である。この思いは、必ずや1・2年生に伝わってくれるであろう。
 そして、大会では高砂の大応援団を目にして身震いがした。これだけ多くの人に応援され、また結果を期待されていることに責任と感謝の入り交ざった感情であった。
 また、今回は地元開催ということで東播地区委員長として、おもてなしをする側であった。いたらないところも多かったと思うが大会終了後に良い大会であったのお言葉をいただき一安心であった。
 高砂高校も前日の会場準備から少しであるが大会運営に携わることができた。
 日ごろ、自分たちがプレーできるのは多くの方々の支えがあってのことと少しは気づいてくれたかな。


(27年11月16日更新)
 

 
障害者バレーボールミーティング2015
                             平成27年8月23日(日)
                              会場:兵庫県立障害者スポーツ交流館

  

 久しぶりに障害者バレーボールミーティングに参加させてもらいました。全員初参加ということもあり、楽しく積極的に交流していました。今日の交流から何か感じることがあってくれればと願っています。
 その後の、富士通テンの皆様にはご指導いただきありがとうございました。
 



(27年9月3日更新)
 

OBG会     平成27年8月15日(土)    会場:本校

    

 
 ことしもOBG会が開催されました。先輩方からの心温まる激励、ご支援ありがたいです。また、今年は例年になく若い年代のOGがたくさん集まってくれて嬉しかったです。ママになってちびっ子もたくさんきてにぎやになり楽しかったです。







(27年9月3日更新)
 

加印大会      平成27年8月6日(木)    会場:松陽高校

     1回戦 対 松陽    2−0 勝
     2回戦 対 加古川東 2−0 勝
     決勝  対 加古川北 2−0 勝
 
          
              
      結果:優勝
 
 優勝しました。毎年のことながら、何の準備もなく大会当日となりました。去年に比べると良いスタートになりました。



(27年9月3日更新) 
 

 近畿大会             平成27年7月20(月)21日(火)  
                          会場:守山市民体育館、滋賀県立体育館

     1回戦 対 福知山淑徳(京都) 2−0 勝
     2回戦 対 PL学園   (大阪) 0−2 負

          
              
              結果:2回戦進出
 

 滋賀県での近畿大会。PLにかって3回戦で当たる兵庫県代表校との対戦を目標に戦ったが、PL戦でのスロースターターが響き敗戦。安定した力が発揮できないのが弱点である。夏に基礎基本を反復練習し、選手権に向けて頑張ります。



(27年9月3日更新)
 

 県総体      平成27年5月30日(土)5月31日(日)  
                      会場:六甲アイランド高校、須磨ノ浦女子高校

 30日 1回戦 シード
     2回戦 2(25− 9        25−17)0  加古川東    勝
     3回戦 2(25−13        25−15)0  六甲アイランド 勝
 31日 4回戦 2(25−11        25−14)0  八鹿       勝
     5回戦 1(24−26 25−19 24−26)2  夙川       負

          
              
   近畿大会出場決定
              最終結果:ベスト16
 
 
 悔しいの一言である。決勝リーグへの挑戦を目指し準備してきた。抽選で夙川ゾーンを引き当てたが、あと一歩のところで及ばなかった。ここまできて勝てないのは監督の力量の無さか。せめてもの救いは会場の視線をくぎ付けにすることは出来た戦いであったことだ。



(27年9月3日更新) 
 

 高松短大杯            平成27年5月6日(水)
                              会場:高松大学・高松短期大学

    1回戦  対 高知商業(高知) 2−1 勝
    2回戦  対 志度(香川)    2−0 勝
    決勝   対 高松南(香川)   0−2 負

                    
        結果:準優勝

 久しぶりに、高短杯で決勝まで進出しました。
 いつもお世話になっている高松南とユニフォームを着て試合をしたのはこれが初めて。2セット目に負けたものの、ジュースに持ち込んで競ったゲームができたことは収穫でした。
 保護者の皆様、GW中にもかかわらず、遠方までお越しいただき応援ありがとうございました。



(27年5月16日更新)
 

 優勝大会戦        平成27年5月2日(土)・3日(日) 
                              会場:加古川市立総合体育館

    1回戦 シード
    2回戦  対 明石     2−0 勝
    3回戦  対 明石清水  2−0 勝
    準決勝 対 西脇     2−0 勝
    決勝   対 社      2−0 勝

          
              
        結 果 : 優 勝

 やっと優勝できました。喜びよりも安堵感でいっぱいです。まだまだのところも沢山ありますが、絶対優勝のプレッシャーの中、結果を残せたことは大きな成長でした。県総体で戦います。
 3年生の保護者に「先生、やっとですね」と声をかけられた時に、グッと込み上げてくるものがありました。多くのご声援ありがとうございました。



