サイトマップ

平成27年度 インスパイア・ハイスクール発表会

平成27年度インスパイア・ハイスクール発表会を下記のとおり開催します。
インスパイアとは、県教育委員会の「インスパイア・ハイスクール事業~魅力・特色づくりの充実~」、 つまり魅力ある学校づくりを推進する事業のことです。本校も積極的にその事業に取り組んでおり、その成果を発表する場がインスパイア・ハイスクール発表会です。
ステージ発表や展示発表、講演会など多彩なプログラムを企画していますので、気楽にご参加ください。
お待ちしています。

 

日時・会場

  1. 日時:平成28年1月23日(土)12:30~15:05
  2. 場所:アピアホール 阪急今津線逆瀬川駅前アピア1の5階

ステージ発表

    第1部(12:30~14:05)「生徒会活動・国際交流・総合学習・外国語活動」
    1. 活動報告:「生徒会この一年の取り組み」 生徒会
    2. 発表:「ブック・コマーシャル」 1年生生徒
    3. 発表:「新書スピーチ」 2年生生徒
    4. 発表:「MGHS高校短期留学研修報告」 参加生徒
    5. 発表:「小学校授業体験報告」 1年生LAC生徒 
    6. 発表:「グアム修学・研修旅行報告」 2年生生徒
    7. 発表:「フランス語スキット」 2年LAC生徒
    第2部(14:15~15:05)インスパイア講演会
    演題:「コミュニケーション能力の向上のために、高校時代に是非しておきたいこと、しなければならないこと」
    講師:神戸親和女子大学 文学部 総合文化学科 教授 高見忠之先生

展示発表(12:30~15:05)

       
    1. 生徒会活動 生徒会
    2. 2年生修学・研修旅行 2年生
    3. 1年LAC 1年生LACコース
    4. 本の紹介 図書部
    5. 文化部展示 各部
第1部 「生徒会活動・国際交流・総合学習・外国語活動」

生徒会の発表

「マレーシア体験記」

パネル・ディスカッション

「ブック・コマーシャル」

【参加生徒の感想】

〈生徒会役員 女子生徒〉
 今回、インスパイア・ハイスクール発表会で話をさせてもらうのは2回目でした。去年とは違い、昼から開始ということで前回よりも人が多くて緊張しました。 でも、中学生や保護者の方がとても真剣に聞いてくださったのでとても嬉しかったです。インスパイア・ハイスクール発表会を通して様々なことを学びました。その内容の 1つが話したいことをどのように伝えるか、ただの報告にするのではなくそこから何につながっていったかを言葉にする、といったことでした。発表練習をしているときに 早口にならないように気をつけることだけ考えていました。でも、他の人の発表を見ていて今の自分の話し方で本当に伝えたいことはちゃんと伝わるのだろうか、と思うよう になりました。そこで、友人や先生方に相談して様々なアドバイスをもらいました。一点だけをずっと見るのではなく全体を見渡すこと、抑揚をつけて語りかけるように話す ことなど色々とありました。当日はそれらに気をつけながら話すと聞いている人がうなずいてくれたので成果があったなと思いました。今回、こうしてインスパイア・ハイスクール 発表会に参加できたことは私にとってとても意味のあるものになりました。また、今までは自分の書いた文章や人の前に立った時の態度、話し方にあまり自信がありませんでした。 でも、今回少し自信をつけることができました。準備することが多く大変な時も多かったですが、それよりも終わった後の達成感や満足感の方が大きかったので良かったです。 また、生徒会としても団結力が深まった気がします。この経験を生徒発表会やこれから先の生徒会活動、また普段の生活に生かしていけたら良いと思います。
〈2年生 女子生徒〉
 インスパイア・ハイスクール発表会には、今回初めて参加しました。授業で新書の発表をしたときは、まさか最優秀賞に選んでいただけるとは思ってなかったのですごく 驚きました。当日は中学生の皆さんが聞きに来るということで、時期のことなども考えて、内容をもう少し面白くなるように変えたりして発表しました。発表している時は少し 緊張しましたが、中学生の皆さんがしっかりと話を聞いてくれていたので嬉しかったです。今回は新書についてのスピーチをすることが目的だったのですが、私がお貸しの本を 選んだ「将来の自分の為になるから」という理由から、単にお菓子が好きだから選んだのではなく、ちゃんと将来のことも考えて行動して行くという大事さを感じてもらえて いたらいいなと思います。発表後には、一人の女性が私に話しかけて来てくれました。発表した本の会社名や、本屋に行けば置いてあるのかと聞かれ、「はい、ありますよ。」 と答えたら、女性はにっこりとして「わかりました。ありがとう。」と言ってくれました。私の発表を聞いて興味を持ってくれたのでしょうか。きっとその女性は本を買いに 行くのでしょう。私が感じたお菓子の歴史の面白さが伝わったのかなと思い、少し嬉しくなりました。今回、この発表会に参加できて良かったです。          
〈1年生 LAC女子生徒〉
  私は、インスパイア・ハイスクール発表会に参加し、宝塚第一小学校に英語を教えに行ったことをステージで発表しました。私たちが発表した内容は、英語しりとりや本の読み聞かせ、 その本に基づいたゲームなどの説明です。言葉で表現するのが難しかったり、ビデオを流すタイミングが合わなかったりして、リハーサルを何度もやりました。リハーサルでも課題が残ったまま、 本番となりました。ステージに立つと緊張や不安でいっぱいになりましたが、「みんなで成功させよう」という友達の言葉を思い出し、失敗しないように一生懸命頑張りました。その結果、 私たちは課題も全て克服し、成功することが出来ました。私たち一人一人が成功させる思う気持ちが成功につながったと思います。私は、これこそがLAC PRIDEだなと思いました。私は、 この経験を忘れずに、何事にもPRIDEでしんどい事を乗り越えていこうと思います。         
        
