シアトル研修

シアトル研修とは

 グローバルサイエンス科では,クラス全員を対象として,第2学年の7月にアメリカ合衆国シアトルへの研修旅行を実施します。
 世界の国々との距離がより近づくこれからの時代に生きるグローバルサイエンス科の生徒が,世界で活躍するトップリーダーとなるための第一歩として,研修を通して現地の人とコミュニケーションをとり,アメリカ合衆国の生活・文化に触れ,日本との違いを肌で感じとることを目的としてします。

P1030004.jpg

シアトルで体験すること

 シアトル研修では,米国を代表するマイクロソフト本社,ボーイング工場などの企業,シアトルマリナーズやスターバックスコーヒーなどの生活に密着した文化,ワシントン大学でのハイレベルな教育,ベインブリッジ島での戦争に関連した歴史,そして,マウントレーニアの豊かな大自然などを,現地でネイティブな英語に浸かりながら体験します。
 いくつかの例を紹介しましょう。

マイクロソフト本社見学

 シアトル郊外レッドモンドに位置するマイクロソフト本社を訪れ,世界的に活躍するエバンジェリスト(プレゼンテーションのプロフェッショナル)によるプレゼンテーション講座を受講します。マイクロソフト社内のレストランで,スタッフと英会話を楽しみながらランチを摂ることができます。
 日本国内の公立高校でマイクロソフト本社の見学ができるのは,宝塚北高校グローバルサイエンス科だけです。

IMG_2051.jpg

ボーイング工場見学

 「世界で最も大きな工場」として有名な,世界最大の航空機の工場を見学します。
 ここを訪れて,そのスケールの大きさに感動し,航空・宇宙産業を進路として選択する生徒も少なくありません。
 本物は,自分の目で見てはじめて体験できるもの。
 オールイングリッシュでのガイドを聴きながら,米国を代表する企業を実感することができます。

P1040427.jpg

シアトルマリナーズ 野球観戦

 セーフコフィールドを訪れ,米国を代表する文化「ベースボール」を観戦します。’12年までイチロー選手が活躍したシアトルマリナーズ。’13年の見学では,ダルビッシュ有投手を擁するレンジャーズを相手に岩隈投手が登板し,勝ち投手となりました。
 日本とは異なった趣をもつ応援に,米国の文化を肌で感じることができるでしょう。

P1030562.jpg

パイク・プレイス・マーケット

 シアトルの海沿いに位置する,米国で最も古い市場で,スターバックスコーヒー1号店もここにあります。ここでしか飲むことができないコーヒーは,観光客にも大人気です。
 海に面したこの美しい市場は,トム・ハンクスとメグ・ライアンの映画「めぐり逢えたら」の舞台にもなっています。市場では,注文されたサーモンを投げ飛ばす迫力のあるお店や,大道芸人なども有名です。

P1030398.jpg

ワシントン大学

 一面に広がる美しい芝生,季節を彩る花など,美しい自然とともにあり,広大な面積を誇るワシントン大学に宿泊し,学習も行います。図書館は映画のような荘厳な空間です。ここに身を置いて毎日を過ごすうちに,英語による数学や科学の講義も,自然に聞き取ることができるようになっていくのが不思議です。英語でのジョークを交えた講義を「面白かった!」と言える経験は貴重ですね。

P1030300.jpg

ベインブリッジ島

 第2次世界大戦中に,日系人が強制収容所に収監された負の歴史をもつベインブリッジ島。当時の経験について現地の方のお話を伺い,「人としての権利」について考えます。
 シアトルに面したベインブリッジ島への往復のフェリーでは,シアトル市を一望できるだけでなく,遠くにレーニア山を望むことができます。

IMG_2058.jpg

マウントレーニア

 日本ではコーヒー飲料の銘柄で有名な,標高4,392mの山をトレッキングします。天候に恵まれれば,雪が残っているのに半袖で散歩を楽しむことができます。
 虹のかかるナダラ滝や高山植物など,自然の美しさを体験し,麓の「パラダイス」でランチを楽しみしょう。

P1050411.jpg

シアトル研修を終えて

28回生 内田有里さん

文書3.jpg文書3.jpg あのSeattleでの日々が、あまりに楽しすぎて何を書いたらいいのか分からないほど、私はたくさんの思い出をもらいました。ありがとう。おそらく、私の人生の中で一番楽しかった日々だと思います。
 シアトルに行く前、色んな期待と不安がありました。英語を上手く話せるかな、聞き取れるかな、などと考えていましたが、初めて食堂で相席をしたのは二日目のこと。私がどんなに下手くそな英語でも、相手のケイティーさんは何とかして聞き取ろうとしてくれて、そのことがすごく嬉しく、良い経験をしたと思いました。最初は、英語で話すことに抵抗がありましたが、今は全くありません。これは私の目標であり、大きな収穫です。結局、英語を話すうえで一番重要なことは、相手に伝えたいと思う気持ちだと思います。こちらの情熱が伝われば、自然に相手もきちんと聞いてくれるのだと大いに感じました。
 Microsoft社では、プレゼンが近未来を想像させる、とても素晴らしいものでした。他の講義も大学の先生方が分かりやすく、面白く、そして内容が興味深いものばかりで、皆からたくさんの質問の手が上がりました。
 シアトル観光では、Down TownやFremontなどに行ってマグカップやTシャツ、チョコなどを買いました。日本とは違うものがたくさんあり、見ているだけでも楽しかったです。野球観戦では、マリナーズの応援グッズを作って、なんとバックスクリーンに映ることができました。また、最高に楽しかったのは、クラス皆でやるレクです。Green Lakeでは、花いちもんめやしっぽとり、キャンプファイヤーでは、コントがあったり、歌ったり、フォークダンスをしました。クラスが盛り上がり、また一段と仲良くなりました。また、マウントレーニアに登り、その日も快晴で雄大できれいな景色が見えました。
 この研修は終わりますが、たくさんの思い出を抱えて更なる28回生GSが始まります。皆それぞれが自分の殻を破り、成長したことだと思います。今後の私たちに期待して下さい。