 

 





(27年5月16日更新)
 

春季リーグ戦         平成27年4月18日(土)・19日(日) 
                                 会場:西脇高校

    18日 対 社      2−0 勝
        対 加古川北  2−0 勝
    19日 対 西脇     2−1 勝
        対 明石商  12−2 負

          
              
        結果:1部2位

リーグ戦でした。2位でした。この前見たような負け方だなあ。成長してないのかなあ。強くなった感覚はあるんだけどなあ。
勝負は、次の優勝大会。

(27年5月16日更新)
   平成26年度  兼六園にて                 平成27年3月末
 

      2年生             1年生


        金沢城をバックに


     私のお気に入り

 合宿最終日は移動日。兼六園を観光して帰路につきました。
 兼六園では、観光しながら俳句を作りました。国語力UP、感性を磨く。
 今回の合宿は、本当に実り多い合宿となりました。こんなチームを快く受け入れていただいた全国常連校の先生方には感謝の言葉しかありません。今回の私のテーマは「トモニタタカウ」でした。生徒と共に闘う。少ない日数でしたが、中身の濃い、肌で体感できたことを、普段の練習環境で表現できるようにするのが課題です。今後も「トモニタタカウ」。私自身の課題かもしれません。


          立山連峰

(27年5月16日更新)   

 3年生を送る会                  平成27年2月末
 

 毎年のことながらこの季節がやってきました。
出会いがあれば別れがある。嬉しいやらさびしいやらの複雑な気持ちです。後輩からの心をこめた手作りの送別会。みんな立派に巣立っていきました。
 本当にいろいろあったこの学年。この学年があったからこそ、次のステージを目指せた節目の学年となりました。最後の最後まで小言を言い続けた学年。君たちのおかげで全国に届きましたとお礼が言えるように頑張ります。

(27年5月16日更新)   

 県新人戦     平成27年1月31日(土)    会場:県西宮高校

     1回戦 対 六甲アイ    2−0 勝
     2回戦 対 日ノ本      0−2 負

          
              
        結果:2回戦敗退 

 東播で勝たないとやっぱり厳しい。組み合わせもここ数年経験していなかった第1試合であったり、いろんなことが悪循環になってしまう。試合の結果は、日ノ本にもう少しは戦えたのにと悔しい内容であった。1回戦で露呈した不安定な戦い方が出てしまうのがこのチームの弱さである。
 次は東播の優勝大会を目指して鍛えていこう。
 毎回のことですが、遠方の会場、早い時間帯での試合にもかかわらず多くのご声援をいただき感謝いたします。

(27年5月16日更新)  

関門海峡にて                平成26年12月末

 

合宿の帰り、関門海峡をバックに記念撮影。
厳しい合宿でした。いかに自分たちが甘い、ぬるいのか痛感しました。やっぱりこれじゃあ勝てないなあと。
私自身が一番反省です。
お世話になった先生方本当にありがとうございました。

(27年5月16日更新)   

東播新人戦       平成26年12月20日(土)・21日(日) 
                                    会場:加古川市立総合体育館

    1回戦 シード
    2回戦 対 播磨農   2−0 勝
    3回戦 対 明石清水  2−0 勝
    準決勝 対 西脇     0−2 負
    順位決定戦 対 明石商   2−0 勝

          
              
        結果:3位

やっちゃいました。本当にやっちゃいました。
応援していただいた皆さんすいません。これではどこのチームにも負けて当然です。
出直します。修業します。
県新人戦で暴れます!

(26年12月30日更新)  

秋季リーグ戦   平成26年11月22日(土)・23日(日) 
                                    会場:加古川北高校

     対 明石    2−0 勝
     対 加古川北 2−0 勝
     対 西脇    2−0 勝
     対 明石商   1−2 負

          
              
        結果:1部リーグ 2位 

 選手権が終わってすぐの大会でした。どうなることやと臨んだ大会でしたが、2位という結果でした。この結果をどう受け止めて今後につなげるかが大事と思いました。

(26年12月30日更新)  

 県選手権大会   平成26年11月1(土)・2(日)・3日(月)  
                           会場:姫路市立スポーツ会館、姫路市立中央体育館

     スパーシードにより4回戦から出場
     4回戦   対 市神港 2(23−25 25−21 25−6)1 勝
     準々決勝 対 姫路南 0(23−25 18−25)0  負

          
              