〈1年LACコース 女子生徒〉
 私は今回東日本大震災から起きた原発問題と、その代りになる新エネルギーや改善方法について、英語でスピーチをしました。高校に入学してからこのスピーチを 沢山の人前で発表するのは二回目でした。今回はスピーチを聞いてくれる人により内容を理解してもらいたかったので、友人や先生に手伝ってもらい日本語訳をフレーズ ごとにスクリーンに映しました。特にパソコンを使ってフレーズ毎にぴったりのタイミングで訳を出してくれた友人には本当に感謝しています。前回のスピーチも聞いて くれていた他の友人が「日本語訳があったことで内容が前回より理解できて感動した。」と言ってくれたことが心に残っています。
 また、私は外で宣伝活動もしていたのですが、生徒会のメンバーでそれぞれに向いた仕事を分担したり助け合ったりしました。スピーチ発表等で表に立つことと、宣伝等の裏の仕事と、 どちらも人と協力してこそ成り立つものであると実感しました。
 
第2部 インスパイア講演会

講演会の様子

   

【参加生徒の感想】

〈2年LACコース 女子生徒〉
 今回、インスパイア・ハイスクールにフランス語での発表メンバーの一員として参加しました。高校でフランス語を習うことができる貴重さや フランス語の音の流れの格好良さや綺麗さなど、そういった部分を中学生や地域の方々に伝えることができればという気持ちで本番に臨みました。 本番は緊張しながらでしたが何とか最低限の発表はでき、拍手をいただくことができたのでひとまず安心しました。ただ、実際の授業ではもっと リラックスしながら、フランス語を教えてくださっている横谷先生とサイモンと共に、みんな楽しんでフランス語と触れ合っているので、そういった 部分まで見せられなかったのは少し残念です。しかし、見ていただいた人たちに少しでもフランス語に興味をもっていただいたらと思います。インスパイア・ ハイスクールへの参加は貴重な経験になりました。
〈1年LACコース 生徒〉
 私達は、インスパイア・ハイスクールで、原子力発電をテーマにディベートを行いました。論題が難しく、双方とも必死で資料を集め、このインスパイア・ハイスクールに臨みました。 私は今回のディベートを通じて様々なことを学ぶことが出来ました。その中でも特に、相手に自分の意見を理解してもらうということは一見簡単なそうに見えて実はとても難しいということが わかりました。私達のグループでは、前に、相手に伝わりやすいようにゆっくり発言するように心がけたり、強弱をつけ、印象づけたい部分を強調したりと、みんなでより伝わる方法を話し合い、 工夫しました。また、同じように相手の意見を理解し、受け入れることも大切だと実感することができました。このようなことは、ディベートに限らず、これから社会に出て生活していく上でとても重要なことだと思います。また機会があればやってみたいです。
展示発表

展示発表風景

  写真部の作品

【参加生徒の感想】

〈ESS部員〉
 私たちESSは展示発表をしました。展示内容は、ESS新聞、ALTインタビュー、パワーポイントでした。ESS新聞 では、昨年10月に神戸へ行った時に訪れた場所についてみんなで調べ、それを英語に直して新聞にしました。神戸は地元だけれ ど、知らないことが沢山あったのでとても楽しかったです。また、新聞記事の配置を決めたり、調べたことを英語に直す作業が大 変だったことを今でも覚えています。ALTインタビューでは、西高のALTの先生に英語でインタビューした内容を日本語でま とめました。西高にはALTが3人いるのですが、時間の都合上2人にしかインタビューできなかったのが残念でした。しかし、 ALTインタビューは、今回の展示発表の中で私の一番のお気に入りでもあります。というのも、普段はなかなか聞けないような 話を聞くことができましたし、英語で聞いた内容を日本語でまとめるという作業が新鮮で大変でしたが、出来た時はとても達成感 があったからです。パワーポイントでは、昨年のインスパイア・ハイスクールで発表したイソップ物語、昨年の文化活動発表会の 際に調べた世界のカフェについて、また今回のインスパイア・ハイスクールのために調べた日本と世界の学校の違い、日本人が意 外と知らないような単語を集めたクイズをパワーポイントにして展示しました。私はイギリスのカフェについてと、英単語のクイ ズ作りを担当しました。これも、自分が知らなかったことがたくさんあって、とても為になったと思います。今回の展示発表は、 この1年のESSの活動をまとめたようなものです。インスパイア・ハイスクールの当日、中学生たちが私たちの展示を見てくれ ていたのを見てとても嬉しかったです。私はまだ1年生なので、来年はもっと良い作品ができるようにこの1年、精一杯がんばっ ていきたいです。