演劇科

演劇科の教育

 演劇科は,高校生として基本的な学習を行いながら,さらに演劇に関する専門の科目を学び,調和のとれた健全な,より望ましい人格の育成をねらいとしています。また,演劇の専門科目および劇づくりを通して,「正しい言葉」「美しい動作」「豊かな表情」等の表現力を総合的に陶冶するとともに,情操を豊かにし,創造性と協調性を養い,あらゆる芸術に対して理解と愛情を示し,芸術文化の発展に寄与する人間を育成します。

演劇科の専門科目

(1)劇表現  アクセントや発音,体の動きなどの基礎訓練,また,演技の基本となる事柄を学習します。
(2)伝統芸能 能や狂言など,日本の伝統芸能を学習したり,実技訓練をしたりします。
(3)舞台技術 舞台装置,舞台美術,舞台照明,音響効果,舞台衣装,舞台化粧などについて,学んだり制作したりします。
(4)舞踊   クラシックバレエやダンス,日本舞踊など,演劇に必要な動きの基本となる舞踊の学習をします。
(5)演劇論  世界の演劇の種類や演劇の要素など,演劇に関する基礎的な知識について学習します。
       また,古典的な名作や,近代および現代の代表的な戯曲を読んだり,作品の読解などを行います。

DSC_7348.JPG
第28回卒業公演(ピッコロシアター)

演劇科の特別講義など

(1)特別講義 わが国を代表する大学教授,劇作家,演出家,芸能人を招いた集中講義があります。
(2)校外学習 すぐれた芸術に接して情操を豊かにし,感性を磨くため, 観劇や見学の機会を多く持ちます。
(3)卒業公演 3年間の学習の集大成として,公共の劇場で卒業公演を行います。

IMG_4862.JPGIMG_4862.JPG
特別講義(クラシックバレエ)岩田守弘氏

20140525_132524.jpg20140525_132524.jpg
狂言の発表(宝塚伝統芸能フェスティバル)

演劇科の施設・設備

(1)アポロンホール
 鉄筋3階建,建延面積994平米の専用の演劇実習棟で,演技や舞台技術の実習を行います。
  2つの演技室とリハーサル室,メイク室,衣裳室,調光・調音室,倉庫などがあります。
(2)多目的ホール
 特殊リノリュームで床張りをした多目的ホールがあり,小公演やバレエのレッスンに適しています。
(3)野外ステージ
 学校の正門前の野外ステージ「希望の広場」は,そのまま野外小劇場として利用できます。

第1学年


 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目





(4)






(2) 






(2) 



 


(1)






(2)






(2) 






(1)






(2) 
コミュ
ケー
ション

英語Ⅰ


(3) 






(2) 






(2) 






(2) 






(2)






(2) 






(2) 
L
H
R



(1) 

第2学年

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目


B


(2)




B

(2)
世界
史B
/
日本
史B

(2) 






(2) 






(2) 






(2) 






(1)






(2)
コミュ
ニケー
ション
英語Ⅱ


(3) 






(2)






(3)






(1)






(3)






(2)






(1)






(1)
L
H
R



(1)

第3学年

 1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
科目


B


(2)




B

 
(2)
世界
史A
/
日本
史A

(2)
世界
史B
/
日本
史B

(3)
科学

人間
生活


(2)






(2)
コミュ
ニケー
ション
英語Ⅲ


(2)






(3)






(5)






(1)






(4)







(1)






(2)
L
H
R



(1)

専門教科・科目 27単位    専門科目

演劇科 選抜方法

(1)兵庫県全域他から,応募できる推薦入学です。
  本学科を第1志望とする推薦入学制ですから,合格者は入学を辞退することはできません。
(2)合否の判定は,推薦書・調査書・面接検査・適性検査を総合して行います。
(3)合格とならなかった場合は,公立高等学校の普通科等への出願ができます。

演劇科 Q&A

Q 適性検査について説明してください。
A 適性検査は,「小論文」(作文),「言語表現」(朗読),「身体表現」,「歌唱」を実施します。
 どの検査も演劇科の生徒としての基礎的な適性を見るだけですから,事前に特別な準備はいりません。

Q 身体表現はどのような検査ですか。
A リズムに合わせて体を動かし,リズム感や柔軟性などを検査します。
 動き方は,全員が覚えられるまで繰り返し練習します。

Q 説明会などはあるのですか。
A 演劇科では,毎年,卒業公演,説明会,体験入学などを行っています。また,平常の授業見学もできます。

Q 教育課程を見ると,随分思い切ったものになっていますが。
A 演劇科では「演劇の手法を用いた人間教育」を目指しています。就職から国公立大学まで卒業後の進路は多様です。
 文化系の教科を重点的に学習し,幅広い進路実現のために学年や教科と協力して学力向上をはかっています。

Q 演劇の生徒の適性とは何なのでしょうか。
A 身体を使う実技科目が数多くあるので,やはり健康であることです。
 加えて積極的に,言葉で,体で,行動で表現しようとする意欲あふれる生徒を求めています。