ホーム > グローバルサイエンス科 > グローバルサイエンス科

グローバルサイエンス(GS)科

グローバルサイエンス(GS)科の教育

(1)グローバルサイエンス科では,総合的な学習の時間には多くの理数科目や課題研究,実践的な英語の授業等を通して,科学的探究心や表現力を高めます。大学や博物館での講義や実習は,自らの進路を考えるきっかけとなります。また,シアトル研修で国際感覚を磨き,グローバル社会におけるトップリーダーとなる人材を育てます。
(2)週あたり総単位数が32単位で,週2日は7限を実施します。また,定期的に補習を行います。
(3)数学は3年間で19単位,理科は3年間で18単位を履修します。
  理科は物理・化学・生物の3科目を履修し,実験・実習も多く取り入れています。

P1060358.jpgP1060358.jpg
高大連携(京都大学教授による特別講義)

P1060262.jpgP1060262.jpg
大阪大学見学(バンデグラフ加速器)

グローバルサイエンス(GS)科 特色ある行事

(1)シアトル研修 2年生の7月に,アメリカ合衆国シアトルで海外研修を実施します。
(2)特別講義
  ①大学見学および特別講義:京都大学や大阪大学を訪れ,講義を受講します。
  ②高大連携:京都大学,大阪大学などの教授等に,本校で講義や実験・実習を行っていただきます。
  ③企業見学:企業を訪問し,講義および見学により,進路を考える機会にします。
  ④博物館・研究施設の見学:「県立人と自然の博物館」などの各種研究施設を訪問します。
(3)「数学・理科甲子園」などの,各種イベントに積極的に参加します。
(4)卒業生を招いて大学や学部・学科の内容についてのアドバイスを聞き,将来を考える機会にします。
(5)プレゼンテーション実習や課題研究発表を通じて,コミュニケーション能力を高めます。

P1030721.jpgP1030721.jpg
マイクロソフト本社での講義(シアトル研修)

グローバルサイエンス(GS)科 教育課程

第1学年


 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目





(5) 






(2) 






(7) 






(2) 






(2) 






(3)






(1) 






(2) 
コミュニ
ケーション

英語Ⅰ


(3) 






(2) 






(2) 
L
H
R



(1) 






(1) 

第2学年

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目


B


(2) 



B


(2)  
 地





(2) 






(6) 






(2)  






(2)  






(3) 






(2) 






(1)
コミュニ
ケーション

英語Ⅱ


(3)






(2)






(1)






(1)






(1) 
数学
探究
ゼミ
ナー


(1) 
L
H
R



(1)

第3学年

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目


B


(2)



B


(2)



A


(2)



B


(2)






(6)
理数
物理
/
理数
生物

(4)
 理





(3)






(2)
コミュニ
ケーション

英語Ⅲ


(3)






(2)






(1)
GSコ
ミュニ
ケーシ
ョンイ
ングリ
ッシュ
(2) 
L
H
R



(1)

専門教科・科目 38単位    数学専門科目
理科専門科目 
学校設定科目 

新たな学校設定科目
(1)数学探究ゼミナール
 自然現象や生活現象を科学的,数学的に分析,考察,表現する力を伸ばし,生徒自らが創造的な活動を展開できるよう導く。
(2)GSコミュニケーションイングリッシュ
 科学論文や専門書籍において用いられる英語を理解しようとする力を養うとともに,双方向コミュニケーションを目指した英語によるプレゼンテーション表現能力を養う。

グローバルサイエンス科 選抜方法

(1)兵庫県全域他から,応募できる推薦入学です。
  本学科を第1志望とする推薦入学制ですから,合格者は入学を辞退することはできません。
(2)合否の判定は,推薦書・調査書・面接検査・適性検査(数学・理科・英語)を総合して行います。
(3)合格とならなかった場合は,公立高等学校の普通科等への出願ができます。