        結果:第5位 優秀選手賞受賞
 

 準々決勝は本当に悔しい敗戦であった。たらればは勝負事には禁句であるが、あそこで決めていたら、あそこで上がっていれば、ワンプレーで勝敗が分かれた感がある。しかし、そのワンプレーを確実にするには練習の質を上げる以外にはないと肝に銘じ、次の大会に臨みたい。
 また、初戦の市神港戦では、公式戦の怖さを身にしみるほど経験した。新チームでの公式戦が初となるため、夏休みから口酸っぱくいってきたが百聞は一見に如かずであった。このほろ苦さも自分たちの糧としたい。
 この大会に残ってくれた3年生には感謝である。急なけがにも、苦しい試合展開の立て直しにも3年生の力がなければ今回の結果はなかった。また、応援や練習の手伝いに来てくれた3年生、受験に全力を尽くしている3年生、それぞれの立場で貢献してくれた。ありがとう。


(26年11月17日更新)  

 夏の思い出 その1 OBG会 平成26年8月16日(土)

 



夏の思い出 その2 スイカ割り 平成26年8月31日(日)
 

 

 

(26年9月24日更新)  

近畿大会 平成26年7月26日(土)  会場:京都府立体育館、京都市立体育館

     1回戦 対 羽衣学園(大阪) 2−0 勝
     2回戦 対 高田   (奈良) 0−2 負

          
              
              結果:2回戦進出
 

 今年は京都で行われた近畿大会。
 2日目進出を目標に臨みましたが2回戦で奈良県代表校の高田高校に悔しい敗退でした。勝てるゲームを落とすのは監督の責任。練習がすべてと肝に銘じ、次の県選手権に向けて頑張ります。

羽衣学園戦


高田戦
 




(26年9月1日更新)   

 県総体 結果 平成26年6月6日(土)  会場:グリーンアリーナ神戸

     準々決勝 対 日ノ本 0−2 負

          
              
               結果:第5位

 
  

 


(26年9月1日更新)   

 県総体 速報 平成26年5月31日(土)6月1日(日)  会場:須磨東高校、須磨ノ浦女子高校

     1回戦 シード
     2回戦 2 − 0  神戸   勝
     3回戦 2 − 0  長田   勝
     4回戦 2 − 0  太子   勝
     5回戦 2 − 1  西脇   勝

          
              
近畿大会出場決定
          ベスト8進出 7日8日に準々決勝、決勝リーグ戦へ

 
 苦しい戦いではあったが、なんとか今週を勝ち抜くことができた。
 トーナメント戦にたらればは禁物。「たかが一勝、されど一勝」であった。
 7日8日も一戦必勝で挑戦し、東京への切符を手にします!
 応援よろしくお願いします!

(26年6月2日更新)   

 
新入生歓迎会  
           平成26年4月29日(火)
 
 今年は部員8名、マネージャー1名の計9名を迎えての歓迎会であった。毎年保護者主催でお昼ごはんを用意していただきありがとうございます。この会を迎えると1年はあっという間だなと感じます。新入生が卒業するときにどこまで成長できているか。私も負けじと成長しないと。

 

(26年5月19日更新)   


春季リーグ戦  
平成26年4月19日(土)20日(日)  会場:高砂高校

 高砂 2 − 0  小野   勝
     2 − 1  西脇   勝
     2 − 0  社     勝
     1 − 2  明石商  負
                結 果 : 1部2位
 
 悔しかったなあの一言。故障者も多かったが、それでも優勝できないと県では勝てない。まだまだ未熟であった。
 そんな中、長期故障からの復活や、初スタメン出場。また、成長を感じられるプレーなどチームにとって好材料な部分もあった。この悔しさは必ず県大会で倍返しします。

 

 

(26年5月19日更新) 

 
 お別れ会                   平成26年3月31日(月)
 
 副顧問の先生のお別れ会。午前は3チームに分かれて先生も入ってゲームをしました。1年間で上達しましたね。私も久しぶりのゲームで、バレーの楽しさを再確認しました。
 お昼を食べながらのお別れ会。副顧問の先生は号泣。それだけ思いを持ってかかわってくれたことに感謝です。必ず東京に連れて行くことを心に誓いました。

  

(26年5月19日更新)  


金毘羅さんへ      
        平成26年3月28日(金)
 
 春休みの高松合宿最終日。午前で練習試合を終えて金毘羅さんへお参りに行ってまいりました。生徒たちはヒョイヒョイと登って行きましたが、私はヒーヒーでした。少しですが気分転換になりました。


 


 
(26年5月19日更新)


クリックで過去のページが開き、もう一度クリックすると閉じます。